巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu56

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.2.1

今までの訪問者数685人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (五十六)

 いよいよギドウが帰ってくる二十八日になった。彼を歓迎するパーティーは私が一生一代の気力を注ぐ大復讐の幕開けなので、私は朝の中から細心の注意をしながらその準備に取りかかった。

 会場はすなわち私の宿の階下の大広間で、今まででも、とても立派な会食の部屋だったが、私は更に一層の贅沢を加えるため、ホテルの主人に多くの金を渡し、数日前からすでにその飾り付けを取り壊し、壁に掛けた鏡から床に敷く絨毯(じゅうたん)まで、およそ当国で手に入るだけの高価な物と取り替え、椅子一脚にしてもたいていの家にとっては一財産とも言うべきほどの金額を掛けた。

 その他、カーテン、テーブル掛けまでほとんど美を尽くし、善を尽くしたので、おごりにふける東洋の王宮にもここまで豪華を極めた部屋は無いだろうと思われるまでにできあがった。これに準じて客に饗応する酒肴はまた驚くべき上等品で、杯一杯に十万円を盛るほどの割合に当たったが私は別に驚かず、ホテルの主人やメード達などが、

 「どのようなパーティーかは知りませんがこれでは余りにもったいなさ過ぎます。」と評するのを私はただ笑って聞き流していた。飾り付けのために雇った職人の一人がその仲間に向かい「え、帝王の婚礼でもこれほど立派な用意はできないだろう。」とつぶやいたが、私は心の中で「浮き世の楽しみ全てを捨て尽くし、復讐のほかに何の目的も無い私ハピョの、その復讐の準備のためならば、世界に例の無いこともしないわけにはいかない。」とつぶやくだけだった。

 この日私が招待をを発したのはギドウと私の知人の中から選んだ人たちでその数十三人、私とギドウを加えて十五人だ。皆招きに応じるとの返事を送ってきたので、私は非常に満足して待っているうちに、ようやく午後の六時になった。

 朝の中は天気も曇りがちで、更に風も加わり、一荒れ有るかと心配していたが、この時になり非常に穏やかに晴れしずまったので、私はまずギドウへの約束通り駅へ馬車をやり、自分は客を迎える準備のため、服装を改めようと従者瓶造を連れて自室に入った。

 まずクローゼットから最も新しい一着を取り出し、次に光の非常なダイヤモンドのボタンを取りだし、これを瓶造に渡し、シャツの胸に付けるように命じると、瓶造は受け取ってそのボタンを自分の袖口に当てて磨き、しばらくして取り付け終わった。渡しはゆっくりと彼に向かい、

 「これ、瓶造」
 「はい、旦那様」
 「今夜のパーティーでは、その方は私の椅子の後ろに立ち、酒を注ぐ役目を勤めるように。」
 「はい、分かりました。」
 「その中でも、花里魏堂氏の杯に注意しなさい。花里氏は私の右に座るので、いつでもその杯になみなみ酒が有るように気を付けなさい。少しの間でも杯が空になったらその方の手落ちにするから注意しなさい。」

 「はい、心得ました。」
 「それからどのような出来事が起こっても、お前は決して驚いてはならない。平気でそこに立っていなさい。何が何でもパーティーの初めから終わりまで、私の指図が無い以上はそこから動いてはなりません。」
 「かしこまりました。」と答えながらも、何のためこのように厳重に命令を受けるのだろうかと、不思議に思う風だったが、それは無理もない。

 私は軽く笑い、一足進み彼の腕に私の手を当てながら、
 「先日渡したピストルはどうした。」
 「二挺とも十分に手入れをして、いつでも使えるようにお居間のテーブルの上にのせてあります。」
 私は喜んで、
 「ではよし、これからその方は客の来るまで、失礼のないように、客室を見回っていてくれ。」と言うと、瓶造は十分理解した様子で立ち去った。

 後に残った私は鏡に向かい、念には念を入れて身だしなみを整いた。私はハピョだった頃から、衣服には十分注意する質(たち)で、折に応じての洋服の着方は全て良く知っていた。

 世の中にはどんなに立派な衣服を着ても一向に引き立たず、メードの燕尾服と間違われるような人もいるが、私は幸い、恰幅(かっぷく)《体つき》が良いと称される部類で、衣服が立派なほどいよいよ品格も上がるほうなので、着替えが終わって鏡に映る姿は、我ながら見違えるばかりだった。

 このようにしていよいよ服を着終わった時、戸外の方に馬車が来た音がした。疑いもなく駅までギドウを向かいに出した、私の馬車だったので、私はすでに我が敵が戦場近くに寄せて来たのを知った。熱血が顔に上り、動悸が早く打つのを感じたが、自ら心を押し静め、彼を迎えようと廊下に出て行った。

56終わり次へ

a:685 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花