巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu91

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

since2010.3.8

今までの訪問者数693人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (九十一)

 既に夜会は始まった。ああ、この夜の会のようなものが又とこの世に有るだろうか。およそ当国に来て遊ぶ外国人の中において、少しでも社交家の名が有る者で招待を受けなかった者はいなく、招待を受けた者で一人として来会しなかった者はいなかった。

 私の宿は当国一のホテルで、そのダンスホールは当国第一のダンスホールだが、それでも狭いと感じた。美人という美人。紳士という紳士が今宵を晴れの舞台と着飾り、満場はただ生きた花園ではないかと思われた。目に入る姿すべて美しく、耳に入る声すべて麗しく、その中でも、美の美、麗のまた麗と言うべきは実に我妻ナイナだった。

 彼女は今までその身が未亡人なので遠慮し、いくらか人目に立たない化粧をしていたが、今は笹田折葉の新夫人、誰に遠慮する事もなく、いやが上にも美をつくし、光を争う衆星の中にあって、彼女は冴え渡る月の明らかなのに似ていた。彼女が到るところには諸人話をやめて振り返るほどなので、さすがの私でさえも、彼女の姿を見るたびに、ほとんど動悸が高鳴るのを覚えた。

 そうは言え、私にとってはこれは最も恐ろしく最も悲しい夜なのだ。
 今宵の様子に引き替え、明朝は私はどのような人に成るべきなのだろう。復讐の一念でここまでは来たが、復讐を既に終わったら、私は目的もなく楽しみもなく生きながらえる甲斐もない人間の抜け殻になるだろう。

 十字軍の時代から血統連綿と続いて来たロウマナイ家は、今宵一夜で跡絶えて、明日からは弔(とむらう)う人もなくなる。私は諸人が我を忘れるまで楽しむ中に立って、一人このようなことを思って、思い沈み、ぼんやりとしていたが、ちょうどその時、いつの間にかそば近くに来た彼女ナイナは、笑みを含んだ柔らかな声で、

 「貴方は今夜の主では有りませんか。主の役目を忘れていますよ。」と言った。
 主の役目、私は「おお」と驚いて、まだ理解ができないようにナイナの顔を見返すと、「さあ、もうダンスを始めなければなりません。貴方と私が一順踊れば後は皆様が続きますから。」と言い、はや手を取り私を促した。

 私はようやく我に返った。なるほど、私こそ今夜の主、この席の花婿だった。来客のための踊りの序(はじめ)を開かなければならなかった。踊りの後は復讐の大舞台。よしよし、いたずらにぼんやりとしている時ではない。たちまち心を引き締めた。

 だが、私はむしろ迷惑そうに「ダンスは至って不得意でだが、」と言うと、ナイナは少し失望の様子で、「不得意でも一生懸命踊りなさいませ。大勢と一緒ならばともかく、序(はじめ)開きにみんなが目を付けて見ている所で足の調子が合わないほどみっともない事はありませんから。」と言う。彼女はかねてから知られるダンスの名手なのだ。今宵は十分その技を示そうとの心のようだ。
 
 「何の踊りから」
 「後からすぐリオトリイが続くことになっていますから、二人はハンガリーのワルツにいたしましょう。くれぐれも貴方が踊り損なってはいけませんよ。」私は言葉短く「よし」と答えながら、はや、ナイナの腰を抱き、いざ踊ろうと身を構えた。私もその道の名人なのだ。特にナイナとは四年の間何度も踊ったことが有るので、彼女に遅れを取ることがあるものか。

 彼女は言葉にも似ない私の身構えの軽いのを見て、かつ怪しみかつ喜ぶ顔が見えたが、私はなるべく彼女と顔を見合うのを避けるようにして、まずは、そろそろと進み出した。
 私はここに至り、実に我が身を支えるのが難しいのに気がついた。

 一念既に復讐に凝り固まるとは言え、昔取り慣れた彼女の手を取り、抱き慣れた彼女の腰を抱くと、どうしても過ぎた四年の楽しかった夫婦関係を思い出さないわけには行かなかった。特に、婚礼の式が終わってから彼女の顔は見れば見るほど美しく、今宵、幾百幾千の美人の中に彼女と見まごう者は一人でさえもいないのを思えば、彼女の世界の婦人に何倍も立ち勝る美しさがいよいよ際だって現れてきた。

 ああ、この世界にまたとない美人、私の妻の又私の妻、私のため身も心も命までも任せていると思うと、断腸の思いが無いわけがない。私は愛と憎しみの中に立ち、我が心を叱りながら、ゆっくりと起こる音楽の調子に応じ、軽くナイナの身を引き上げて踊り始めると、彼女の足拍子は私の足拍子と全く合い、南国の人でなくては踊れないと言われるハンガリーの踊りを非常に簡単に踊ったので、褒め立てる声が四方から起こり、やがて私とナイナが会場を二,三周した頃は、続いて踊る者がますます多くなり、見る見るうちにホールには大舞踏のつむじ風が巻き始めた。

 音楽はますます急になると踊りもますます急になり、ナイナの熱い息は私の頬にかかり、私の息はナイナの額にかかった。私は心に起こる様々な愛情をしばらく紛らわせようと思い、高く蹴り、低く踏み必死となって踊り狂うと、ナイナも更に私に遅れることなく、彼女はあたかもうれしさに耐えられないといったように、踊りながらも私の耳にその唇を上げてきて、愛の言葉をさえずり始めた。私は浮き世を捨てた身だが再び浮き世に入った心地がした。


次92へ

a:693 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花