巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu89

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.6

今までの訪問者数641人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (八十九)

 入ってきた妻ナイナは、このたびの婚礼の仮の父親と決めた紳士マンシニ氏に手を引かれ、その腕に持たれていた。そろそろと歩いて来たその姿は最も清楚な作りで、白いビロードの服に飾りと言ってはただダイヤモンドだけだったが、その上に掛けたうすぎぬの外被は煙のようであり霧のようでもある組み糸で、価はダイヤモンドにも劣らないほど高価なものだが、それを首から裾まで垂れているのは、世間の婦人のまねさえもできないこしらえだった。

 彼女がこのように淡泊に装うのは、その身がすでに未亡人ですなわち二度目の婚礼になるためだ。一つはまた今夜祝宴の席に入り最も華美な衣服に着替えるつもりなので、それとこれの衣裳直しを目だ立たそうと思うためだ。

 なお、彼女は未亡人の身分なため、自ら花嫁と言われるのをはばかるように、付き添い役の女中を連れず、女中の代わりに、八才ばかりの童子を、絵にあるエンジェルのように仕立て、これを自分の供に連れていた。

 つまり初めての婚礼で儀式万端を知らない者が、女中の付き添いを要するもので、すでに一度その場を経験していて、万端を知っている者には、付添人は必要無いのだ。私はナイナの準備に感心した。さらにナイナの前には五才か、六才のばかりの女の子が二人、左右に分かれ、あたかも女王の先を払う人のようにナイナに向かって、後ろ向きに歩きながら白バラの花を撒きながら進んだ。

 これもナイナが前もって計画したものだろうと私はますます感心しながら、子供の顔を見ると、いずれも社交界にときめく貴人紳士の愛児たちだった。さては、ナイナの出世にあやからそうと、親たちが進んで貸し与えたものと見える。これらの親たちにしてナイナの心と今日以後の運命を知ったら決してあやかりたいとは思わないだろうに・・・・。

 全ての様子はナイナが言う昔話の趣に似ている。このような立派な婚礼は絵描きも描いたことがないだろう。やがてナイナは私の控えていた神卓前に進み来て、私と並んで腰を下ろした。その際に、にっと私を見て会釈した。その顔、その笑みの愛らしいことは、今更言うのもくだくだしいが、私はぞっと襟元の寒いのを感じた。

 ああ、これ絵にも無く、天女の仲間にもまた無く、人間世間にはなおさら有ることがない天下唯一の美人だった。この美人の夫とせられる私は何という果報者だ。

 読者よ、読者、私はしばらくの間、その美しさに気をのまれ、全ての恨みも、復讐の目的も忘れて、恍惚とし、心の底にはナイナと結婚した時のような愛の情がこみ上げて来るのを感じた。これは悪魔の仕業だろうか、はたまた神の御心だろうか。いやいや、私の心が弱いためだ。

 今まで巧妙に計画してきた大復讐、ここ一歩という今となり、どうして心が弱くて実行することができるだろうと、ようやく気がついて我が恨みを呼び起こし、再びナイナを見たときはナイナは早やくも神の前に首を垂れ、黙祷に余念がなかったが、夫婦としてのこの後の幸福を祈ってでもいるのだろうか。

 彼女の汚れた心で祈っても、ただ神を汚すだけだ。それとも、祈るふりをして控えているだけなのか。なにしろ、その姿の殊勝らしさは、さすがに修道院で修行した事があるだけあって、心ない木石をも感動させるかと思われるほどで、私は愛と恨みの二道に心を引かれて、どちらがどちらか、ほとんど夢中の思いだった。

 私も黙然として神前に首(こうべ)を垂れた。この世の恨みとこの世の愛にくよくよ悩む私のような者は、神の御心にかなうことは思いもよらない。私とナイナといずれが心黒くどちらが罪深いか、自分にも分からないほどだが、結局私をこれ程までに堕落させたのも、偽り深いナイナの行動のせいなので、ああ私はナイナを恨まないわけには行かない。

 どれほどの愛情が湧き出ても私の恨みを消すには足りない。愛が燃えれば燃えるほど、恨みが百倍に増えてきた。祈る言葉も語をなさず、もはや神も無用、祈りも無用、ただ初めから決めていた通り復讐の一筋が有るだけだ。復讐の外の道に心を引き入れられてはならないと、ようやく思いを決めて私の首を上げると、はや、長老を始めその他の牧師がそれぞれの決められた席についていた。

 私はキリスト教の儀式に従い、妻に贈るべき固めの指輪を聖書の上に置くと、長老はこれに神聖な水を注ぎ、直ぐに清め終わったので、私はこれを取って第一にナイナの親指にはめ、次に人差し指、次に中指とだんだんに移して行き、最後はその薬指にはめ終わった。

 ナイナはこの指輪に気づいたか、否か。気づいたならば愕然として驚かなくても、いくらか怪しむ色が現れる筈だが、彼女には少しもその色が無いのは全く気がつかないものだろう。ことに彼女は、最初の婚礼とは違い、そこまで顔が赤らむこともなく、少しのことに戸惑うなどのこともなかった。十分落ち着き十分静かにまた満足して妻になるための式を終わったのは、むしろ彼女の心の奥底に非常に冷淡なところがあるのをみる。

 そうではあっても、彼女はもともと私の妻だったが、今又私と結婚したからには、その指輪のいかんにかかわらず、私の妻にして、また私の妻だ。私の持ち物であり、私の奴隷だ、私から逃げて去ることはできない。生かすも殺すも全く私の自由。他人が何と言おうと遠慮する所は少しもない。面白い。面白い。


次90へ

a:641 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花