巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu99

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.16

今までの訪問者数635人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

            (九十九)

 玉散るようなミラノ製の刃の光はひらめいてナイナの目の前にあった。言わなければこうなるよと身構えた私の剣幕のすさまじさには、不適な悪女も敵対できないと思ったのだろう。彼女はぶるぶる震えてたちまち平伏しながら、
 
 「許して、許して、殺すのだけは許してください。命以外はどんな責め苦でも仕方がありません。はい、申します、申します。貴方は本当のハピョです。夫ハピョ、今が今まで死んだ人だと思っていたハピョに違い有りません。」

 と大声で叫び、更に玉ぎるような泣き声で、
 「貴方は先刻も私を愛するおっしゃったではありませんか。なぜ、わざわざ私と結婚しました。結婚しなくても、もともと貴方は私の夫、私は貴方の妻、ああ、恐ろしい、二度の結婚。おお、分かりました。何もかも理解できました。何と言われても仕方がありませんが、命だけは、はい、まだ死ぬ年ではありません。お願いですからもうしばらく生かして置いて」とその卑怯未練な根性をさらけ出して私を拝むので、私は初めて少し満足し、短剣を鞘(さや)に納めてながら、

 「おお、いよいよ私がハピョだと納得が行けば何まだすぐには殺しはしない。お前のような心まで腐った女を手に掛けて殺すのは汚らわしい。生かして置いて、まだ言い聞かせる事があり、まだ責めることもある。これ、ナイナ、ハピョはイタリアの男子だけに魂がある。一寸の恨みにも仇を返えさずには置かないが、俗人のように一思いに殺してしまい、苦痛をその場限りに忘れさせるようなそんな手ぬるい復讐は大嫌いだ。言うだけのことを言い聞かせ、その後はこの墓倉に閉じこめて立ち去るのだ。」

 「ひえっ」
 「だまれ、この墓倉に閉じこめて置いてやるから、その後で生きようと、死のうと自分の勝手、それとも私がこの墓倉から出たように自分で逃れる道を捜して、再び浮き世に出るなら出ろ。その時にはそれなりの考えが私にはある。」と大裁判の宣告をまず落ち着いて言い渡すと、彼女は余りの恐ろしいその運命に驚いてか、今まで動く力もなく伏せていたその体をたちまち跳ね起こし、私の前に突っ立った。

 立つには立ったが、心既に平静さを失って、その体にそなわっていなかったので、踏む足も定まらず、そのままよろけてそばの壁にもたれかかり、息きも絶え絶えに喘(あえぐ)ぐばかり。私はこの様子を冷ややかに見て、

 「これ、ナイナ、死んだと思った夫ハピョがこの通り生き返り、お前の前に帰ったのに、恋しかったの一言も言わないのか。キスもしたくないか。うれしくないか。ハピョに別れた悲しさは今でも忘れられないと何度も笹田折葉を初め、世間の人に言ったではないか・・・・おお、これはどうしたことだ、余りのうれしさに言葉さえ出ないと見える。ではこの上に更に十分納得がゆくように、どれ、ゆっくりと今までの事を言い聞かそうか。」

 このように言って私はかたわらのあの破れた棺に腰を下ろし胸の怒りを撫(な)で静めながら、
 「これ、二重の妻ナイナ、お前の悪事は誰も知らないだろうと思っていようが、死んだお前の夫ハピョが良く知っている。ハピョはこの墓倉から逃れ出て、早くナイナに顔を見せて喜ばせたいと、自分の家に帰ったところ、主人と言う自分の役目、ナイナの夫と言う自分の場所は既に外の人がふさいでいた。その人は誰有ろう花里魏堂と言うハピョの第一の親友、第一の敵であった。」

 と言い始めると、ナイナはほとんど持たれた壁から倒れようとするほどよろめいたが、わずかにその体を支え、止めた。私はかまわず言葉を継ぎ、「いつもハピョが読書などする裏庭の小道でだった。ギドウはハピョの椅子にハピョのように腰を掛け、お前を自分の妻のように抱き、夫婦よりももっと親しい愛の言葉を交わしていた。」

 「お前はよもや忘れてはいないだろう。それがハピョの死んだと言う翌日の晩のことだ。死んだ夫に一夜さえ祈りも捧げず、早くも不義の男を引き込むとは余りに早過ぎるというものではないか。いや、それよりも、もっと早すぎることがある。お前はハピョと結婚して三ヶ月目で既にギドウと通じたことはお前も言い、ギドウも言った。」

 「木の陰に身を隠し、その楽しい言葉を聞いていたハピョの心はどんなだったと思う。その時ハピョが耐えかねて少し体を動かしたところ、お前は木の葉の音を恐れ、ここはハピョが愛した場所だから幽霊が出るかも知れないと恐ろしそうに振り向いたことを忘れはしないだろう。その時の幽霊はこういうハピョ、私だったのだ。」

 「私がハピョの幽霊だ。その場ですぐに現れ出て、姦夫姦婦に知らせてやろうかと思ったが、お前のような類のない悪人にはまた類のない復讐で無ければならないと私は決心して立ち去った。それからのこの苦しみ悩みは言わなくても分かるだろう。」

 「目をつぶされたら、その敵の目をつぶして恨みを返し、歯を抜かれたら歯を抜き返す、これが本当の復讐だから私はその考えを守り、ギドウが私からナイナを盗んだように私もギドウからナイナを盗み返し、ナイナが既に冷酷な偽りの妻であったように私もナイナに冷酷な偽りの夫になるつもりで、笹田折葉と姿を変え、ギドウの友達となり、お前の所に入り込んだところ、案ずるより産むがやすしと言う通り、私からお前に結婚を求めないうちに、お前の方から先に結婚を求めて来ることになった。」

 「それらのいきさつは私よりお前の方が良く知っているはず。こうして、とうとう二度目の結婚をしたからは、お前は全く私の品物、捨てようと、こわそうと、あるいは腐るまでこの墓倉に閉じこめて、私が受けただけの苦しみを受けさせようと、私の勝手というものだ。」と一々に言い聞かせると、彼女は何度か白くなり青くなり身も世もないほどに、我と我が身を苦しめ聞いていたが、最後になって自分の命を守るという人間どん底の考えに帰ったのか、目に一種の決心を現して来た。

 私の言葉の一句一句に少しずつ頭を上げ、そろりそろりと私の前を過ぎようとする様子は、虎のあぎと(あご)から逃げようとする狐にも似ていないか。ああ、彼女は逃げたいと思って、どれほどのことをしようとするのかと、私はたかをくくって知らない顔を見せ、心に復讐のうまみを味わいながら待っていると、私の言葉がようやく終わろうとする頃、彼女は必死の力を集め、あたかも飛燕の早さで一目散に墓倉の戸の方に走って行った。

 戸を押し開いて彼女は逃げ去ろうとの心なのだ。


次100へ



a:635 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花