巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu40

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.1.15

今までの訪問者数836人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者1人

白髪鬼

             (四十)

 ギドウと並んで食堂を出て、テラスに歩いて来ると、ナイナはギドウが私にうち解けた様子を見て、大いに安心したようだった。思うにナイナは先ほどの様子からして、ギドウがもし嫉妬のため、乱暴な振る舞いに出はしないかと密かに心配していたと見える。

 ああ、ギドウの様子が、すでにナイナを恐れさせていたとは、これも、私の復讐には都合がいい一箇条だと私は腹の中でうなずいた。やがてナイナが運んできたコーヒーを飲み終わった頃、庭の後ろの方からうなるような犬の鳴き声が聞こえてきた。

 私はすぐに愛犬イビスが手荒につながれているのを悟り、わざと怪しむふりをして、
 「おや、あの声は何でしょう、夫人」と聞くと、
 「あれは、ハピョの飼っていたイビスという犬です。時々あのような嫌な声を出して困ります。」

 「へえ、どこにつないでありますか。」
 「後ろ庭につないであります。変な犬で、ハピョが亡くなりましてから、いつも娘星子の部屋に来て、一緒に寝たがって仕方がありませんから、堅く鎖でつながせました。」

 私はこのことを聞いて不思議に思った。かの犬、あるいは飼い主に忠義なその天性から、私の娘星子の身を気遣い、そばに付き添って守ろうとするのではないか。とにかく、かの犬は私に真実を尽くすため、不実な奴らから、ひどく罰せられているのだ。

 私は急に彼を見たい持ちになり、
 「夫人、私は日頃から犬が大好きで、不思議なことにどのようなどう猛な犬でも、私にはまるで主人のように、初めからなじみますが、どうでしょう、そのイビスとやらを、ここに連れてきて私に見せては貰えませんか。」

 ナイナは怪しみもせず、
 「お安いことです。花里さん、解いてやってくださいませ。」
 ギドウはしり込みし、

 「いや、こればかりはご免こうむります。先日も、もう少しで私に噛みつくところでした。この頃はまるで気でも違ったかと思われます。」

 「本当に貴方を見ると敵のように狂います。そのくせ、星子がそばに行くと尾を振って何時までも星子を遊ばせて居るようですが、」

 私は心の中でますますイビスの賢さを知った。彼はギドウ奴がこの家で、はや主人面するのを心憎いと思い、私に変わって、彼を追い払おうとしているのだ。

 「では、私が自分で行って、そのつなぎを解いてやりましょう。」
 「いえ、それには及びません。皺薦に解かせましょう。」と言い、すぐに皺薦を呼んで命ずると、皺薦はまたもや非常に疑わしそうに私の顔を見ながら、かしこまって立ち去った。

 この後、わずか数分もしないうち、遠くの方で二声ほど非常にうれしそうに吠えるのを聞く間もなく、早くも、庭木を鳴らしながら、一散に駆けてきた大犬は、すなわちこれイビスだった。

 彼はギドウにもナイナにも目もくれず、一直線に私の所に来た。ほとんど、こけつまろびつして私の膝に飛びかかり、私の手をなめ、足を吸うなど、その様子は主人の帰りを喜んで、自分を制する事ができないようだった。

 ナイナもギドウも無言のまま、非常に怪しそうにこの様子を見ていた。
 「どうです、この通りでしょう。どの犬でも私にはこうです。」と言いながらその頭を押さえると、彼はたちまち身を横たえ、ただその首だけを上げて私を眺めたが、それは私の姿がひどく変わったことを心配しているようだった。

 そうだ、私の姿は変わっても、彼の真実な天性はこれに欺かれることなく、私を主人として少しも疑わず、私は、「おお、可愛や」というように再びその首輪の当たりをなでると、なぜか、ナイナはひどく不安の色をあらわにし、顔を少し青くして、その手先までふるわせた。

 私はわざと
 「おや、夫人、貴方はこの利口な犬が恐ろしいとお思いですか。」

 ナイナは強いて笑みを浮かべながら
 「いえ、他人になじんだことのないこの犬が貴方に」と言いかけてまた怪しそうに「彼はハピョ以外には決してそのようにはしませんので、実に不思議です。」

 ああ、ナイナ、もしや、これのため私をハピョの再来だと疑うようになるか。私が少し危ぶんでいるとギドウも同じく不審げに、「本当に不思議です。この頃は、私の顔さえ見ればうなりますのに、今は貴方に気を取られて私のことを忘れています。」という。

 この声を聞くとイビスはたちまちギドウをにらみ「なあに忘れては居ないぞ」というようにうなり始めたが、私の制止に従い、すぐにやめた。

 この犬は実にギドウの汚れた心底を見抜いているのだろう。私の存命中はギドウにも良くなついていたのが、今になってこのように彼を憎むのは、ほとんど畜生の所作とは思えない。

 だが、私はただギドウとナイナの怪しみ解くために、慎重に声を落ち着けて、
 「いや、犬の天性ほど鋭敏なものはありません。人を見てすぐにこの人は犬好きか犬嫌いかということを見抜きます。」

 「私は非常に犬好きですから、そのためどんな犬も私を親友のように思うのです。少しも不思議なことは有りません。」というと、二人はようやく納得したようで、その顔色も元に戻ったので、私はなお犬を膝元に置いたまま、月が出る頃まで話していた。

 いよいよ別れ去る時が来たので、「私がつなげば犬は何時までもおとなしくしています。」と言い、イビスを後庭につないで、別れを告げた。

 ギドウは是非とも私を宿まで送ってゆくと言ったが、私は一人の方が気が楽だからと言ってこれを断り、月あかりの中ロウマナイ家の門を出た。

 思えばこの後、ギドウとナイナが私の評をするのは間違いないので、それを盗み聞きしなければ安心できないと思った。

 よしと心にうなずいて、私は前に忍び込んだことのある、あの裏門からの小道をくぐり、庭に行って木の陰にひそんでうかがい見ていると、思った通り、思った通り、ギドウは非常に醜い様子でナイナの体を半分抱き、少し嫉妬を帯びた声で、

 「ナイナ、本当にお前は意地悪だよ、俺にどれほど心配をかけたか知れない。伯爵に色目ばかり使ってさ。」ナイナはほとんど平気で、「使おうと使うまいと、私の勝手だよ。」

 「老人と言うけれど、随分立派な人じゃないか。あのサングラスをはずせばお前よりいい男かも知れないよ。」と言い、ギドウのただならぬ顔を見てさらに、

 「それは嘘さ、ああして機嫌を取って置けばダイヤモンドをくれるかも知れないからさ。」

 「ダイヤモンドをくれれば愛する気か、そうじゃあるまい。それ見なよ、それなのに俺に余計な心配をさせることはないじゃないか。」
 
 「あのおやじ、ああ見えてあきれるほど自惚れが強いぜ、先ほども何を言うかと思ったら、女の方から愛を求めなければ、決して女を愛さないとさ。あの年で女から愛を求められるとでも思っている。え、あきれたものだろう。」ナイナは別に賛成もせず、

 「おや、そう、男はそれくらい気位が高いのが良い。むやみに、女の機嫌を取るなどする見識のない人は私は嫌いだよ。」と言ったが、何を思ったかすぐにまじめな調子に戻り、「だけど、私の気迷いかも知れないが、あの伯爵は実に良くハピョに似ているところがあるではないか。」

 「俺も初めて会った時に、すでにそう思ったよ。どうかすると生き写しの所がある。」
 「そう思うと何だか薄気味わるいねえ。」

 「なあに、俺はその晩すぐに華族名鑑を調べて見て疑いが晴れた。あれはハピョの母の兄だぜ。自分では今金持ちになったから、なまじ親類と名乗ってはうるさいとでも思うのか、そこまではうち明けないが、本当の母の兄で、博打(ばくち)のため食い詰めてインドに出稼ぎに行ったのだ。」

 「それで血筋が近いから、似ているのは無理はない。おお、寒くなってきた、どれ、中に入ろうよ。」と言い、手を取り合って奥に入り、その姿は見えなくなった。

 この様子では、彼らはとうてい私がハピョの再来だとは見破るはずはなく、彼らの死運は全く私の手の内にあるから、もはや私はあれこれ心配する事は何もない。なるたけ、大芝居を急がなければと思って、安心してここを立ち去った。

次へ

a:836 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花