巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu82

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.2.27

今までの訪問者数631人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (八十二)

 私は辺(あた)りに人のいないのを見すまし、船長羅浦に向かい「貴方はまだカルメロネリのことは忘れていないでしょうね。」と聞くと、羅浦は熱心に私の顔を見、「どうして忘れましょう。可愛そうに、彼は先日とうとう死刑になったと言いますが、彼が地中海に見えなくなってからは、我々船乗りもつまりません。少しも面白いもうけ仕事がないのですから。」

 「では今でも彼が貴方の船に乗せ、他国へ逃がしてくれと言えば、貴方は逃がしてくれるでしょうね。」
 「それは逃がしてやりますとも、無賃ででも逃がしてやります。私の船はちょうど先日修復して塗りかえたばかりですから。」と言う。これも弱きを助けようとする一片の義侠心なので、私は安心して

 「実は貴方の船で近いうちに他国に送ってもらいたい人がいるが、どうだろう、貴方が引き受けて送ってやってはもらいないだろうか。船賃はカルメロネリが払ったよりもっと多く払うが。」船長は少し眉をひそめ、

 「それは公然と送るのですか、ごく秘密に送るのですか。」
 「ごく秘密に送るのです。」
 羅浦はたちまち頭をふり、
 「いや、ご免被ります。」
 「船賃は望み次第だよ」
 「それでもご免被ります。」
 「なぜ」
 「秘密に外国へ送ってくれなどという人はどうせ法律の罪人ですから。」
 「カルメロネリだって同じことでは。」

 「いや、違います。ネリは海賊で、すなわち我々と同じ海の商売です。彼は賊ながらも我々の船の物は決して奪わないばかりか、彼が地中海にいる間は外の海賊が入ることができず、我々一同彼のためにどれほどの得を得たか分かりません。それだから彼なら無賃でも逃がしてやりますが、縁もゆかりもない陸の上の罪人を逃がしては、自分が罪人になりますから、金銭にはかかわりません。」

 なるほど、船乗りの見識かくのごときものかと私は密かに感心し「いや、私の頼む人は決して法律の罪人では有りません。私の親友です。」
 「え、法律の罪人ではない。それでは送ってあげないことも有りませんが。いや、お待ちなさい、罪人でない者が極秘密に外国へ逃げるなどとは。」

 「いや、いくらでもあることです。自分の家に風波が有り、家にいては苦しめられてたまらないのでしばらく身を隠したいと言うのです。」
 「おお、そんな人なら助けても上げましょうが。一体どこです。どこまで逃げて行くのです。」

 「かなり遠いがシビタ・ベッチャの港まで送りつけて貰えればいい。それから先は外の船に乗り換えるから。」船長は再び眉をひそめ、
 「シビタ・ベッチャ、それは余り遠すぎます。私の船はあすこまで航海することはできません。ただこの湾内を航海するだけですから。もし途中で波でも荒ければ転覆してしまいます。」

 「それは少し困ったなあ。」
 「だが外の船ではいけませんか。」
 「そうだな、いけないと言うことはない、ただその船長が貴方と同じく正直者で、何時までも秘密を守ってくれさえすれば」
 「それは心配に及びません。船長などという者は口止めさえすれば、そうしゃべるものでは有りませんから。」

 口さえ止めればと言う言葉の中には、きっと口止めの金さえくれればとの心もこもっていると私は見抜いたので、
 「口止めするのはもちろんだが、さしあたりこの船という見込みが有りますか。」
 「有りますとも。実はある会社の荷物ばかりを積み、この次の金曜日にここからシビタへ発つ船が有ります。その船長は私の兄弟も同じですから。これに乗らせてはどうです。」

 「いいとも」
 「その代わり、客を乗せない船ですから、どうしても乗せてくれと言えば少し高いかも知れませんが。」
 「高いのは承知さ。」
 「五十万円もやってくだされば」
 「よし、百万円やろう」船長は飛び上がり
 「え、百万円、それは一財産ですが」

 「そのほかに斡旋料として貴方に百万円やるからなるたけ秘密に」
 「え、え、私にも、それは余りにもったいなくて」
 「なに、百万や二百万の金は私の身には何でもない。」
 「貴方は本当にカルメロネリです。ネリは最初に金の束を投げ出して、さ、これだけやるから直ぐにどこそこに向け出帆しろと言い、返事が遅ければ直ぐにピストルに手を掛けましたが、貴方は前に相談し、ほぼ納得させておいて、その上で金を出しますから、それだけネリより紳士です。」

 海賊に比べて褒めるとは通常の場合は許せないところだが、視野の狭い船長たちは海賊より上の人を知らないので、これが最大の尊敬なのだろう。私はただおかしさに微笑みながら、

 「いや、私ではない、その乗っていく人が金を出すのだ。しかしその船長はその人に向かい何事も聞かないように、その人の言いつけは全て無言で従うように、そして、その人がシビタに上陸したら、全てその人のことは忘れるようにしなければいけない。」

 「勿論です。いえ、今言う男は非常に物覚えが悪い上に、忘れろと言えば直ぐに忘れてしまいます。金より外のことには少しも気を止めない男ですから。百万という大金を見ればそのうれしさに外のことは夢の中です。」

 私はポケットを探り、一札の名刺を出し、「委細はまた相談するのでこの名刺に記してある私の宿に、明日でも、明後日でも来て貰いたい。」と言い、別に百万円の束二束を出し、「さあ、これが約束の賃料だ、」と言って渡すと、彼はあたかもうれしさに夢中となったように、ころころと転がるようにして去って行った。


次へ

a:631 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花