巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu52

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.1.28

今までの訪問者数708人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (五十二)

 私をハピョの幽霊と思ったのも無理のないことで、私は実にハピョの幽霊なのだ。墓の中から出てきてナイナに仇(あだ)をする者なのだから、彼女はすでに私の姿に襲われた者なのだ。しかし、私が本当に彼女を襲うのはまだこれから後の事なのだ。今はなるべく彼女の恐れを押し沈め、安心させて置かなければならないので、私は柔らかな声で、

 「いえ、夫人、私はハピョの何でもありません。似ているのは偶然でしょう。」と言いながら、そばのテーブルにある瓶(びん)を取り、その中の水をコップに注いで与えると、ナイナは気持ちよさそうに飲み干したが、更にしばらくは無言だった。

 この夜は宵のうちから、天気が少し悪くなっていたが、この頃になってほとんど嵐になった。庭の木々などは恨みを帯びて叫ぶ声に似て、非常にものすごく聞こえ始めたので、罪深いナイナの神経はこれにさえ驚かされるようで、彼女は恐ろしさに耐えられないというような声で「その窓を閉めてください、その窓を」と言う。

 私は言われたとおり窓を閉めたが、この時降り出した雨足は私の顔を斜めに払った。私はハンカチで顔を拭いながら座に帰り、色々ナイナを慰めたが、ナイナは波立つ胸をなでながら、
 「ああ、やっとこれで落ち着きました。自分でもあんまり馬鹿げてお話もできませんが、本当に貴方をハピョかと思いました。ああ、恐ろしいと思いました。」私は片頬に笑みを浮かべ、

 「私を恐れるとは、あはは、そうおっしゃられては許嫁の夫にはありがたいお世辞では有りません。」と言い、ナイナは同じく笑いながらも、まだ気味悪そうな様子なのを見て、私は更に真面目になり、
 「しかし貴方がもし思い直して、私との約束を後悔なされば、今の内にお取り消しなさるのは自由です。貴方を保護するつもりの者が、かえって貴方を恐れさせては、私の意に反しますから。私は我が身の不運とあきらめ、ただ、今までどおりに貴方の親友で暮らすだけです。」

 ナイナはこの真面目な言葉に少し驚き、驚くに従いその正気も大いにかえったらしく、椅子からなかば起き直って、
 「なんですか、貴方はこのようなことに気をお留めなさって、私が恐れたのは貴方を恐れたのでは有りません。ただ女の愚かな心からつまらない思い違いをしたのです。このように約束を決めた上では、たとえどのような事があろうとこの幸福を取り消されるものではありません。」と言い、あやまるように私の手を取り、大事な宝物でも扱うように、両手をそえて自分の胸に押しつけた。私は安心の様子を見せ、

 「ああ、そう言ってくださればこれに安心して、今夜はおいとまいたしましょう。」貴方はよほど神経が疲れていますから、早く寝室に行って明朝までゆっくりとお休みなさるのがよろしいでしょう。」ナイナは私を見つめて、
 「おや、お天気が悪いのにお帰りなさるのですか。」
私は勿論今までにもこの家に泊まったことはない。

 「はい、夫婦の約束ができたからには婚礼するまでは世間体が大切です。宿に帰って貴方の夢でも見ながら眠りましょう。」ナイナはすこしなれなれしく、
 「おや、憎らしいほど口先がお上手ですこと。これからはよそでそのようなことをおっしゃっると聞きませんよ。」と言って、握った私の手を強く握りしめ、別れのキスをした。

 私は腹の中でこの女、貴婦人の名があるのに似ず、売色女にも負けない手練手管を持っていることだと、一層愛想をつかしながら同じく別れのキス返し「いざ」とそこを立ち去った。

 門の外に出るとすでに夜色墨よりも暗く、風は帽子を吹き飛ばすほどに吹き、雨は頬を叩(たた)いて痛さを覚えた。日頃ならただの一歩も進めない所だが、私は今まで何時間か我慢に我慢をし、押さえに押さえていた我が神経の反動で風も雨も苦には思わず、かえって胸に晴れ晴れとせずにつかえている我が怒りを、誘い出して発散させる良薬のように思い、見る人も聞く人もいない心安さから、私は風と一緒になって大声を出し、あるいは泣き、あるいは罵(ののし)り、手を上げ、足を振り回して全くの狂人のように狂い回り歩き去った。

 思うにこの時もし雨風にあわず、このような気まま勝手な行動をしなかったら、私の不平を発散する場所が無く、私は本当に発狂するか、さもなければ気持ちが萎(な)え尽き、たましいが沈み消え、この復讐の大芝居を演じ終わるまで持ちこたえられなかっただろう。

 ようやく我が宿の門前まで来た頃はただぐったりと疲れ果て、ほとんど足を引く力もなかったが、その代わり我が腹わたをひっくり返し、偽(いつわり)りの分子をすべて洗い捨てた心地がして、気持ちの良いことと言ったらなかった。

 それから戸を開き、中にはいると出迎えたのは従者瓶造、私の姿が雨に打たれ、風にもまれて狂人にほかならないのを見て、非常に驚き、怪しんだが、私は叱るように目配せして、廊下を伝い、まさに自分の部屋に入ろうとした時、十円(十万円)の金貨を取り出して与えると、彼はますます怪しんで、

 「何かお買い物でもなさるのですか。」
 「いや、お前の無言を買うのだ。」
 ただこれだけの返事で私は正直な彼瓶造が良く私の気持ちを合点し、決して私が怪しい様子で帰って来たことを他言しないと知っているので、安心して部屋に入り、内側からかたく戸を閉ざして、まず洋服を着替え、次に鏡に向かって黒いめがねを外し、我が顔を眺めると、心労苦しみに身をやつす人に似ず、昔のハピョと同様に肥え太り、ただ髪と髭が白くなった違いこそ有るが、目鼻立ちから顔の色まで十分に若やいで、全く昔のハピョだった。

 この様子ならいよいよめがねを外すべきときにはずせば、私を知っている者は必ず白髪鬼のハピョで有ることを知るだろう。私の復讐も思うとおりに行われることが確実なので、私は満足の笑みを浮かべて寝についた。

次へ

a:708 t:1 y:0
  

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花