巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

ikijigoku10

活地獄(いきじごく)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2018.5.10

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

     
      活地獄(一名大金の争ひ)    黒岩涙香 訳

      第十回 破産した上田銀行 

 短銃を前に置いて考え入るとは、容易な事では無い。上田栄三は柳條の姿に驚き、周章(あわただ)しく短銃を隠そうとしたが、隠すのは返って疑われる元であると思ったらしく、テーブルの端の方に推し寄せただけだった。敢(あえ)て其の上に帳面を被(かぶ)そうともしない。柳條は何となく其の短銃(ピストル)に見覚えのある心地がしたが、何時何所で見た者か更に思い出さない。

 其の中に栄三は今まで深く考へ込んでいた陰気な顔色を隠し、非常に機嫌好く、
 「アア好く来た、柳條君、今日は多分君が来るだろうと思って居た。
 柳「何うして私が来るだろうとお思いなさいました。夫れでは大方私の用向きの次第もお察しが附きましょう。」
と熱心に打ち問えば、栄三は非常に静かに、
 「そうだね、大抵推量が出来相だ。」

 此の返事は殆ど我を励ますかと疑われるばかりなので、柳條は今云わなければ云う時なしと、熱心の上に又も熱心を加え、
 「では私が兼ねてより瀬浪嬢を愛し、今日改めて嬢を我妻に貰い受けに参った事も御存知でしょう。」

 上「そうだな、今日は多分其の事で來たのだろうと思っていた。」
 柳條は早や事が全く成就した様に打ち喜び、声までも振るわせて、
 「ではもう速やかに此の願いを叶えて下さるので御座いましょうネ。」

 上田栄三は非常に真面目になり、
 「イヤそう早まり給うな。兼ねて君の気質を察すると、今時には珍しい若者で、私も瀬浪の為に婿夫(むこ)を選べば、何うか君の様な男が欲しいと思って居るけれども、此の婚礼は思ひ止まって貰わなければならない。何しても出来ない事だ。何うしても出来ない事だ。」

 柳條は宛(あたか)も百雷一時に我が頭に落ち来たった様に打ち驚き、
 「エエ此の婚礼が何故出来ません。」
 上「私はーー驚き給うな、--私はもう破産した身の上だ。」
 柳「エ、破産」
 上「そうだ、今までは銀行頭取と世に立てられて居たが、此の頃の打ち続く戦争の為め、金融社会に大波瀾が起こり、私は財産を摺(す)って仕舞った。今では銀行の店を仕舞い、財産保全をしても足りない程の事となった。」

 柳「破産位が何ですか。私は貴方の財産を望む者ではありません。瀬浪嬢を愛する者です。貴方の財産が何うなろうが、私の命のある間は瀬浪嬢を愛します。破産したから婚礼が出来ないとは、私の心を知らないと云う者です。」

 上「イヤ君の心は分かって居るけれども、私は明日から何して一家を支えれば好いか、夫れさえも分からない程の場合に迫って居る。」
 此の事から見れば、テーブルの上の短銃も栄三の決心を知るに足りる。

 柳「何の様な場合に迫ろうが、瀬浪嬢を私しへ下さるのには差し支えはありますまい。実はもっと前から此の事を言い出し度いと思っていましたが、唯貴方が銀行頭取の身分であり、何不足なく暮らして居る故、今言い出しては、財産に目を附けると思われはしないかと、夫れが辛くて控えて居りました。

 貴方が其の様に零落したのは、私の真心を見せる時です。貴方の銀行が潰れるなら、私の財産を投げ込んで引き直しましょう。私は僅かながら、父から譲られた財産を持っています。」

 此の熱心なる言葉には、上田栄三も痛く心を動かした様に深く溜息を発した末、
 「イヤ其の親切な言葉は有難い。私も初めから君がそう言って呉れるだろうとは思って居た。併し夫れでも未だ此の婚礼の出来ない訳がある。

 君は私の身の上を知らないだろうが、是は君を私の家へ連れて来て紹介した、町川義介さえ充分には知らない程だから、お前が知る筈はないーー君は世に言う中等社会の家に生まれ、貴族ではないけれど、先ず平民中の中以上である。所が私は其の身分が遥かに下り、平民中でも極々下等の家に生まれた。」

 柳條はここまで聞き、其の顔を差し延べて、人に上下の隔てなしとの事を云おうとすると、栄三は之れを推し止め、
 「先ず仕舞いまで聞きたまえ。私は下等の家に生まれても、今まで曲がった事をした覚えはないから、我が身の恥とは思わない。打ち明けて君にも話すが、私の父と云うのは聖(セント)・ニコラスの港で人足を勤め、は母大道で果物を売って居た。この様な父母だから、勿論私を学校に入れる事も出来ず、私は十二の時まで、ABCも知らない悪戯者(いたずらもの)であった。

 十二の時初めて銀行へ奉公に行き、勤めて居る中に革命の戦いが起こり、其の間に色々品物の値が上がり下がりをしたことに依り、安い物を買い入れて高い時に売り、意外な儲(もう)けばかり打ち続いて、私立銀行を開く迄の身の上となり、一頃は二百万フラン以上の財産も作ったが、今は又戦争の為に損ばかり打ち続き、世を渡れない事になった。

 夫れも好いとして、私の父は其の頃武士の跋扈(ばっこ)《のさばる》する時で、ニコラスの橋の上で少しの事から兵隊に切り殺され、母は又不幸にも或公園で貴族の乗って居る馬に蹴られ、大怪我が元となって間も無く冥界(あのよ)の人となった。夫れから此の方、私は貴族と言う者が大嫌いになり、国に貴族のない様にし度と思い、共和党に賛成する次第だが。」
と云い来たる言葉は、総て真心より湧き出でている。之を聞く柳條健児も我知らず拳を握り、

 「貴族を憎む事は勿論私しも同感です。」
と明確に言った。



次(第十一回)へ

a:9 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花