巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu65

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

since2010.2.10

今までの訪問者数699人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

            (六十五)

 すでに定めの場所に着き、一同と一緒に馬車を降りると、ロウマナイ家の墓倉は遠くに見え、私に様々な事を思い出させる種となった。一段と私は復讐の思いを深くしたが、相手のギドウはまだ来ていない。ただ双方の介添人が昨夜の中に雇い入れた一人の外科医が人待ち顔でたたずんでいるのを見るだけだった。

 やがて朝の六時を知らせる鐘の音が、近辺の教会から聞こえて来たが、その音が終わらない中に介添人のダベン侯爵は、「それ来た。」とつぶやいたので、私も一方を振り向き見ると、なるほど介添と思われる二人の紳士に伴われて、彼ギドウがそろそろと歩いて来るのが見えた。

 ギドウは帽子を目深に引き下げて、毛皮が付いた上着の襟をまくり上げ、その顔をかくすだけでなく、いよいよ決闘と言う時まで私の顔を見るのを嫌うように、こちらへは見向きもしないので、その顔色がどれくらいふさぎ込んでいるかを知る方法が無かった。

 私も今また十分私の顔を見せ、また彼の顔を見る機会が来るのを知っているので、進んで行ってのぞきもせず、冷静に控えていると、彼はあたかも疲れ果てた人のように、ある木の幹に寄りかかって止まった。

 それから彼の介添人はダベン侯爵の所に来て一通りの挨拶をして、
 「距離は昨夜のご相談通り、七間(約13m)離れると言うことにしましょう。」と言い、侯爵も、「はい、異存はありません。」と答え、次に私が立つ場所を決め、次に歩数で一緒にその距離を測った。

 この間に私は自分の上着を脱いで、瓶造に渡すなどをして少しばかりの準備をしていると、私の体はあたかも木石のようで、今は何の情欲も何の感覚もなかった。武者震いとよく人が言うところだが、震いもしなければ、動きもしない。ただギドウを射殺するピストルの発射機になったようだ。

 しばらくして距離の測定が終わり、介添え両人は更にピストルの検査を始め、弾丸をそれぞれ込め直して、立ち上がり、「さ、双方を決闘の場所に立たせましょう。」と言い、私とギドウを定めの位置に引き出した。

 ギドウは今まで疲れているように見えたのに似ず、手早くその外套と帽子を脱ぎ、大足で歩いて来て、足踏み定めて突っ立ったが、私はこの時初めてギドウの様子を見ると、彼は一夜を恨みに明かし、眠らなかったと見え、顔の色青く、両目のまわりに紫色の血色を作っていた。

 その上、彼は目使いさえ落ち着かず、ただ私を射殺そうとする一心と見え、唇まで恨めしげに堅く閉ざしながら、ほとんどひったくるような勢いで介添人の手から彼のピストルを受け取り、丁寧に調べ始めた。

 ああ、彼はそんなに心が騒いでいて、どうして機械のように落ち着いている私に勝つことが出来ようか。私はむしろ、彼がもっと魂を据えて、いかにもこれならば狙い損じることはないだろうと、私に思わせるようになることを望む。

 もっとも、ただの七間(13m)の距離で、彼ほどの手練をもってすれば、私を射損じる事は万が一にも無いはずだが、私は何となく敵として足りない心地がする。私も足を踏みしめて立ったが、この時ふと心に浮かんだのは私のサングラスだ。

 第一私としても十分狙いに念を入れなければならない時だ。目をさえぎるものがあっては、それのために不覚をとることも無いとは言えない。そして、また、今ここでハピョのむき出しの目を彼に見せなければ、何時また彼に私笹田折葉こそ彼に苦しめられ、辱められた、ハピョ・ロウマナイであることを知らせることができるだろうか。

 こう思って、まず、四方を見回すと、生前の私ハピョを知っている者はギドウ以外には一人もいない。ダベン侯爵は最近フランスから来たばかりなので、かってのハピョを知らない。また、ギドウの介添人も私の従者瓶造も、もとより私を知っている者ではない。

 一人大佐フレシャ氏だけは数年前から交わっている人だが、彼は幸い私の背後から、斜めの方向に数間(七,八m)も離れて立っている。私の顔を見る気づかいはない。私は更にギドウのほかにナイナと言う、何倍も憎むべき敵を控えているので、ナイナに仇を討つ時までは、私がハピョであることを誰にも知らせることはできない。

 ここでサングラスを取り外すのはただ死に際のギドウ一人に顔を示すだけで済むので、少しも困難は感じない。ギドウは冥土のみやげに私の顔を覚えておくのだと、私は瞬時に考え終わり、良しと心にうなずきながら、手早くあのサングラスを外し、これを我がポケットに納めた。非常に晴れやかなロウマナイ家代々の目をむき出しにし、きっと目を見張ってギドウの顔を眺めた。



65終わり次へ

a:699 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花