巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu75

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

since2010.2.20

今までの訪問者数650人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (七十五)

 ダベン侯爵の手紙を開いて見ると、最初は決闘の残務を知らせてきたもので 「ギドウの死骸はロウマナイ家の墓倉のそばに葬りました。その子細は同人がかねて前ロウマナイ家の主人ハピョ殿の親友で、ほとんど兄弟のように仲良くしていたとのことなので、当人もハピョ殿も並んで葬られる事に満足していることでしょう。」などと記してあった。

 次にこの手紙と一緒に送られてきた小包の説明の文は、
 「この手紙と一緒に送った小包はギドウの死骸のポケットから出てきた書類です。もしやその中に彼の遺言書でもありはしないかと、その中の一通を開いてみたところ、図らずも貴方の許嫁の妻であるナイナ夫人からギドウに送ったラブレターのようなものでした。」

 さてはギドウがローマに居る間にナイナから送ったものと思われる。ナイナは何事を書いて送ったのかと私はその小包を開いて見たいと言う誘惑に耐えられなかったが、さらに侯爵の手紙を読み続けると、

 「勿論このような親展書類を拙者らの気ままに処分する事はできないが、とにかく貴方はナイナ夫人の夫も同様なので貴方に贈り届けるのが当然と思い至りました。拙者らが偶然に開き見た一通によるとナイナ夫人とギドウの間には何か深い約束でもできていたのではないかとも思われます。」

 残る手紙は一通も開いて見ていませんので、何事が書いてあるか知るよしも有りませんが、もし、あの一通と同じ筆法ならば、ギドウが貴方の婚礼披露を聞いて、怒り狂ったのも満更無理とは思われなくなります。もっとも、ここは私らの言うことではなく、貴方が残らずあの手紙をご熟読なされば自ずから、それ相応のご判断が有ることと存じます。

 ただ私らは友人の情として一言申し上げたいのは、険しい坂の上の道を歩く者は、十分目を開き、万事の案内を理解していなければ足を踏み外す事があります。老年になって、妻を迎える者はまず、妻になる女の心中から日頃の行いをじっくりと飲み込んで置くことが必要かと思います。そのため指しでがましくも、このようなことをくどくど申し述べました。

 なお、ギドウの介添人から聞くところによれば、ギドウはローマへ出発する前に既に遺言書を書いて、しかもその遺言書をナイナ夫人に預けて有るとのことですので、この辺も貴下がじっくりと考えるべきところかと存じます。一身にとり何よりも大切な遺言状のようなものを愛も情もない夫人に渡しておくようなことは余り例にないことでございます。

 しかし、これらの判断はどんなふうにするとも貴下に任せます。次に、決闘の後始末は全てなめらかに運び、それほど世間の噂にも上らず、この様子では貴下はいつでもご都合がつき次第当地にお帰りなさっても差し支えはなく、決してあれが決闘の一人かなどと、世間の人から指さされるようなことはありません。

 貴下がお立ちの後は社交界も何となく物寂しく、友人一同貴下のお帰りの節を楽しみにして、お待ちしております。敬具」とあり、
 私は先ずこの手紙を巻いて納め次に小包の封を切ると、なるほど、ナイナの手紙だった。ナイナが常日頃用いる香気入りの紙で私の鼻には胸くそ悪い感じがするものだ。

 手紙の一端に少し血の染みた痕が有るのはこれは私が射抜いたギドウの胸の血ではないだろうか。普段なら手を触れるのも嫌だがこの手紙と同じくナイナの体が血に染まるのも遠い事ではないと私は目に復讐者の笑いを光らせ、先ずはその手紙の月日を揃えてみると、ナイナからは一日置きに届いたもので、中には丁度私と夫婦の約束をしたその日に書いたものもあった。

 私は順を追って読んで行くと、どれも恋人と恋人の仲の者がやり取りする文句で他人には何の感動も無いものだが、とにかく愛情は十分こもり、男の心をとろかすような言葉も多く、特に私と約束をした夜に書いた一通などは、ギドウを天にも地にも代え難い男のように書き、ギドウのためには命もいらないと決心した女かと疑われた。

 ギドウがこれらの手紙を見て、自分の留守に伯爵笹田がせっせと復讐の網を張っていると気がつかないのはもっともだと言わなければならない。これから思うのは私がかってナイナに欺かれたのは全くこの通りで、ナイナは確かに一時に何人もの夫を隠し、互いに疑わないようにすると言う往古からの悪婦にも更に勝る手管を備えて生まれて来た者だ。

 察するに、彼女は万一ギドウが疑いの心を起こし、我が身に何もかも与えると言う、遺言の文句を書き換えるようなことがあっては一大事と見て、特に努力して彼の心を酔わせたのだ。ナイナの愛と言うのも偽り、偽りというのもまた偽り、彼女はただ貪欲と言う恐ろしい欲心のほかに愛も情けもない女なのだ。

 愛と言い、情と言い、その他一切の振る舞いはすべて欲から出た偽りで、彼女の全身の誠の部分はただ貪欲の部分だけなのだ。私はこのように思いながら、なお読み進んで来て、終わりに至って、また一層私を驚かせた一通があった。次のごとし。読者よ、読め。


75終わり次へ

a:650 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花