巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu92

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.9

今までの訪問者数643人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (九十二)

 私も踊り、ナイナも踊り、踊り楽しみ、面白さが最高潮になった頃、ナイナは愛の言葉を私の耳にささやき始めた。
 「ああ、うれしいこと。やっと貴方は本心から私を愛するようになりました。」と言う。私の様子はまさに愛に溺れたようだった。私は実に愛に溺れたのだ。

 燃えるような憎しみの心を抱きながらも、ナイナの愛に溺れないわけにはいかなかった。なにもかも今宵一夜、これがこの世の終わりと思うと、しばらく我が心に自由を与え、世の若い花婿と同じく愛の言葉を味わうのも別に不都合はないと思った。

 しかし、私も又ナイナの言葉に同調し「やっととは言え、初めから真実に愛したからこそ、この通り夫婦と言う間柄になったのです。」と口では言ったが、心では私自身、我が言葉が何の意味なのか理解できなかったほどだった。ナイナはうれしそうに低く笑い、

 「いいえ、初めから貴方は非常によそよそしくしていらっしゃったのですよ。それでもついにはよそよそしくしきれずに、熱心な恋人になるだろうと、それを私は待っていました。今夜という今夜は、本当に熱心さが見えましたから、私も張り合いが有るというものです。まさかの時には互いに命までも捨て合うというほどの愛にならなければ、夫婦というかいが有りませんもの。」と言い、はや私が彼女のために命も惜しまない恋の奴隷となり果ててしまったもののように思って、ますます私に迫り寄るので、私も一層彼女に密接すると、私の熱い吐く息は彼女の黄金の髪の毛をそよがせた。

 「おお、命まで捨てて、すでにお前のために一度死んで生まれ返ったのと同じことではないか。」と言い掛け、彼女が驚きはしないかと気づかって、早くも言葉を直しながら、「昨日までの老人が、今日は少年に生まれかわった気がする。」と言いつくろうと、彼女はますます喜んで、

 「なに、おっしゃるほどの老人では有りません。貴方の様子にはどことなく若々しいところが有ります。老人ならばこのようには踊れません。ちょうど私とは良い一対の夫婦です。もう、老人老人とおっしゃってくださいますな。」
 私がもし真実の老人ならばこの言葉を聞き、どれほど喜ぶか知れない。

 彼女は男を喜ばせる言葉を知っていて、折に触れて投じて、非常に巧みに用いるのは生まれついた妖婦の本性と言うべきか。思うに、彼女の向かう心中はまだ猫がねずみに向かうような気持ちなのだ。彼女のむさぼり食う欲心は満々だが、その貪り喰う前に十分翻弄(ほんろう)して、あるいは捕らえ、あるいは放し、そうして自分で楽しんでいるのだ。だが、私はねずみに似ず実は虎よりもっとどう猛な決心が有るのをどうするつもりだ。

 私と彼女は愛の言葉をさえずりながら、つむじ風のように踊っている一群の中に舞い込み、やがて音楽の音がしずしずと遅くなり、一段の終わりを告げるまで踊っていたが、、ナイナには更に一緒に踊りたいという申し込む紳士も多いので、私はナイナを人に渡し、第二の踊りが始まるのを見て、そっとこの部屋を抜け出した。

 実に私は愛と憎しみに心が疲れ、しばらく静かなところで休憩しなければ我が身が続かないのを感じた。ダンスホールを出て廊下を歩いて行くと、ダンスホールの雑踏に引き替えほとんど人の影も見えなかった。私に取っては生き返った思いがしたが、ただ物足りない気持ちがするのは従者瓶造の不在だった。

 このような時に彼がいたら必ず私の所に駆け寄って来て、何くれと無く気を付けて私の心をいくらか慰めてくれるだろうに、今はここにいない。私は心がふさいで宛もなく歩いていると、折しも通り合わしたボーイの一人が、私に向かって、「おお、つい今まで瓶造殿がいましたが、いや、何か御用なら私がいたしましょう。」と言う。私は怪しみながら、

 「つい今まで瓶造がここにいたとは、」「はい、彼は一度はここを離れましたが、船が出るまで、まだ時間があると言って帰ってきました。それからしばらくダンスホールにいて、貴方と夫人の踊るのを眺めていましたが、その内にもう時間が来たと言って、涙を浮かべて立ち去りました。」

 私はただ、「そうか」と言い、平気のふりで聞き流したが、彼が私のことを気づかい、少しばかりの出船の暇さえ使って、再び私の様子を見に帰ったかと思うと、私はこの世でただ一人の親友に別れた心地がして胸もますますふさがるばかりだった。

 およそ、一時間も過ぎたかと思う頃、気を取り直して再びダンスホールに入り、踊り疲れて腰を下ろしている紳士貴婦人たちから祝賀の言葉を受けながら、そこかしこと歩きまわっているうち、夜の十一時の鐘を聞いた。すわ、待ちに待った復讐の手始めの時、十二時には来客一同へ晩餐を饗するする予定なので、どうしてもその前にナイナをこの会場から復讐の場所に奪い去らなければならない。

 私は今更のように胸がとどろき、身がぶるぶる震えるのを押し静め、ナイナはどこにと見回すと、彼女は今しも踊りをやめ、まだこの次の踊りにはかからず、四,五人の貴婦人と対座して面白そうに話をしていた。私は良い時だとみて、まず、しずしずとその方に進んで行った。

 ああ、読者よ、巧妙に計画した大復讐が、これから始まるのを見よ。


次93へ

a:643 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花