巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu38

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.1.13

今までの訪問者数742人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (三十八)

 皺薦(しわこも)はすでに元の席に戻り、全くの無言となったので、ナイナは大いに安心した様子で、これから自分が席の中心になり、しきりに話を始めた。

 読者よ、ナイナの話の上手なことは私は前から知っている。だが、これほどまでに上手だとは思っていなかった。彼女は全く私の魂を奪い、私の心を迷わせ、私を虜(とりこ)のように、奴隷のように魅惑するつもりで、持っているだけの秘術を尽くすつもりらしい。

 彼女はその声が麗しいばかりでなく、その弁舌も世にたぐいまれなほどさわやかだった。特にまた会話の秘訣である、自由自在に人を笑わせ、人を驚かせ、人を面白がらせる呼吸を知っている。

 何日前かに新聞で読んで知った事柄などもナイナの口から出るときは、新聞記者の筆にもない警句、妙語が加わり、古い話しも新しい話になり、平凡な話題も絶妙な話になり、たちまちにして風刺になり、たちまちにして面白い冗談になる。

 これほどの弁才は女流社会にそう多くはない。どこの社交界に連れていっても必ずその席の女王になるのは間違いない。私は感心するよりもむしろ腹立たしくなり、ずっと心を冷淡にし、この弁舌につり込まれないように用心しながら、批評家の耳でこれを聞いていた。

 上手なことは上手だが欠陥が無いとは言えなかった。ある人の言葉に「女流の話は谷川の水の音に似ている。聞く耳にはさわやかだが、深いところはほとんどなく、すぐに底が知れる。」というように、いかにも出所浅はかで伺い知れない泉源が有ると言うようなものではない。

 ああ、これくらいの話ならまだ私の心を惑わすにはほど遠いと、私はようやく多寡(たか)をくくり、十分安心したので、それからは私もあえて気持ちを軽くして、調子を合わせたので、話はますます熟して行き、いよいよ佳境(かきょう)に入るに従い、この席は私とナイナの席となった。

 ギドウは居たがのけ者に他ならず、私は初めからギドウの様子に注意して見ていると、彼はナイナと私が親密に見えるに従い、そろそろと不興げな様子を増し始め、ついにはほとんど心配げになり、いや、ほとんどねたましげ、悔しげにその目を光らせ始めるまでになったので、私は強いて話を彼の方に向け何度も、

 「ねい、花里さん、貴方もそうは思いませんか」などと彼の言葉を引き出そうと試みたが、彼はただやむを得ず、
 「はい」とか「いいえ」とか味のない一言で私を追い払うばかりだった。

 それさえも怒りを帯びた口調だったので、ナイナもそれと見てか、「ねい、伯爵、花里サンはこの通り不調法ですもの、これでは、本当の社交の場には出されないでは有りませんか。」と言い、

 更にギドウに向かって、「貴方もそうではありませんか。伯爵を案内してここに来ながら、なぜそんなに無愛想なのですか。このようなうち解けた席で話を練習しなければ、何時までも人前には出られませんよ」と言う。

 実にこれはギドウを足の下に蹴倒し、地の底に踏み込むような言葉なので、ギドウももはや我慢ができなくなったらしく、一層目を腹立たしそうに光らせた。

 だが、ナイナはギドウの面白くないのを返って面白がるように、気持ち良さそうに笑い、ギドウに怒り狂う暇を与えず、更に、話を進めようとするので、ギドウは堪忍袋の緒が切れたようで、彼は顔色を青くして唇をかすかにふるわせ、今にもすきが有れば私かナイナにつかみかかろうと待っているようだった。

 私は何とかして彼をなぐさめ、今の内に取り鎮(しず)めなければならないだろうと心配していると、さすがにナイナは気を利かせ、

 「ついうかうかと一人でしゃべっていました。殿方はまた殿方同士で女に聞かせられない話もあるでしょう。さ、私はこれで退きますから、後は二人で私の悪口でも、世間の女の噂でも勝手にお話ください。その代わり、私は客間のテラスでコーヒーの用意をしてお待ち申しますから。」と言い、私に八分、ギドウにはただ二分、美しい笑顔を見せて立ち去った。

 この時はすでに従者皺薦(しわこも)も去った後なので、私はあたかも女王を送るように敬意を表し、直ちに立って先回りをし、手ずから出口のドアを開くと、ナイナは口及び目で、
 「これは有り難うございます。」と会釈して出て行った。

 私は再びテーブルに帰り、まず酒をギドウのコップに注いで座ると、ギドウは一言も発せず、まだ鋭い目付きで光る銀の皿を見つめて居るのはちょうど自分の心を鏡に写して、その怒りの一方ならないのを眺めているのに似ていた。

 私もしばらく無言で静かに我が復讐のこの後の方針を考えてみると、勝ちの見えた将棋でも、更にその勝ちをきれいにするため、わざと落ち着いて考えているのに似て、その面白さはたとえようもなかった。

 よしよしこれからは虜(とりこ)にするのも放すのも自由自在、緩やかに次の手を下し、十分機会が熟すのを待たなければならない。ほとんど独り言のように

 「ああ、実に美人だ。おそらく天下一だ。その上に心と言い、知恵と言い」とつぶやいてまだ終わらないのに、ギドウは聞きとがめて、突然その顔を上げたので、私は彼に先んじて、「花里さん、貴方のお見立てには実に感心しましたよ。」彼は怒りが破裂しそうな声で、

 「え、なんです。」と厳しく聞く、
 「ああ若い、若い、貴方はまだお年が若い」と心広そうに笑いながら、

 「これ、花里さん、なぜ、私にそのように隠します。貴方がこれほど思っているのを、夫人の方で何とも思っていないと言うなら、それこそ夫人は愚かです。」

 彼は驚いて目を見開き、
 「え、え、それでは貴方は」
 「はい、私は何もかも見て取りました。貴方が夫人を愛していることは、ぎらぎら明白に分かりました。それだけでなく、私は賛成です。地の下のハピョも必ず賛成していることでしょう。」

 「第一あれほど若く美しい妻が生涯未亡人で暮らすだろうとは、いくら馬鹿でも思わないでしょう。すでに未亡人では通さないとすれば、気心が知れない者に渡すより、自分の弟のようにした第一の親友に渡すのがその本望に違いない。」

 「私はハピョに成り代わって賛成します。あれほど美しい未亡人を、もしもハピョの憎むような人の妻にしたら、ハピョばかりか、叔父同様の私も反対です。貴方へならば自分の後を我が弟に継がしたように満足するでしょう。」と言い、

 私は勇み立って一杯を傾けると、浅はかなギドウめは、今までの疑いは朝日に会った霜のように消えつくし、喜びに我を忘れて、熱心に私の手を取り、

 「伯爵、今まで貴方を疑って重々済みませんが、実に私は嫉妬のため気が狂うところでした。貴方が夫人の愛を得るつもりでいるかと疑って、貴方を殺そうかと思いました。本当に浅はかな私の罪をお許しください。」と私の前にひれ伏すばかりにして謝った。

次へ

a:742 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花