巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu86

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.3

今までの訪問者数644人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (八十六)

 宝物を取りに行くとは欲深いナイナの心にはどれほどうれしいことか。だが、この返事を聞く私の心はナイナよりも、もっとうれしい。私の復讐の手続きはこの返事ただ一つで、落ちもなく運んだからだ。よって私は明日婚礼の席でめでたく顔を合わせる約束をして、通例の許嫁の二人が別れるように別れを惜しんで別れて帰った。

 ああ、今日一日が命の瀬戸際、一切の準備が済んだとは言え、なお今日でなければやれない事柄もいくらかあったので、全て実施の手順を決めて帰って来ると、出迎えた瓶造は、「先刻から貴方のお帰りを待っている人が有ります。」と言う。

 さてはとうなずき応接間に入ってみると、これは外ならぬ、先日シビタ行きの船を頼んだ、あの船長の羅浦だった。彼はきっと船の準備が整ったので、その知らせに来たものだろうと思って、言葉短く様子を聞くと、彼は何もかも注文通りに運んだと言った。

 明後日の朝五時から七時の間に出帆する予定だが、その上さらに二時間は待ってくれることに話しを付けてきたと言うことだ。明後日の朝の五時から七時、これは私にとって最も良い時間なので、更に待つ必要はないと言って、彼の注意が良く行き届いていることに感謝の意を表し、更に必要と思って前から作って置いた荷物の一個を彼に渡し、これは出帆の時まで、船長に預けておいてくれと頼み、なお彼にいくらかのものを贈呈して帰した。

 この荷物は古いカバンに錠を降ろしたもので、貧しい旅行の荷物かと疑がわれるが中には私の使い残した数千万の紙幣だけを詰めたものだ。次に私は瓶造を呼び寄せて、「知っているとおり、明日はいよいよナイナ夫人と結婚する事になったが、」

 「はい、知っています。」
 「それについてお前に少し言い付ける用事がある。お前は私の使いとなってアベリノにあるリラの家まで行って来てくれ。私はもともと明日を限りにこの世には用のない身、彼に体よく暇をやり彼をその望み通り、リラと夫婦にしてやり、後々まで楽しく暮らさせるつもりだ。

 瓶造は少し怪しみながら、
 「貴方の仰せと有れば行ってきますが、明日この地を立つとしても、往復に三日はかかりますから。」
 「そうだ、往復には三日かかるが、更に四日、五日かかっても良い。さあ、リラの母へこの手紙とこの箱を届けて来てくれ。」と言い、密封した箱一個書状一通を渡した。

 箱の中には瓶造が生涯を送られるだけの資金を入れ、手紙にはリラの母に向け、瓶造をリラの養子にせよとのことを記し、なおその中に瓶造宛の一通を封じ込め、これには私が昔使ったロウマナイ家の老僕皺薦と老女お朝とが老い先安らかに送っていけるように手当と指示を記した。

 私は更に言葉を継いで、
 「私は明日の婚礼が済んだら明後日の朝早く妻と二人でハネムーンでパリに向け出発するから、お前は私の帰るまで用はない。リラの所に滞在して待っていてくれ。」と言うと、瓶造は恐る恐る
 「旦那様、私もお供を願います。」
 「いや、ハネムーンに供など邪魔になる。」

 「でも、先日から貴方のご様子を伺っていますと、他の方の婚礼前とは違い、うれしそうな様子は見えず、何だか非常に気にかかることが有るように思います。私は貴方のお身の上が気にかかり、ハネムーンの間、アベリノで待っていられません。」
 彼が、私の身を気づかう事は今に始まった忠義ではなく、私は深く感謝したが、
 「それはお前の気の迷いだ。」
と言い流すと、彼は更に熱心に、

 「いや、迷いではありません、私が初めて上がったときから、貴方の様子には何か変なところがあり、よほど気のふさがることが有るように見えましたが、この頃はなおさらです。夜も時々遅くまで一人で書き物をしていらっしゃる事もあり、丁度心の底に深い傷でもあって、その痛みがまだ癒えないように思われます。私がお供をしなければ、行く先々でどのようなご不自由が有ろうかも知れませんから。」

とますます本気に言い出したが、勿論聞くべき事ではないので、私は可愛そうだとは思ったがこれを叱り、
 「お前は従者の分際でそう深く主人のことに口を出すものではない。真に不自由な事が有れば、その時旅行先からお前を呼び寄せることもできる。リラの所で待っていろ。」
と言い放つと、彼は返す言葉もなく、ただ心配そうに頭をたれて退いた。

 やがて夜になった後までも、彼は私のハネムーンの準備を気遣い、衣服調度をとりまとめて、カバンなどに詰めながらも、絶えず私の挙動に注意する様子なので、私は色々な用事をこしらえ、暇がないほど言い付けたが、まだ全く安心する事はできなかった。

 特に私の身にはまだ何一つ何人にも知らせずに準備しなければならない重要なことが残っている。夜が更け、人が寝静まった後取りかかるつもりだが、瓶造がなかなか寝につく様子がないので、私はやむを得ず一杯の酒に無味無臭の強い眠り薬を入れ、瓶造を呼んでこれを飲ませ、その結果はどうなるかと待っていた。


次87へ

a:644 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花