巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu45

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

since2010.1.21

今までの訪問者数850人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (四十五)

 静かに病室の中に入ると、窓の光線を遮るためシャッターを半分下ろした、薄暗い部屋の中に白布の小さいベッドがあった。これに星子を寝かせて、そばには老女お朝が心細さそうに神様にお祈りしながら腰を下ろしていた。

 この様子を見ただけで私は哀れを催し、無言で立ち止まると、お朝はそれと知り、「旦那様と言い、嬢様と言い、達者で生き残るのはただ悪人ばかりです。」とつぶやいて私を星子の枕元に掛けさせた。

 「パパ」と一声、非常に細くそして弱いうめき声がベッドの中程に起き直った星子の口から苦しそうに出てきたので、その様子を見ると、頬は熱のため真っ赤だったが非常に疲れ果て、早くも肉も落ちたことは、大きく明けた目からも分かった。

 私は痛わしさに耐えられず、手を伸ばして抱こうとすると、星子は乾いた唇を半分開いて私にキスをしようとするので、私は頬をこれに当てながら、

 「嬢様、苦しくても辛抱して静かに寝ていなければなりませんよ。その内には直りますから。」と言い、穏やかにその体を横たえてやると、星子はあえて逆らわず、おとなしく横になったが、なおその片手は延ばして私の手を握ったままだった。

 私もこれを離そうとはせずに、軽くその体をなでさすると、老女は星子の息づかいがとても苦しそうなのを見て取り、水で細い唇をぬらし、なお医者から預かった水薬を数滴たらして飲ませた。これに力を得てか、星子はまた口を開き、「パパ」と言い、私がすぐに応じないのを見て、幼心にも少し決まり悪く思ってか、恥じらう様子で、

 「おじさんはパパじゃないの、私のパパでしょう。」と聞く。老女は一人合点し、「ああ、亡くなった旦那様があの世から迎えにお出でなさったのです。嬢様の目には必ず旦那様の姿が見えるのでしょう」と言い、前よりも更に熱心に神様に祈った。

 星子はしばらくしてほとんど眠ろうとするように目を細くしながらも、まだ私の手にすがり、
 「パパ、喉が、ーー、喉が痛い、おじさんにも直せないの」
 おお、可愛いい子よ、もしその痛みを私ののどに移せる方法が有るならばと、私は人間の無力を恨みながら、わずかに星子の頭をなでて、「おとなしくして我慢していれば今に直るから」となだめるだけだった。

 私がもし復讐の目的さえ抱かなかったら、「私こそお前の父親だよ、お前の父はここにいる。気を楽に持て星子」と言い聞かせ、いくらかその苦しさを忘れさせられたろうに、今はそれさえもできないと思うと、非常に悲しさが胸に迫ってきて、胸が張り裂けるばかりだった。

 これも、結局はナイナとギドウのせいならば、これに付けても、私の復讐はますます重くしなければならないことになると、私は星子にも老女にも教えずに一人密かに歯を噛んだ。

 又しばらくして、星子は私がかってローマから買って来て、これは貴方の弟分だと言ってふざけながら与えた、人形が今もまだ枕元にあるのを指さし、
 「パパ、弟も私と一緒におじさんが帰ってくるのを待っていました。弟より私の方がもっと待っていましたよ」と言い、自分から起き直って、その人形を取ろうとしたが、この時ふと老女の姿を目にし、

 「お朝や」
 「はい、お嬢様」
 「おまえ、何を泣いているの、パパが帰って来てうれしくないの」と話しかけると、急に体中を引き絞るほどの急激な痙攣(けいれん)を起こした。呼吸さえふさがってほとんど息絶えるかと思われるほどだった。

 私も老女もあわただしく立って星子を助け、ゆったりとまた寝かせると、そろりそろりとその痛みは収まったが、よほど星子の体にこたえたと見えて、顔色は全く青白くなり、額に脂汗を浮かべたので、私はなるべく楽にさせようと思って、

 「嬢様、もうものを言ってはいけません。静かにしていれば苦しくないようになりますから。」星子はただ私の顔を見ていただけだったが、少し経って、
 「キスしてください、そうすれば良くなりますから。」

 私は可愛さに耐え難い私の本性をむき出しにしてキスすると、星子はようやく安心したように目を閉じて眠ったが、痛みを忘れたのか、少しも動かずものも言わなくなった。

 このようにして十分、二十分、三十分と過ぎた頃、約束の通り先ほどの医師が入って来て、忍び足でベッドに近寄り、まず星子の顔を見、次には挨拶するように私に目配せして腰を下ろすと、この時星子は驚いて目を覚まし、私を見ながら又も起きあがろうとした。

 私はいたわって、
 「また喉が痛んできましたか。」と聞くと、星子はほとんど聞き取れないような細い声で、
 「いいえ、もうすっかり直りました。パパが帰って来ましたから。婆あやに着物を着せて貰って、これからパパと遊びます。」と言う。

 医師はこの様子を見て、「ああ、他人を見てパパなどと、脳が迷い始めました。もう長いことは有りません。」とつぶやいたが、星子はこの言葉が聞こえなかったように私の首にまつわりつき、

 「パパはなぜそんな黒いものを目に当てているのですか。」と聞く声はいよいよ細くなり、今は私以外には全く聞こえず、「それもやっぱりめがね?」私が無言でうなずくと、「誰かがパパの目を傷つけたの、パパ、そのめがねを取ってパパの目を見せて・・・・・」
 
 私はこの願いに当惑して、ほとんどどうしたらよいか分からず、少しためらっていたが、これは我が娘の臨終の頼みなので、これを聞かないでは済ませなかった。私は左右を見回すと、老女は神に祈って頭を下げ、医師も顔をうつむけていたので、私はこれ幸いと、手を上げて手早くめがねを前の方に外し、初めてむき出しに私の顔を見せると、星子はうれしさに我を忘れたように、

 「おお、パパだ、パパだ」と叫んだが、これこそこの世の名ごり。再び催す痙攣に耐えられずに、抱かれた私の膝の上で息を引き取った。
 読者よ、この時の様子は私には詳しく記すことができない。思い出すのさえ私の涙の種だからだ。

次へ

a:850 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花