巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu39

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.1.14

今までの訪問者数785人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (三十九)

 実にギドウ、私を嫉(ねた)んで殺そうかとまで思ったという。その心を白状して私に謝る様子は、いかにも疑いの荷をおろしてほっと安心した様子なので、私は寛大に微笑んで、

 「いや、相手を殺す気になるくらいでなければ本当の愛情とは言われないでしょう。貴方の愛情がそこまで深いのは夫人のために幸いです。」というと、彼は再び私の手を取って、

 「本当に貴方は人情をかみ分けた人です。そう言ってくださるので、私はやっと胸がしずまりました。貴方と夫人が親しげに話している間は実にもう腹が立って、人心は有りませんでした。」

 「それが恋をする人の常でしょう。心配する事のないことを心配し、いわゆる疑心暗鬼を生じて自分と自分の身を苦しめるのです。私などの年齢になるとあたたかな美人の肌より、冷たい黄金の手触りが有り難く、若気の人のする事を見ているとただもうおかしくなって来ます。」

 ギドウはいよいよ落ち着いて一杯飲み干しながら、
 「それでは伯爵、もう何もかも貴方にうち明けてしまいますがね、」と言いかけて、その声を少し低くし、

 「実のところ、貴方がお察しの通りです。全く私は夫人を愛しています。いや、愛していると言うだけではまだ言葉が足りません。実に夫人のために生き、夫人のために死ぬほどです。」

 「はい、ただの一瞬でも夫人を思わない瞬間はなく、私が怒るのも喜ぶのも全て夫人の顔色によるのです。自分の心が全く夫人の心の中にとけ込んでしまったかと思います。」と言う様子さえ本当に心がとけ込んだ人のようで、私は冷淡にその熱心さの様子を見ながら、

 「貴方の心はそうとして、それで、夫人の心はどうですか。貴方を愛していると思いますか。」
 「思いますか?いや、伯爵、夫人はすでに」言いかけて顔を少し赤らめ、

 「いや、このようなことは夫人の許しを得た上でなければ貴方に申されませんが、とにかく夫人はその夫を愛していませんでした。」

 「それは良くある話しさ、やむを得ない事情のためその人と結婚しても、生涯その夫を愛するという心が起きず、ただ女の道として諦めてその夫を守っているのは。」

 「そうです、そうです。」
 「それでこの夫人が十分ハピョを愛していなかったと言うことは私の目にも分かりますが、」

 「そうでしょうとも、いいえ、それも無理は有りませんよ、ハピョは三文の値打ちもない男ですもの。そもそもこのような美人を妻にしたのが大きな間違いです。」私はむっと熱血が顔に登るのを感じたが、ようやくこらえて、

 「いや、ハピョがどうであろうと彼はすでに死んだ人間です。死人の事を後でかれこれ評するのはおやめなさい。」と言い、ずっと厳格な顔つきでギドウを眺め、

 「とにかくも夫人はハピョに対し女の操は守っていたでしょう。ハピョがこの後十年、二十年生きても、夫人はその妻として、十分妻の道を進み、彼に仕えるつもりで居たでしょう。」

 「え、そうではありませんでしたか。ハピョの存命中から他人に心を寄せ、ハピョを欺き、婦道を誤るような行いが有りましたか。」
 さすがのギドウもこの問にはいくらか気が咎めないわけにはゆかず、その目を伏せ、小声で

 「いえ、そのような事はありません。」
 私は更に一歩攻め入って、
 「ここにはハピョの父の肖像もかかっていますし、ここで私が問うのはハピョの父が問うのと同じです。貴方はあの絵姿に十分返事をしなさい。」

 「夫人がその通り婦道を守って居たとすれば勿論、貴方も友人の道を守り、ハピョが存命中は密かに夫人を愛するなどと言うことはなく、最も誠実にしていたのでしょう。」

 ギドウはテーブルの上に置いたその手先のふるえを隠すことができず、
 「勿論です。」と答えたが、その声はどうやら喉につかえ、非常にだしずらく見えた。私ははたと手を打って、

 「それなら、貴方と夫人の恋仲は少しも非難するところは有りません。貴方は友人の道を守り、夫人は女の操を立て、互いに、全くの他人で居て、ハピョが死んでから初めて愛情ができたとすれば、ハピョに対し少しも不実なところはなく、紳士貴婦人の振るまいですから、ハピョも父も十分に賛成するでしょう。」

 「私も賛成します。善にも悪にもすべて報いはありますから、この清い愛情には必ずそれだけの報いが来るでしょう。はい、それだけの報いを私はお祈りします。」と繰り返すと、ギドウはほとんど恐ろしそうにあの絵姿を眺めた。

 少しして、彼はようやく心を落ち着け、強いて笑顔を作りながら、
 「しかし、ご賛成とならば貴方は勿論夫人を愛するような事は無いでしょうね。」

 「いや、愛しますとも、あのような美人を愛さない者が居るでしょうか。しかし、私が愛するのは貴方の愛するのとは違い、ちょうど我が娘を可愛がるこころです。男女の愛では有りません。最も!」と言葉を濁すと、ギドウはせき込み、

 「え、最もどうしました。」
 「いや、もっとも夫人の方から私を愛し始め、私の愛を求めるなら話は異なりますが。その時には、男として夫人の愛に報いないと言うわけにはいきませんから。」と言い、私は声を張り上げて笑うと、ギドウはあきれた顔で私を見つめ、

 「え、女の方から愛を求める。どんなことをしてもそんなことはあるものですか。女はたとえ、愛したとしても、自分からは男子に愛を求めません。」

 「いや、これは冗談です。ただ、私の心持ちはこれほどですから大丈夫です。まず、安心しなさいということです。」と言って私は再び笑った。彼も私と同じように笑い、

 「貴方もなかなか冗談をおっしゃるよ。」と言い、ようやく真の安心を得たようなので、私は立って、
 「もう、夫人がコーヒーの用意ををして待っているでしょう。どれ、行こうではありませんか。」と話はこれまでにして彼と手を引き合い、この食堂を出て行った。

次へ

a:785 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花