巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu71

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

since2010.2.16

今までの訪問者数659人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (七十一)

 ギドウの死を聞きナイナの顔には明らかに安心の色が見えたが、それでもなお、その死に際に自分の事を何か私の耳にささやきはしなかったかと気づかうように、言葉をいろいろ回して根ほり葉ほり聞くので、私は手短にかいつまんでギドウが私に盃を叩きつけた様子を話した。

 「つまるところこれだけのことです。貴方の名前は少しも彼の口から出ませんでした。ただ彼は貴方を殺す気になったと見え、その席からすぐ貴方の家に駆けつけ、皺薦を呼び聞きましたそうです。けれど貴方が留守だったため、何か悪口雑言して立ち去ったと言うことです。」と告げると、ナイナは真実安心し、初めてうれしそうに笑みを浮かべ、

 「本当に嫌な男です。私の留守に向かって悪口雑言するなどとは、ああ、私が日頃から余り親切にし過ぎました。」
 その人が死んだというのを聞き安心して笑みくずれるのが親切と言うものだろうか。私はその口うまさにあきれたが、何気なく、

 「では、悲しいとは思いませんか。」
 「何で悲しいと思うでしょうか、あのような人間を。いえ、本当ですよ、ハピョが生きていました頃は彼はいくらか遠慮していたためか、随分紳士らしく見えましたが、ハピョが死んでからはいやしい気質をそのまま現しまして、もう、交際を断ろうかと、思ったことも度々でした。」

 「そう聞けば私も安心です。実は彼の死をお知らせ申し、貴方がもしや、非常に嘆き悲しむのではないかとただそれだけが心配で、」と言い掛けて私も初めて笑みを示すと、

 「おや、それで貴方は非常に真面目に、私からものを言っても返事をせずにいたのですか。」
 「はい」
 「本当に貴方は何から何まで良く気を配ってくださる。それでこそ私の見立てた夫です。」と言い、心の底からうれしそうに私の首に手を巻いて、かたわらの椅子に引き下ろした。

 私はゆっくりとその手を払い、
 「それにですね、この決闘の残務が終わるまで私はアベリノに旅行するつもりです。なるべくは貴方がこの修道院を出る頃には私も帰って来たいと思いますから、何時頃ここをお出になるか、その日限をお聞きしたいのです。」ナイナは少し考えて、

 「はい、私は一週間くらい滞在すると院長に申してありますから、一週間が過ぎたら帰ります。それにまた、ギドウが死んだとなれば、どうしてもネープルに帰らなければならないことが有りますから。」

 とは又どんなことやら、私は怪しんで顔を見ると、彼女は少し言いにくそうにためらっていたが、
 「実はですね、」と言って片頬に笑みを浮かべ、
 「ギドウが先日ローマに立つときに、人間は何時死ぬか分からないので、元気な内に遺言を書いておかなければ大間違いになると言って、自分の遺言状を書いたのです。」

 さては、彼は虫が知らせると言うもので、自分が近々に死するかも知れないと思い、遺言まで書いていたのかと、私は異様な思いをしたが、ナイナは言葉をつなぎ、
 「その遺言を私に預けて行きましたから、私はそれをネープルの役所に提出しなければなりません。」

 「して、その中にはどのような事が書いてありますか。」ナイナは又言いにくそうに、
 「あの、私に何もかも譲るように書いてあると思いましたが。」
 「どれ、手近に有るならお見せなさい。」手近も手近、自分のポケットの中から一通を取りだしたので、私は開いて見ると、なるほど、正式な遺言状でその文中に、

 「私が所有して死する一切の財産物件は全てロウマナイ家のナイナ夫人に無条件で贈るものなり。」とあった。ああ、ギドウは私が思っていたよりもっと深くナイナに溺れていたのだ。私が昔ハピョだった頃にしても私はナイナのためにこのような遺言書は認めることはできなかった。それとも、ナイナの手練手管でうまくギドウを説き、まるめこんで、このような無条件の証文を書かせたものなのか。どちらにしても、ただあきれるほかはなく、私は畳んでこれをナイナの手に返しながら、

 「これで見るとギドウは真実貴方を愛していたと見えますね。」
 「さ、腹の中ではあるいは愛していたかも知れませんが、しかし私はそうとは認めませんでした。」ああ、彼に抱かれ、彼に接吻され、彼と夫婦の約束までしてまだ彼の愛を認めないと言うのか。私はほとんど返事する言葉がなかった。この間にナイナはまたも話を進め、

 「ですが、所有して死する一切の財貨物件と言えば、ギドウがローマの叔父から譲られた財産の全ても私の物になるでしょうか。」
 ああ、読者よ、この問を聞き、何と思いますか。この妖婦め、生涯使っても使い切れないほどある私の家の財産をことごとく我が物とし、まだ心に飽きたらずにギドウがローマの叔父から贈られた財産まで我が手の内に入れようとするのか。

 上辺に誠実な皮をかぶる偽りの塊であるだけでなく、上辺に無欲のふうを装おう欲心の塊ではないか。このような恐ろしい怪物がまたとあるだろうか。それとも知らずに一度でもこの女に魂を抜かしたかと思うと、私の愚かさもまた愛想が尽きた。もちろん、無条件の遺言なので、私は、

 「そうです。何もかも皆貴方の物です。」と答えると、ナイナはほとんどうれしさを隠すことができず、ほくほくと笑みくずれたが、さらにまた、
 「そうすれば、彼の持っている一切の書類なども私の物ですね。」と念を押した。

 分かった、分かった、心の底までも全て私には理解できた。妖婦め、自分からギドウに贈った何通かのラブレター類が、もしや他人の手に渡り、身の不行跡が世に洩れてはならないので、それらの書類も取り返して、処分してしまうつもりなのだ。

 このように世の中を欺き、人を欺くことだけに心を労する稀代の悪婦をどうしてこのままに許しておけるだろうか。復讐のためでなくても、私は押しつぶすのに猶予はない。まして私に対する彼女の罪はまた類無いほど重いのだ。

 私はありとあらゆる苦しみの手段を集め、この妖婦に一時に浴びせかけてもまだ足りないと思うばかりだ。もはや哀れむところは少しもなく、容赦するところも少しもない。


71終わり次へ

a:659 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花