巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu58

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.2.3

今までの訪問者数645人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (五十八)

 すでに夜の八時なったのでかねて招待した賓客はあるいは二人、あるいは三人ずつ集まって来たが、その中でただ二人だけは不意に急用ができたと言って残念ながら、パーティーに参列する事ができなくなったと、丁寧な断り状を持たせてよこした。

 これで主客十五人の初めの予定は減って十三人となったが、そもそも十三というのはキリスト教の来歴上非常に不吉に当たると見なされ、欧米どこの国でも忌み嫌われる習慣になっていることは読者もすでにご存じのことでしょう。

 勿論理屈の上では十三人も十五人も少しも異なるところはなく、数のために不吉な事が起こるなどとは全くの迷信だが、だがイタリアはこのようなことを信じる国で、もし一つのテーブルに十三人の客が集まると、そのうちの一人は必ず一同に背く人になり、殺されることになると言い伝えられている。

 本当にばかばかしい言い伝えだが、私は今夜の席で私が行おうとしている仕事を思い合わせると、偶然にしろこのパーティーが十三人の数になったことは本当に不思議な事だと、心の中でうなずいた。

 しかし、気がつかないで居る来客にこのようなことをわざわざ吹聴しては大いに盛り上がる気分をそぐことになるので、私は無言で一同をパーティーの席の部屋に案内すると、これはこれ、酒池肉林、注意くまなく行き届き人々に一点の不快も与えないように準備しておいたことなので、客はただ見る物の立派なことに心を奪われ、頭数の不揃いなどには気もつかない様子で、我がちに主人の行き届きを褒めた。

 しばらくの間はかつ飲み、かつ食い、かつ談笑し、和気藹々(わきあいあい)と部屋中に満ち渡るほどだったが、何が原因かしだいしだいに話し声が低くなり、一人黙り、二人黙りして、ついにはあたかも病人の枕元で通夜でもする人のように、ただひっそりと静まってしまった。

 さては誰も彼も口には出して言わないが自然と皆がこの数に気がついたかと私は主人の身として密かに心を痛めたが、この時フランスの大決闘家ダベン侯爵は声を上げ、

 「諸君はどうしてこんなに静まり返っているのです。これほど結構なパーティーに出席し、互いにふさぎ込んでしまうとは、主人伯爵に対して失礼なだけでなく、実に宝の山に入りながら手をこまねいているのと同じではないですか。今夜のように酒はうまく、肉は豊富で、しかも居心地のいいパーティーは又と有ることでは有りません。」

 フレシャと言う一紳士がその後に続けて、「しかも、このように気の合った名士だけの集会は求めても得られません。」とどうにかして、客の気を引き立てようとしたが、引き立つ様子はなく、かえって、ますます沈むばかりだった。もはやどうしようもなかった。

 私は立ち上がって十三の数を気にする必要の無いことを弁解しようかとほとんど立ちかけたが、その時、当府第一の社交家と知られたマリナ男爵が立ち上がり、「ああ分かりました。諸君がますます陰気になるのはこの部屋に居並ぶ数がちょうど十三であるからでしょう。」

 「このようなことを気にして、この良夜をむなしく過ごすとは、人に聞かれても我々が恥ずかしいでは有りませんか。文明の紳士とも言われる者が、つまらない言い伝えを信じるとは何事です。なるほど、ユダヤ国の故事で十三人の中一人だけ敵に内通し、最後に殺されたといういうことがあるにしろ、それが今夜の我々と何の関係が有りましょう。」

 「我々はあのイスカリオとは違いますから、この親密な十三人の中で誰が殺され命がなくなるというのだ。皆百才までも生き延びるつもりではないですか。」と述べ席中を見回すと、一同実にそうだと思ってか「ぱちぱち」と手を叩き、また愉快そうに騒ぎ出した。

 その中でただギドウ一人は最も深く神経を参らせたようで、なかなか陽気にならず、テーブルの上に置くその手先さえ、かすかに震い動くのが見られた。察するに彼はその身がまさに大復讐を加えられようとする場に居るため、神経が自然と反応したのではないかと思われる。

 私は先ず主として彼が浮き立つように、色々な話題を話しかけたが、彼は瓶造が注ぐ酒の力にようやく心を取り戻し、雑談をはじめたので、これから席上は今までの反動で一層のにぎわいとなり、客と客が思い思いに自分の得意な話を持ち出し、人の言葉は耳に入らなくなった。

 決闘家ダベン侯爵などは隣の人に撃剣の秘術を解き、口で言い尽くせないところは実演で示す気か、皿の上のナイフを取り、あるいは上段あるいは下段、敵がこうすればここを突くなどと、罪もない豚の肉を知らず知らずの中にずたずたに切ったのも面白かった。

 ただ私だけはこの騒ぎにつり込まれると見せながら、初めから一滴の酒も飲まず、心を非常に確かにして機会の来るのを待っていると、今は酒も十分に回り、宴も最高潮に達してきたので、もう良い潮時と思い、それとなくギドウの方を見ると、彼はそばの人と向かい合い、口かず多く長々とナイナ夫人の美しい容貌を話し自慢していた。

 勿論ナイナと言う名前は出さなかったが、私の耳には隠すことはできない。ここだと私は微笑んでテーブルの一方に立ち上がり、演説する弁士の身構えでまず一声、「諸君」と呼びかけ、一同を見渡した。これから私が話すことをお聞きください。

58終わり次へ

a:645 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花