巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu93

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.10

今までの訪問者数625人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (九十三)

 私がそろそろと寄って行くと、ナイナもちょうど話の切れ目になったと見え、立って貴人らのかたわらを離れ私の方に寄って来た。彼女は用事がありそうな私の顔色を見て近づいて来たのだ。

 私はそれとなく彼女を人のいない辺りに連れて行き、声をひそめて、「貴方は先日の約束を覚えていますか。」と聞くと、ナイナの顔色はたちまち晴れ渡り、「あれを忘れてどうしましょう。私は貴方がもしかしたら忘れているのではないかと思って、それで立って来たのです。」
 しめたと私は心で喜び、

 「では、もう、丁度良い時刻です。誰も知らない間にそっと抜け出して行きましょう。」
 「はい、行きましょう。どうぞ連れていってください。さあ、早く。」と猶予も無しにかえって私をせき立てるほどなのは、彼女は自分の身の破滅とも知らず、本当にこの約束の実行する時を待っていたと見える。

 欲深い彼女の心ではこれを待っていたのは無理もない。約束とは読者が知っているように私の隠してある宝物を見て、その中から自分が気に入った品をより分けて取ることと、私のむき出しの目を見るとの二つのことだ。

 私の目を見るだけならば、それほど待ちどおしく、じれたりはしないだろうが、宝物は、これを明日の旅に持って行って、パリの貴婦人達を驚かしてやろうと、前から彼女が心待ちに計画していたことなのだ。私は更にもったいを付けて、

 「宝物を隠して有るなどと毛ほども他人に知られては、後の用心が悪いから、ごくごく秘密に行かなければなりません。すぐと言ってもそうも行かないでしょう。今から二十分の時間を計り、裏口に忍び出れば、私が全ての準備をしてそこで待っていますから。」

 「はい、二十分」
 「だけれど、このままの服では寒いでしょう。」
 「いえ、この上に厚い防寒コートを掛けて行きます。ですが、よほど遠いのですか。」
 「そう遠くもないが。」
 「十二時には晩餐の接待が始まりますから。それまでには帰って来られましょうか。」
 「もちろんです。」

 ナイナはますます心が浮き、「婚礼の夜に大勢の人を待たせておき、夫婦忍んで宝物を見に行くなど、どうしても昔話です。その上、月も出ているでしょう。」
 「出ているようだ。」
 「ではですね。二十分には必ず行きます。今あそこにいる婦人たちとマズルカの踊りを約束してありますから、なるべくそれを早く済ませまして、」と言う。

 そもそもマズルカとはポーランドの踊りで、美人の美を示すことに、この踊り勝るものはないので、ナイナはこのような場合には、更に自分の美しさがますます衆に秀でていることを見せつけて置こうと思っているのだ。

 だが、私にとっては、結局幸いなことで、私にはまだ少し用事があって、この暇な間にやってしまおうとうなずき、ナイナに別れて急いでここを抜け出し、二階の自分の部屋に入って行った。ああ、今まで姿を変え、声を変え、様子を変えて偽(にせ)の人になっていた窮屈をようやく脱ぎ捨てる時が来たかと思うと、ほっと打ちくつろぐ息が先立った。

 これからわずか数分間の間に私は鏡に向かい、なるたけ我が偽の姿を捨て、もとのハピョ・ロウマナイに成り変わった。もとより、白い髪、白い髭はもとのハピョの通り黒くする方法はないが、手早くかみそりを取って、頬の髭、顎の髭をそり落とし、昔の通り鼻の下の八の字髭だけにし、長く掛けていたサングラスもはずしてみると、まつげの長く生えた下に、澄み渡る目の光は、確かに私の本来の目だった。

 特に、そのどこか稟(りん)とし、侵かすことのできない決心が見え、一念貫徹しないでは済まさない健児の顔つきが自ずから備わっていた。私の心は勇み立ち、鏡の前に身を引き延ばし、拳(こぶし)を握り、腕を振り、やがてまた手足を踏みならすと、体の具合は少しも悪い所はなく、これならば素手を持って大敵と戦うとも、それほど恐れる事はない。

 ましてや、彼女ナイナなどはひとねじりにねじり殺すのも難しいことではないと思ったが、用心に越したことはなく、更に手箱から取り出した匕首(あいくち)は音に聞こえたミラノ市の本鍛えで、私の復讐の一念が凝り固まったときから秘蔵してきた業物(わざもの))だ。その刃を根本から剣先まで撫(な))でてみると、手触りは霜よりも冷ややかで、ぞっと凄(すご))みが身に浸みる感じがした。

 これらの準備が終わって次に取りそろえたのは証拠品だ。これらも前からまとめていた物なので別に手間は要しなかったが、念のために調べて見たのだ。私が前に生きながら葬られた時、私と一緒に棺の中に納めてあったあの十字架を初め、その時私が身につけていた、私、妻、娘の写真入れ、およびこれにつながる金鎖があった。さらにナイナからギドウに送った何通もの不義の手紙、その他一つとして欠けるものはなかった。

 次に礼服を脱ぎ、私がハピョだった頃、常日頃に着ていた服に着替え、、また次には私が立ち去った後にこの部屋を訪ねても、どこに行き、何をしたのか少しも手がかりが残らないように、全ての品を片づけ、書き残しの物は全て焼き尽くし、宿の主人に形見として贈るべき品まで取りそろえ、もうこれ以上やり残したことはないと、再び鏡に向かうと、

 ハピョ、ハピョ、私は真にハピョだ。以前に親しく私を知っている人は、ただ白髪を怪しむことはあっても、誰がまた私がハピョであることを見てとらないことが有ろうか。私は満足してさらに防寒コートを着て、その衿を立て、剃りたての顎を隠し、目はしばらくまたサングラスに包み、帽子を目深に引き下ろし、裏口に出て行った。

 ナイナはすでにそこに来ているか否か。
 


次94へ

a:625 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花