巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu81

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

since2010.2.26

今までの訪問者数690人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (八十一)

 私の復讐、いや、私の婚礼がますます近づいた時も、まだカーニバルの大祭は終わっていなく、ネープル(ナポリ)の市民は引き続き戸外で踊り興じ、日々どの町も極楽になったかと疑われるほどだったが、ただ私ハピョだけは衆と一緒に踊り興じる気はなく、以前のように社交界に出て行くのも、面倒だった。

 そうではあっても婚礼の準備はいやが上にも整い尽くし、身には何の用事もなく、ただ婚礼の日、復讐の時が、早く来て欲しいと祈るだけで、待ち遠しいことと言ったら、たとえようもなく、ほとんど我が身の置き場所にも困るほどになったので、一日二日は本などを読んで過ごしたが、二度とこの世に用のない身が、本を読んでみたところで何の益が有るだろうか。

 寝起きも今は飽きて、挙げ句の果てには全くすることが無く、一日の過ごし方に考えあぐむほどだったが、もはや百計ここに尽きたので、仕方なく宿を出て衆人の面白そうな様子を見向きもせず、ただ、一人足の向くまま、目当てもなく歩いて行った。行き着く先は知らず、ここはどこだろう。

 人は何事も自分の気に流されるものだ。心の陽気な時は知らず知らず陽気な所に向かい、また陰気なときは求めずして陰気な所に行く。私が至ったところは陰気も陰気、私がかって死し、かって葬られた墓倉の近くだった。

 先に私と決闘して死んだ偽り者ギドウめの墓もこの辺にある。私にとってはこの辺は、ただ、何となく自分の故郷のように思われる。世間の人が皆私を捨ててしまった今となっても、地獄だけはまだ私を捨てないと見える。

 私は墓の辺りを歩き回り、様々なことを思い出し、しばらくの間、一日が長過ぎるのを忘れることが出来たので、翌日も行き、翌々日もまた行った。私の身の置き場は地獄の隣にしか無いと言うことか。

 とにかく私のほかに人もいない場所なので、泣くのも笑うのも邪魔される恐れはなく、笹田折葉の皮を被(かぶ)る窮屈も無い。まだこの上に墓倉の中までも入り込みたいと思うような気がするのは、実にどこまで、心が陰気になるのだろう。自分の事ながら怪しく思えた。

 最後にここに来た日の私はこの墓倉の戸を開くための鍵を捜して持って来た。この鍵は従来ロウマナイ家に備えてあるもので、私の書斎にあったのを私が密かに捜しだしたものだ。私がロウマナイ家の主人としてその家の鍵を持ち去るのに何の不思議があるだろうか。

 そうは言っても、私はこの鍵であえて墓倉の戸を開き、あえてその中に入ろうとはしなかった。ただ遠からず我が手でその戸を開かなければならない時が必ず来ると思っているので、鍵穴にその鍵を差し込み、自由にその戸が開くことを試して見て、胸の中で安心した。何度か差込、何度かねじ回し、鍵穴のさびも取れ、きしらずに非常になめらかに回る様子を見、これならばいつでも入って行けると満足する事は限りなかった。

 これはもちろん、私の戯れではない。深い理由の有ることを後で思い知るだろう。もっとも、この鍵が無くても私一人はあの海賊の抜け穴から出入りする事は難しくない。今は私が抜け出したときより草木がもっと茂り、その穴は全く見えないが、私の心にはよく分かる。

 ふさぐも開くも自由自在だが、これは私の秘密の穴。他人を出入りさせ、または他人とともに出入りするのはこの鍵で表口からとせざるを得ない。 私は鍵穴の錆(さび)を全く取り去り、安心してここを立ち去りながら、歩いて波止場まで行った。これは少し目的があって、実は私が復讐の後の処分につき、自ら決めかねていることがあるのだ。

 右にしようか、左にしようか、まず波止場へ行き、そこで考えようと来てみると、ここも、カーニバルの祭りに浮かれ、多くの船頭、水夫など、ここに一群れ、かしこに二群れ、あるいは歌い、あるいは踊り、非常に楽しそうに興じていた。

 しばらく彼方此方(あなたこなた)を見回すだけだったが、ようやく目に留まる一人は、踊りもあまり面白くないと思うように、群の外に出て、巻きたばこを吸いながら、海の方を眺めている船長だった。

 この真面目な人こそ私が相談の相手だと、私は寄って行き、その顔を見ると、天の助けとも言うべきか。この人はまんざらの他人ではない。私がかって、ハピョの姿を変え、笹田折葉になるためパレルモに航海したときの船長だ。海賊カルメロネリを逃がした話をしたのもこの船長だ。私を珊瑚漁の漁夫ではなく、必ず、何か事情がある紳士だろうと見破ったのもこの人だ。

 船長羅浦と名乗ったその名前もまだ私の耳に残っているので、私は近づいて呼びかけると、彼は驚いてしばらく私の顔を怪しんで見ているだけだったが、やがて気付いたようで、「おお、笹田伯爵ですか。」と言って私を呼び返し、その後、私が当地で非常に贅沢に暮らしていることから、近々婚礼することまで噂に聞き、一度訪ねようと思っていたなどと話した。

 私はこの上ない幸せと思い、四方山(よもやま)の話をした後、少し相談したい事があるからと言い、その手を引いて更に人のいない静かなところに連れて行った。私の相談とはどんなことだろう。


次へ

a:690 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花