巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

ikijigoku12

活地獄(いきじごく)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2018.5.12

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

       活地獄(一名大金の争ひ)    黒岩涙香 訳

       第十二回 預け金は三十五万フラン  

 馬平侯爵が瀬浪嬢を望むと聞き、柳條は殆ど顔の色を変え、
 「それで貴方は承知したのですか。」
 上田栄三は落ち着いて、
 「ナニ私が承知する者か。承知しなければこそ、此の通り苦労するので、全体初めから侯爵の底意が分かって居れば、預かりはしないけれど、爾(そう)とは知らず預った後、三月も経って侯爵が瀬浪の事を言い出した。その時は早や此の銀行が傾き掛かり、それだけの金が調(ととの)わない仕儀になって居た。」

 柳「その後も侯爵は度々来ますか。」
 上「私が佶(き)っぱりと断ったけれど、未だ来る事は来るよ。併し私は唯金子の預け主と云う積りで、当たり前に持て遇(な)す丈で、初めから瀬浪の顔も見せない。聞けば何でも瀬浪が教会堂へ行く時に、折々来て居ると言う事だ。ナアニもう私の了見が極まったから心配する事はない。」

 柳「初めから心配は致しませんがーーー。」
 上「サア心配がなければ、是から又元の相談に返る事として、、第一侯爵から預かった金の高はーーー。」
と云って、茲(ここ)に初めて金額云おうとする折しも、廊下の外に、非常に優しい声して、

 「阿父(おとっ)さん入って好う御座いますか。」
と聞こえたが、声の下より静かに戸を開いて入って来たのは瀬浪嬢である。今年十九との事であるが、大事に育てられただけあって、婀娜(あどけ)ないその姿は、譬(たと)えるに物がない。嬢は柳條が茲(ここ)に居るのを知らない振りして、その儘(まま)父の身にすがり附き、

 「毎日十回宛(づつ)阿父さんの顔を見る事に決めているのに、今日は未だ四回しか見てませんよ。」
と云って、父の額に愛らしく喫(キス)をしようとする。栄三は静かに推し退け、
 「是れ、人様に挨拶もせずーー。」
と云われて嬢は、初めて気が附いた様に此方(こちら)に向き、

 「オヤ柳條さん、貴方とは知らず先ア何うしたら。」
と言い掛けて、ポッとその顔を赤くすれば、柳條も何とか云おうとしたが、言葉が容易に口に出て来ない。人と闘って臆することを知らない柳條であるが、我が愛する嬢の前では、後れを取る事が多いと見える。

 この様な折しも、又も軽く入口の戸を叩く者あり。三人一様に振り向けば、早や戸を開いて入って来た一人の紳士。丈高くして色白く、頬の当たりに立派な髭髯(ひげ)を置き、威風堂々として乱れないのは、是こそ馬平侯爵である。柳條は既にその顔を見知るのみか、前から貴族を憎む心が強く、更には此の人こそ我恋の敵と思うと、胸の中自ずから燃え上がり、鋭い眼付でその顔を睨み詰めた。

 侯爵は未だ柳條の顔を知らないが、此の所の有様で、是ぞ栄三の見立てに預かった婿夫(むこ)に違いないと見て取ったか、未だ栄三に挨拶もせず、同じくその顔を佶(きっ)と見詰める。此の儘(まま)に捨て置いたならば、二人は必ず攫(つか)み合うことにも至るに違いない。栄三はそうと見て、先ず嬢に向かい、

 「コレお前の居る所ではない。」
と云うと、嬢もその意を察してか、馬平侯爵には見向きもせず、ただ柳條の顔に意味あり気な眼を注ぎ、我が来た入口から匆々(そうそう)に出て去った。

 凡そ巴里の女ほど、眼を使うのに巧みなものはなく、幾百年来社交界で研(みが)き上げ、自ずと得た妙用の遺伝とは云え、人にその心を悟らしめるは、遥かに唖者の手真似(てまね)に勝(まさ)っている。今嬢が柳條に注いだ眼の意味は、貴方その様な馬鹿貴族と喧嘩なさるな。」
と云う如くである。

 柳條は之を見て心に歓び、侯爵は之を見て益々機嫌を損じたのは、二人とも好く美人の心を読むことが出来た者と云うべきか。栄三は非常に愛想ない言葉で、先ず侯爵に向かい、
 「お出でなさったのは、定めし何かの御用事でありましょうが、先ず是へお掛けなさって。」
と傍(かた)への椅子を差し出す。

 侯爵「イヤ別に用事でもないが、昨夜実は外国から帰ったものですから、旧来の交際を温め度く。」
 上「エ、旧来の交際、アノ預け金の一条ですか。アレはーーー。」
 侯爵「イヤその様な事業上の交際ではないけれど、私が今来たのは時が悪かったと云う者だ。瀬浪嬢まで挨拶もせずに立ち去った所を見れば。」
と十分に嫌味を含んだ言葉も、栄三は軽く受け、

 「イヤ嬢には金銭上の話を聞かせ度くありませんから、退けました。是に居るのは此度私の組合人となった男ですから、お構えなく御用の次第を伺いましょう。」
 侯爵「ナニ用事の何のと、その様な積りではないが。」
と云い掛けて又柳條を眺め、

 「アア是が組合人か。私は又爾(そう)とは知らずに。」
 曖昧なる此の一言は、深く柳條の癇癪に障ったので、柳條は横合いから、
 「私が茲(ここ)に居るのを邪魔だと仰(おっしゃ)るか。」
 侯爵「イヤ邪魔ではありません。」

 栄三は早く此の侯爵を追い遣ろうと思うので、
 「では私から申し上げます。兼ねてのお預け金は、来る九月の十一日が返済の期限で、私はその日を覚えて居ますから、御心配には及びません。」
 貴族の身として是ほどまでの冷遇を受け、何うして永居ができようぞ。

 侯爵はムッとした様子で、
 「宜しい、それでは九月の十一日に、必ず受取人を寄越しますから、その積りで。」
と言い捨てて荒々しく立ち去った。柳條はその後影を見て、

「失敬な奴だ。」
と呟くと、栄三は之を宥(なだ)め、先ず預かり金の方が済む迄仕方がない。彼を大目に見て置くサ。君は彼等の横柄なる挙動(ふるまい)を見て。定めし決闘して殺してしまいたいと思うだろうが、吾々愛国者が、彼等の腐った命と我々の貴重な命と取り替えるのは、愚の到りだ。国の為には何の様な手段を用いるも厭わないから、決闘は止して、匕首(あいくち)を用いるサ。匕首を。」

 匕首とは闇討ちの事なので、柳條は栄三の言葉と、先の夜聞いた秘密党大主領の言葉と、甚だ好く似ているのに驚き、思はずもその目を見張ったが、当時の共和党賛成者が、此の様な言葉を用いるのは珍しくは無い。

 とりわけ栄三は、以前から共和党中に於いても、熱心家と町川より聞いていたので、柳條も深くは怪しまない。しかしながら栄三自らも、我が言葉の過激なのに驚いたか、忽ち調子を柔らげて、
「併しその様な事は、何でも好いとして、扨(さ)て先刻言い掛けた預かり金の高は、元利合わせて三十五万法(フラン)《現在の日本円で約5億円》だがーー。」

 柳條は之を聞いて悸(ギョ)ッとしつ、
 「エ、三十五万フラン」
と思はず仰天の声を洩らすと、栄三は気の毒そうに、
 「イヤ、初めから此の高を言はずに話したのは、私が悪かった。是ほどの金高は、誰の手にも容易には間に合わないから、君が驚くのも無理はない、

 君の手に合ないと有体に言いたまえ。言ったとしても恥ではなく、又君の心は既に分かって居るから、私は有体に言って呉れるのを返って有難いと思うよ。」

 抑(そもそ)も柳條が父から受けた財産と云うのは、銀行に預けてある正金僅(わずか)かに六万法(フラン)と、年々千二百法の収納ある田舎の地面のみであるので、三十五万法の大金が、何の様にして我が手に負えるだろうか。だからと言って、その高を聞いた後で、出来ないとは云わはれもせず、

 「イヤ私は思ったより多いので驚いたが、ナニそれが出来ないと云う訳はありません。二カ月の猶予が有りますから、その中に田舎の地面を売れば。」
 上「でも此の不景気で地面も中々売れ難(に)くいて。」

 柳「ナニ郷里の近村(となりむら)に、前から私の地面を所望して居る大家がありますから。」
と事もなさそうにその場を言い繕ったので、栄三は柳條の財産を知らないので、果ては此の言葉を充分な者と思い、更に様々と後の事などを相談し、日の暮れ前に柳條は分かれを告げた。


参考

何を基準にするかによって当時の1フランの日本円の値は大きく異なる。

注;19世紀後半(1850年から1900年)の1フランと現在の日本円 (金貨からの換算)

2018年7月10日の金1gの値段=4,897円(田中金属工業)

当時の金貨1フラン当たりは322.58mg(金貨)

金貨の品位900

これ等より

1フランの値段=0.32258g×0.9×4897円=1421.7円

19世紀の200万フラン=現在の日本円換算200万フラン×1421.7円=28.4億円

35万フラン=5億円



次(第十三回)へ

a:44 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花