巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu41

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

since2010.1.16

今までの訪問者数797人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (四十一)

 これから約一ヶ月ほどは何事もなく、きわめて平穏に過ぎた。私も胸に復讐の大計画がなかったら、私は笹田折葉という偽名のままで生涯を送る気になったかも知れない。

 笹田折葉という新貴族は昔の伯爵ハピョよりもまだ手厚くもてなされ、ほとんど社交界の王とまで立てられて、何不足ない身の上となった。富み栄えて、贅沢を尽くすことはすべて思いのままになるようになり、私の噂は至るところの人の口に上った。

 新聞なども私の一挙一動を書き立てて報道し、富める人も貧しい人も笹田伯爵の財産ばかりは底が知れないと言いはやすようになった。それも無理はない。

 私は宿の厩(うまや)に八頭の名馬を飼わせ、その内の四頭は二頭ずつ交代に私の馬車を引く用に備え、残る四頭は私と交際する紳士なら、誰にでも貸し与えて送迎のために用いてもらい、

 更にこのほかに上等の馬車二両、遊船と称する小蒸気船一艘、これはナポリ湾に浮かべて広く交際家の乗るのに任せるなど、贅沢という贅沢は極めないものは無いと言う勢いなので、

 どのパーティーにも笹田伯爵の姿を見なければパーティーの体をなさないと言われ、年頃の娘を持つ親たちはこの白髪の老人を婿にしようと、折に触れ、手掛かりに応じて何かにつけて娘を紹介し、私の面前に連れてくる。

 その様子は奴隷商人が奴隷を大富豪の庭に引き出して主人が選び取るのを幸いとするのと変わらなかった。特に驚くべきはこのような妙齢の美人達が誰もが「夫には金持ちを選ぶに限る」という当世の格言を固く信じて、

 私を年若い美男子よりもなお一層追い慕い恥ずかしがるしぐさ、媚びるしぐさ、私を迷わそうとするしぐさ、みな真に迫り、老人の心を今にもとろかすばかりだった。

 パーティーの席では私の左右に必ず数組の美人が集まり、そのささやく言葉の中には「まあ、あの御髪(ぐし)のきれいなこと」などという声が漏れ聞こえてくる。白髪も当人に金さえ有れば、少年の頭髪よりもっと美しく見えるものらしい。

 勿論このような有様なので、市内の商人は我先に私の御用を勤めたいと思い、私の新従者瓶造に色々な物を贈って来たが、瓶造は世にも珍しい正直な男で、賄賂に目がくらみ、私を惑わすようなことはせず、一々そのことをうち明けて、私の指図を待つほどなので、私は全く良い従者を引き当てたと深く心に満足した。

 このような中にも私が最も心を尽くしたのは目指す敵、ギドウに対する付き合い方だ。復讐の大鉄槌(てっつい)を打ち下ろし、彼の幸福を微塵(みじん)に砕く前に当たり、

 私は十分に彼を安心させ、彼の無二の親友となり、彼を心酔させなければならない。昔、ハピョが彼を信じたとおり、彼に私を信じさせなければ、私の復讐は完全ではないと思うので、できるだけの親切を彼に尽くした。

 あるいは彼のトランプでの借金を私は裏に回って密かに支払い、彼をおどろかすと同時に、喜ばせ、あるいは彼が欲しそうに噂する品物を買って贈るなど、痒(かゆい)いところに手が届くほどにして上げたので、何週間もしないうちに彼は全く心酔し、私を信じることは自分を信じることと同じくらいになり、何もかも私にうち明け私に相談するほどになった。

 ああ、彼、私を恐るべき敵とは知らずに、自分の秘密をも打ち明けるとは馬鹿者というのも間に合わないくらいだ。
 私は更に何度か彼と彼の知っている若紳士達を集めて、場が盛り上がったところで彼に十分に酒を飲ませると、彼は貧しかった以前と違い、何事にも慢心生じているので、

 全ての自制心を失っており、泥のように溶けるまで食いかつ酔い、まったくの酔いどれとなり、低俗きわまる本姓を現して、よろめきながら、帰って行くことも多くなった。

 ああ、彼が帰って行くのはどの家だ。問うまでもなく私ハピョの家、私の妻、ナイナの所だ。ナイナはたぐい無い毒婦とは言え、上流社会の毒婦なので、世に言うあばずれの下等な女どもとは違う。

 あくまでも優美高尚な振る舞いをこそ好んでも、酔いどれて前後も知らないような下等な挙動には愛想を尽かすことは目に見えているので、私はギドウがよろめいて帰って行く様子を見るたびに心の内で笑っていた。

 このようにギドウをとろかしながら一方ではまたナイナに向かって、私はそろそろと親切を深くし、何の日、何の時でも自由自在にその家に入って行けるだけの許しを得た。

 ある時は私の書斎に入り、私が前から愛読していた書を取り出して読み、あるいは、娘星子を抱き上げて遊ぶなど、実に他人としてはこれ以上ない特権だった。

 しかし、ナイナの夫ハピョとしては本当に異様な特権と言うべきだろう。風の音にも、下僕の影にさえ用心しなくてはならず、とくに私が努力したのは少しもギドウの疑いと嫉妬心を引き起こしてはならないということだった。

 一度もナイナの所で夜更かしをしたことはなく、必ずギドウよりも先に帰って来た。また、ナイナに対しては父とも言うような態度で臨み、誰の目にも怪しくない清い親切だけを尽くしたので、

 さすがの妖婦は私が非常にギドウの嫉妬を避けていることを見て取り、もはや、ギドウをからかい、怒らせることはしなくなり、ギドウの見ている前では、私に対しては十分他人行儀を守り、あたかも、昔ハピョの前でギドウに対して他人行儀を守っていたことと同じだった。

 だがギドウが少しの間でもその席に居なくなると、ナイナの目はたちまち流し目となって、私のサングラスに向かった。あるいはそれとなくギドウをいやしめ辱めて私を引き立て、

 私に寄り添って離れがたいふりをし、私も又、木石ではないことを示して、時にはその手を握ったがナイナは拒絶もせず、その手を引きもせず、

 かえっていつまでも握られているのを祈っているかのように話の調子を上げていき、あたかも話しに身が入って、自分の手が私に握られているのかどうかさえも忘れているようにもてなし、少しも私に決まり悪い思いをさせなかった。

 こればかりでなく、朝な夕なに意中の人が互いに相尋ねるように、私の所に果物などを贈ってきたが、私はこれも他言しなかった。従者瓶造も他言などするような男ではないので、ギドウはこの状況を疑い知るよしもなかった。

 それやこれやで考えてみると、ナイナは確かにギドウの目を盗んで私の心を得ようと決心したもので、私も又心を得られようと決心したものだった。

 私が他のパーティーなどに招かれ、他の婦人たちにもてなされ話をすると、ナイナの顔にはじらされた恋人のように、あらわに不愉快な表情が見えるのもおかしかった。

 私はだいぶ我が道の進んだことを感じた。時々はギドウの嫉妬心を引き起こしてみたいと思い、それとなくほのめかしたが、今はギドウは深く私を信用して少しも嫉妬心を起こさないのはあたかも昔のハピョに似ている。

 しかも、彼は時々私に向かってハピョを評し「彼は気の毒な愚人でした。あれほど騙されやすい男はありません。」と言った。このように言うギドウ自身こそ気の毒な愚人で、やすやすと私にだまされている者ではないか。

 いよいよ我が復讐の大鉄槌を打ち下ろす時になったら、彼はどんな顔色をするのだろうか。

次へ

a:797 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花