巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu44

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.1.20

今までの訪問者数859人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (四十四)

 翌日の朝、約束通りギドウを送るため、停車場(駅)に行くとギドウはもうすでにそこにいた。私の姿を見て喜ぶ色は見えたが、彼の様子はどことなく落ち着かないところがあった。顔の色まで青ざめているのはこの地を去る不安があるからだろう。

 彼は少しの事にも癇にさわるようで、鉄道人夫に指図する声もさながら喧嘩腰で、二言目には腹立たしそうに舌打ちした。やがて発車の時刻となると、彼は私の耳に口を寄せ、「夫人のことをくれぐれもよろしく頼みましたよ。」とささやいたので、

 「よろしいとも、全く貴方に成り代わって守ります。」と答えると、成り代わっての一語さえ、いくらか耳障りのようだったが、彼は笑みを浮かべ、青く不安な面もちで私の手を握った。

 これが私とギドウとの別れだった。そのうちに汽笛の声につれ汽車は発ち、見送る間もなくその影も見えなくなったので私は全くただ一人の身となった。しかし、ただ一人なので誰にも邪魔される恐れもなく、これからナイナを訪ねて行き、我が思う存分に責めさいなむのも自由だ。

 ハピョの正体を現し、不義の罪を数え上げてそのあげくに刺し殺すのも私の思うままだ。全くナイナは我が手の中にある。復讐は手のひらを返すよりもまだたやすい。だが、恨みの刃を研ぎ、ひと思いに刺し殺しても私は謀殺の罪にはならないだろう。

 裁判所に引き出されても陪審員は情状を酌量して、私の罪を減ずるべきだとするだろう。いやいや私はナイナを刺し殺すような浅はかな復讐をすべきではない。人を殺すのは殺すより他に更に味の良い復讐の方法が有るのを知らない知恵の無い俗人のする事なのだ。

 私は初めからそのような俗手段は好まないので文明人の復讐と言われるに足る十分な工夫を決めてあり、辛くても気を長く持ち、その工夫を実行するだけだ。血気にはやって普通の残酷な手段を取っては世に類(たぐい)ないギドウとナイナの大罪を罰するには足りないと、胸に問い、胸に答えて一人こちらに歩いて来ると、向こうの方から息せき切って走ってくるのは私の従者瓶造だった。

 瓶造は私の姿を見て立ち止まり、「急用」として私に宛てた一通の手紙を差し出した。何事かと思い開いてみると、すなわちこれはナイナからよこしたもので、その文短く、
 「至急お出で下さい。星子が急病で貴方に会いたいと申しております。」とだけ書いてあった。

 私は復讐の一念に胸がふさがる中にも星子のことは絶えず気にかかっていたことなので、私ははっと驚いて
 「誰がこれを持って来た。」
 「老僕皺薦(しわこも)が持参しました。」
 「他に何か言わなかったか。」

 「はい、皺薦は心配そうに泣いておりました。ロウマナイ家の嬢様が喉に熱をお持ちなさったと言いましたが、きっとジフテリア病の事でしょう。昨晩は乳母お朝もそれほどとは思わなかったそうですが、今朝になってますます重くなり、今はほとんど危篤だと申しました。」

 「勿論、医者を呼んだだろうな。」
 「はい、呼びました。しかし、」
 「しかしどうした。」
 「いや、医者が来たのが遅過ぎたと申します。」

 私は涙が胸にこみ上げて来るのを覚えたが、いまは泣くときではないとすぐに居合わせた馬車を雇わせて、これに乗り、瓶造には日が暮れるまで宿には帰らないと言い置いて、一目散に我が家、ロウマナイ家を目指して走らせた。

 着くと門はあたかも私を迎えるように開いて、馬車を降りて歩み入ると、あの老僕皺薦が非常に悲しそうな様子で出迎えた。私は息もせわしく「嬢様の病気はどうだ。」彼は無言で玄関を指さしたので私はそちらを見ると、ちょうど今玄関から出て来たのは最近この近辺に来て開業した有名な英国の医者だったので私は馳せよって尋ねると、医者は静かに私を玄関の別室に連れて行き、他聞を嫌うように入り口のドアを閉めた上で、

 「実は容易なら無い手遅れです。重くなるまで何の手当もせずに捨てて置いたものと見えます。私の見たところでは、元来の体格は丈夫ですが最近非常に衰弱して、何の病気にでもすぐ感染する状態になっていました。どうして今まで医者に見せずに置いて置いたのですか。

 乳母の話を聞きますと、昨夜はすでにただならない様子が有りましたが、十時から後は奥方が寝室にこもり、誰も中に入れなかったため、嬢様の病気を知らせることができなくて、朝までむなしく待ったのだと申します。」

 私は話を聞いてほとんど断腸の思いをした。どうしてナイナは昨夜の十時からその寝室に誰も近づけなかったのか。読めた、読めた、ギドウが別れに来たので、二人で寝室にこもり、私が昨日推量したとおり別れを惜しんでいたのに違いない。その間に我が娘が危篤の病気にかかっているのも顧みなかったのだ。

 彼女の薄情は前から知っていたが、私に対する愛情は禽獣さえも変わらないのに、彼女は禽獣にも劣る女か。どれほど薄情だとしても自分の腹を痛めた我が子だけは育て上げる親切心は有るだろうと今まで安心していたのは、私の重大な間違いだったと、私は残念で仕方がなく、むなしく大きくため息をつくと、医師は言葉を継いで、

 「嬢はしきりに貴方を呼んで来てくれというのです。夫人はもし貴方に伝染しては申し訳ないと言って、なかなか呼びにやろうと言わないのを、ようやく私が説得しました。もっとも熱病のことなので危ないことは危ないですが。」私はほとんど気を苛立たせ、

 「いや、伝染など少しも恐れません。」
 医師は私の勇気に感心したようにうなずいて、
 「ではすぐ病床へ」
 「はい、まいりましょう。」
 「私は他の病用のためおいとましますが30分経ったら又ここに来ます。」

 「いや、お待ちなさい。もう、全く見込みは有りませんか。」
 「はい、どうも致し方ありません。しかし、苦しみをゆるめる薬を乳母に与え、そのほかに全てを指図してありますから、私が居なくてもさしつかいはありません。ただ静かに暖かく寝かして置くだけです。最も今から30分も経てば病気が極限に達しますから、その時来て再び診察すれば又よく分かります。」と言い、医師は敬礼して立ち去った。

 私はそれから女中に星子の病室に案内されて廊下を歩きながら、その女中に向かい、「夫人は今どこにいる」と聞くと、女中は目を見張り、「奥様ですか、伝染が恐ろしいとおっしゃって、寝室に閉じこもったまま出てお出でになりません。」

 私は怒りの色を隠し、
 「娘が病気になってから、夫人はまだ嬢の顔を見ないのか?」
 「はい、一度もご覧になりません。」
 私はますます愛想をつかし、これ以上は聞かないで、そっと静かな足取りで星子の病室に入って行った。

次へ

a:859 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花