巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu84

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.1

今までの訪問者数591人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (八十四)

 さすがにナイナはいくらか私の機嫌を損じたと見て取ったのか、これからはまた芝居にだけに夢中にはならず、非常に私に尽くしたので、私もむしろ私の言い過ぎを悔い、復讐が既に眼前に押し寄せてきている今となって、こんな事を言うべきでないと思い、これからは芝居が終わるまで一緒に楽しんで何事もなく済んだ。

 この翌日はすなわち婚礼の前日だが、私は早く起き出した。泣くも笑うも今日限りだと思うと、昨夜の見舞いをかねて、まず同行した夫人達の家を訪ね、最後にナイナの所に行くと、彼女は万端の用意が整ったことを話し、婚礼の時に着る衣服などを示し、この上はただ明日から後の楽しみを語らうだけとなったと言い、私を日当たりの良いテラスに連れて行き、二つの椅子を差し向かいにして、膝を交えた。世の常の結婚ならばこれこそ二人にとって最も楽しい時になるはずだ。

 テラスの先に咲き乱れた椿の花は美しかったが、ナイナの姿にはかなわなかった。軒端(のきば)にさえずる小鳥の声、さわやかだったが、これもナイナの言葉にはかなわない。彼女は顔の半面を日向に向け、その美しさを、惜しげもなく、日に映えさせて、私が欲しいままに眺めるのに任せので、私はじっくりと見て、今更のように美しさに感心した。

 彼女の心も彼女の顔のように美しかったら、私は彼女の奴隷となり、彼女のために喜んで一命を投げ打たなければならないが、彼女の紅の唇は誰でも、ただ彼女の気持ちが向かう人に盗まれ吸われるのに任せ、その雪より清らかに見える肌は、豚屋の看板にも等しく、金を持っている人の目を引こうとするのに過ぎない。

 彼女は実に造化の神が奇を好む余りにつくったもので、その顔に世界中の美を集め、その心に世界中の醜を集めたものだ。徳もなく、操もなく、すべて自分を愛する人を毒する。ハピョと言い、ギドウと言い、ハピョ再生の私と言い、彼女のために世に類例のないほどに恐ろしい恨みを飲んで憤死する悪運に陥った。

 今私が復讐の大決心を持って一刀両断に彼女をしとめなければ、彼女はこの上に何人の人を欺き何度この世を毒するか分からないと、私は黒いめがねの底で怒る目を光らせたが、私の顔は彼女に向かって、日陰にあるので彼女はそれとは知るや知らずや。ただその美しい顔に一段のうれしさを加えただけだ。

 その上うれしさを包みかねるように、笑み崩れて口を開き、「貴方は本当に昔話に出てくる天子様のようです。なさることは他人にまねができないほど十分豊かになされますし、貴方のように物事が豊かなら、どんなに幸福でしょう。」 私はまだ例の冷淡な口調で「いや、夫人、豊かでも貧しくても、愛ほどの愉快は有りません、」

 「いええ、貴方は豊かな上に愛を得ているではありませんか。世間で誰が貴方を愛さないと申しますか。」
 「いや、その愛は皆金銭からくるのです。私は金銭に豊かで、私を愛すれば直ぐにそれだけの得が有るから愛するのです。もし私が貧乏なら相手にもしない人だけでしょう。」

 「まあ、私までもその仲間に数えなさるのですか。」と聞き、目を開いて私の顔を見つめたが、私が直ぐに返事しないのを見て、
 「世間の人はそのようなことで貴方を愛するかも知れませんが、夫婦約束をする者が何で金銭などを思うでしょうか。それでは金銭のために愛を売ると言うものです。貴方のお身に愛すべきところがあり、この人ならばと思う込むところがあるからこそ、独身の気楽な生涯を捨て、貴方と一つになるのでは有りませんか。金銭は豊かでも何時尽きるか分からないものです。それを目当てに生涯の約束ができるでしょうか。」と言う言葉は何ともっともらしいことか。

 今に始まったことではないが、私はナイナの口先は巧妙な笛の弁と同じように作られていて、人の心を聞き酔わせるために考案されたものではないかと怪しみながらも、その様子は見せずに「いや、そう言ってくだされば安心です。年寄りはとかく疑い深く、実のところ私は、なぜ私が貴方の愛を得たのか、もしかしたら、ただ万事に豊かなためだけではないかと、時々心配することもあります。」

 「それは余りに私を見くびると言うものでは有りませんか。」
 「いやもうまったく疑いが晴れました。そう言ってくだされば真実私が気を許す証拠として私は貴方に知らせる事があります。」
 言いかけて私はもったいぶって声を低くし、ナイナがなんだろうと気づかう様子を味わいながら、

 「先ほど貴方は私のことを昔話の天子のようだと言いましたが、あるいはそうかも知れません。昔話の天子のほかは持っていないほどの宝を私は持っています。」宝と聞いて早くも目が光り始めるのは隠すにも隠しきれない彼女の貪欲の本質と言うものだろう。

 「え、何とおっしゃいました。」
 「はい、この世にまたとない宝物です。先日それ貴方に珠玉を贈りましたでしょう。お目にかかる前の引き出物として。え、貴方はお忘れになりましたか。」ナイナは心底から体中で大きく頭を振って、「どうしてあれを忘れましょう。もったいない、あれは私の命と思うほど大事にしています。婚礼の時に飾るのもあの珠玉です。あれは貴方、天女も持っていないほどの品ですが。」

 「はい、天女も持っていないほどの品を、天女にもいないほどの美人に贈るから少しも惜しいとは思いません。しかし、私の蓄えている宝物に比べればあれは、何でもありません。」
 「え、あの上の珠玉が」
 「はい、まだあります。私の手にあります。」
 「そうしてそれは」
 「結婚すれば皆貴方の物にして頂きたいと思います。」

 ナイナの顔はうれしさで赤くなり、また青くなった。


次85へ

a:591 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花