巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu46

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.1.22

今までの訪問者数800人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (四十六)

 後にも先にも私にとってただ一人の娘星子、可愛そうに満三年を一期としてここに死んだ。私はその死骸を我が膝から下ろすことができなかった。泣くともなしにただ涙が点々とあふれ落ちるのを感じた。それ以外はすべて夢中だった。
 このような様子を見て医師は気の毒に思ったのか、そばから親切な声で、

 「さあ、伯爵、ここを引き上げましょう。これで嬢も、もう全ての苦痛を知らない事になりました。最も死に際の迷いで貴方を、自分の父だと思ったため、それほど苦しまずに済んだのは嬢に取って幸いでしたが、貴方はまたパパと呼ばれたため、ほとんど自分の子を失った気がなさるでしょう。」

 「はい、我が娘ーー」とまで言いかけたが「です」とは、はっきり言い切れない我が胸の切なさは、紙にも筆にも尽くせるものではなかった。私は涙を飲み込みながら、優しい死骸をほとぼりのまだ冷めないベッドに返し、その姿を眺めると、握りしめた両の手は父にすがって、放したくない心かと思われた。

 むなしく開いたその目は死んだ後までも私の顔を見たいと思うためなのか、「可愛い子よ」とつぶやきながら私はせめてもの気持ちから、散らばったその髪の毛を指でかきなで、静かにその目を閉じさせると、乳母はこの時首から細い十字架をはずしてこれを星子の胸に置いたが、ただ泣きじゃくって祈りの声も続かなかった。

 しばらくして、乳母は涙を拭い、「奥様にすぐお知らせしなければなりませんが。」と言うのに、思うことを遠慮なく言う英国医師は、
 「全体、嬢が死ぬまで夫人がここに来ないのが間違っています。枕元に付き切りについているはずでしょうに。」

 そうだ、そうだ。母の身として同じ家に住んで居ながら、娘の死に目をよそに見るナイナのような無情な母がどこにある。乳母は取り繕う気持ちからか、それとも日頃の不平を知らないうちに漏らしたものか、

 「嬢様もただパパ、パパとおっしゃるだけで、ママのことは一言もおっしゃりませんでした。」という。私はもはや笹田伯爵の姿のままこのところにいることはできない。本来のハピョに返り声を出して泣きたい気持ちにまでなって来たので、その心を紛らわせようと、医師の肩を突き、「一緒に来てください」と促す気持ちを示して立ち上がると、医師も立ち上がり、私と一緒に乳母に向かってまた来ますと言ってこの部屋を出た。

 出て廊下をナイナの部屋に曲がるところまで来ると、医師は私を止めて、
 「夫人には貴方からお知らせくださいますか。」
 「いいえ、私は自分だけで十分悲しいのに、この上夫人の泣き顔を見る勇気は有りません。」医師は嘲(あざける)る顔で、
 「あの夫人が泣くと思いますか。」と言い、さらにまた「いや、女役者もかなわないくらいの方ですから、なるほど、まことしやかに泣き悲しむでしょう。」

 こう言いながら医師はナイナの部屋に曲がって行ったが、やがて、部屋の中で驚いて絹服の騒ぐ音と供に魂消(たまぎる)るような泣き声が聞こえて来た。医師の言葉もその間に混じって聞こえた。しばらくして、医師は厄払いをしたような顔で出て来た。

 「果たせるかなです。泣くまねから、気絶するまねまで悲しい演技はし尽くしました。あんな美人より醜婦の方がましですねえ。」と言い、玄関の方を目指して去ろうとするので、私もその後に従おうとすると、医師は振り向き、「いや、貴方には夫人が何か用が有るそうです。しばらく待たせてくださいと言われました。」

 私は何の用かは知らないが、その言葉を守って踏みとどまり、しばらく階段の下をあちこち歩き回ったが、万感胸に迫りほとんど我が身がどこにあるのかさえ忘れ、首を垂れて黙考していた。

 その間に、誰かが私の背後に来て、じっくりと私の姿を眺めている者がいたが、私はそれにも気がつかず、いや、気がついていたが、心ここにあらずだったので自分から気に留めようともしないで、 さらに考え込んでいると、背後の人が、私の注意を引くように咳払いをしたので、初めて私が振り返ると、これは、前から、主人ハピョはまだ死んではいないと言って、私を疑いの目で見ていた老僕皺薦だった。

 私は彼の顔色を見て、なんとなく彼が私の後ろ姿から私を見破った様子なのを知ったが、ハッと驚いて声も出なかった。彼は様子ありげに私の顔を見ながら、「主人がこれを貴方に渡してくれとおっしゃりました。」と言って一通のメモを差し出した。私が手を伸ばして受け取る間に、彼は少し震える声で、ほとんど独り言のように、

 「おかわいそうに嬢様は亡くなったが、それでも父君ハピョ様が生きていらっしゃるのは意外な幸いだ。そうとも、ハピョ様が死ぬはずはない。他人は死んだ死んだと噂しても、その噂につり込まれるような皺薦じゃない。」と言う。私は耳にとまらないふりをして、ナイナからのメモを見ると、

 「私はただ絶え入るばかりに悲しくなり、心みだれて何事も手につかなくなってしまいました。なにとぞ伯爵御身から星子死去の事をローマの花里魏堂氏に御電報をお願いします。」
と記されてあった。私の読み終わるのを待って、皺薦はあたかも私の手でも握ろうとでもするように、一歩前に踏み出したので、私はかねて練習した最も意地悪な声で

 「夫人に、伯爵が承知しましたとそう言ってくれ。この他なんなりとただ仰せのままにいたします。」とこれだけ言うと、彼はまだ私の顔を眺めて止めないので、「え、分かったのか」と叱るように念を押すと、「はい、貴方の言葉が分からないでどうしましょう、何もかも分かりました。全く合点がゆきました。ハピョ様のおっしゃること、何事でもすぐ合点したことは、これまでもハピョ様がご存じなはずですが。」と言う。

 読者よ、読者。この言葉を聞いた者は誰がまた、彼が私の正体を見破ったと気付かないわけがあるだろうか。私は全くの忠義一徹な彼の慧眼(けいがん)に見破られてしまった。私がうまい具合に計画した大復讐もこれで駄目になるかも知れない。私は本当に必死の思いで、ここが大事の一番大事なところなので、私の声の中でも一番荒々しいところを選び出して、

 「ハピョ、ハピョ、死んだ主人がどうしたというのだ。そんなことは聞きたくない。早く私の返事を夫人に伝えろ。」と叱りながら容赦なく彼の胸を突き飛ばすと、彼は一間(1.8m)ほど後ろによろめき、ようやく足を踏み留めたが、非常に私の粗暴な振る舞いを怒るように奮然とした調子で、

 「はい、主人ハピョは決して貴方のような不作法の人では有りませんでした。」と言い切り、更にその口の中で「ああ、俺は馬鹿だ、馬鹿だ、ハピョ様とは全く違っている。似てるように思ったが慈悲深いハピョ様とは似ても似つかない。老人を突き飛ばして恥とも思わない全くの偽紳士だ。」とつぶやいた。

 さては私の意地悪な振る舞いもその効があり。私を見破った彼の目を再びくらませる事ができた。私はようやく安心し、尊大なふりを作ってここを立ち去ったが、腹の中では非情にも老僕に辛くあたって済まないことをしたと、自分がしたことを悔やんだ。

次へ

a:800 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花