巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu87

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.4

今までの訪問者数621人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (八十七)

 やがて三〇分ほど経ち、私は抜き足しながら瓶造の部屋に行って覗いてみると、彼は眠り薬の効き目で前後も知らずに熟睡していた。片手に私の防寒コートを持ち、片手にブラシを持ったまま、仰向けに椅子に寄りかかっているのは、コートのちり払いも終わらない内に夢路に入ったものと見える。

 これならば彼はもはや私の挙動を見る事はできないと、私は安心して居間に帰り、次に窓の戸を少し開いて、外の様子を調べると、いつの間にか雨が降り出していた。特に冬の夜風がものすごいほど加わり往来の人も全く絶えていた。

 この状況ならこの上夜が更けるのを待たなくてもよい。今のうちに思う仕事を済ませてこようと、私は雨具の衿を首の上まで立て、帽子を目深にかぶり、そっと宿の裏口から出かけると、雨の音、風の音に紛れて私の足音は宿の者さえ、知ることができなかった。

 忍んで行くのはどこだと思うか。私がかって葬られたロウマナイ家の墓倉だ。こんな時間に墓倉に忍んで行くのは実に狂気の沙汰で、見る人がいたら、私を何と言うだろう。

 しかし、幸いなことに誰にも会うことなく目指す場所に行き着いたので、私はこれを復讐の最後の準備と考えて、必死となって思う仕事に取りかかったが、火の気の絶えた場所と言い、さらには地べたでの仕事と言い、その寒いことはたとえようもないほどで、はては、骨までも凍るかと思われたが、私は少しもひるまずに、およそ二時間の後、ようやく思う事を十分に準備することができた。この準備とは何のことか、読者はその内知ることができる。

 帰り道はなおさらに寂しくて、明かりのともる家もないので、私はなりふりもかまわず懸命に走って来た。第一に又覗いたのは瓶造の部屋だったが、彼は初めの通り眠ったままだった。私は満足して、我が部屋に帰り、時計を見ると、はや、翌日の午前三時で、すなわち私の婚礼の当日となっていた。

 次に雨具を脱ぎ、それを泥だらけの靴と一緒に廃棄物入れに納め、後刻婚礼の場に臨む私の顔つきはどんなだろうと鏡に向かって映してみると、私はただ「あっ」と驚いた。

 読者よ、世に恐ろしいものは、いろいろあるが、私の姿のようなものはなかなかない。散り乱れた白髪の間に青白い顔が半分現れ、全体の様子はただ復讐の一念のために、一点の慈悲もないかと思われるほど変わり果て、非常に光る鋭い目は恨みを帯びて、ものすごかった。

 これこそ先ほどまでただ恨みに励まされ他人にできない恐ろしい場所で仕事をしてきたためだ。そうは言っても、このように顔つきが変わるほど熱心にならなければこの復讐は成し遂げることはできないだろう。

 だからといってこの顔で婚礼の儀式に出席できるだろうか。私とナイナと差し向かいならともかく、外に立ち会う人もいる席なので、十分容貌を和らげなければならないと思い、私は先ず心を落ち着けてたばこを飲み、さらに髪をなでつけて、

 「さあ、ハピョ、待ちに待った大目的が達せられる時が来たぞ、何で心を励ましてうれしそうに一笑しないのだ。」と自ら叫び、強いて笑い顔を作りまた鏡に向かうと、まだ日頃ほどではなかったが、その鬼らしい姿はどうにかまず紳士らしく見えるまでになったので、この上一眠りをすればますます和らぐだろうと思い、鏡の前から立ち去ろうとした折しも、

 「まだ、お休みになりませんか」と言いながら戸を開けて入って来たのはあの瓶造だった。彼はようやく目覚めたとみえて、瞼(まぶた)はまだ重たそうにしていて、日頃のきびきびした瓶造には似ていなかったので、私は怪しんで、「おお、お前は先ほどまで何をしていた。たいそう静かだったが、」と言うと、

 彼は面目なさそうに「いや、お酒になれないものですから、つい、酔い倒れて眠ってしまいました。」
 「そうか、夜が明ければ、いよいよ婚礼だから、お前も今のうちに眠って置いた方が良いだろう。」と言い、瓶造を下がらせて、私も直ぐにベッドに入った。

 午前八時頃に起きて、再び空模様を見ると、昨夜の雨はすっかり止み、ただ風だけは少し残っていたが、朝日が輝いてナポリの湾を照らし、一天晴れて雲のかけらもなかった。儀式は午前十一時からに決めてあるので、間もなく身の回りの準備に取りかかり、十時少し過ぎる頃、天晴れ花婿になりすまし、立会人の一人のマリノ侯爵と一緒に馬車に乗って、宿を出た。

 以前から市民の中には私の婚礼を祝そうと、色々な趣向考えた者も多く、私の馬車を見ると、その前、その後ろに群がって、歌う者有り、踊る者有りで、馬も驚いて狂いそうになるほどだったので、御者も気を付けて、そろそろと通って行った。

 私はただ、私の生涯にまたとない最大の催し物の時だと思うので、衆人の声も耳に入らず、心の中が異様に騒ぎ立った。うれしいかと思えば、悲しくもあり、たちまちにして我が生涯を誤った悔恨の念がしきりに起こった。

 また恨めしさ、腹立たしさに耐えられず、狂人のように声を出し、狂人のように前後にかまわず狂ったならば胸中の鬱屈(うっくつ)も発散して気も落ち着くだろうと思ったが、勿論、そのようなことができる場合ではないので、ただ心の憂(う)さを忘れるため、絶え間なく口を開き、マリノ侯爵に様々な話題の話しを話しかけていた。

 侯爵は私の様子を怪しみ、何か心に悲しみを隠していて、自らを喜んでいるように見せているのではないかと見て取った様子だったが、そうとは言わずに、丁寧に私の相手をしているうちに馬車はようやく結婚式場の教会に着いた。


次88へ

a:621 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花