巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

ikijigoku15

活地獄(いきじごく)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2018.5.15

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

 

     活地獄(一名大金の争ひ)    黒岩涙香 訳

     第十五回 決闘の申し込み 

 栗山角三との話しが将(まさ)に佳境に入らんとする折しも、英国士官からその肩を叩かれたので、柳條は振り向いて、
 「貴方は何の用事ですか。」
 英国士官「イヤ私し自身の用事ではないが、独逸(ドイツ)士官が貴方に話し度いと云う事です。」

 扨(さ)ては彼の片目の士官、我が言葉を理解しない様に構えて居たが、実は一々聞き取っていて、歌牌(歌留多)の勝負が終わるのを待ち、我が後を追って来た者か。我れ何で彼を恐れるものか。
 「宜しい、その話しを聞きましょう。彼の士官は何所に居ますか。」

 英「アレ向こうの樹の影に私の友人と共に待って居ます。」
と指さす方を眺めると、成る程、二個(ふたり)の人影あり。夜目にもそれと分かったので、
 「サア、参りましょう。」
と云って柳條は踏み出そうとすると、角三は今柳條を放しては一大事、士官と士官の争いならば、必ず無事には治まらない。若し誤って柳條を死なせる事があっては、我が大金と共に死んでしまう。

 周章(あわただ)しく柳條を引き留めて、
 「イヤ少し待って貰おう。猶(ま)だ話す事がある。実は今云う遺言書と古澤中佐の死亡証書を、お前に渡すから、その代わりお前から愈々(いよいよ)財産相続の上は、百万法(フラン)を私に渡すと云う証書を、一通差し入れて貰わなければ。」
と云ったが、柳條は早や眼が眩(くら)み、

 「今はその様なことを聞いては居られない。」
と振り放して立ち去った。老人は情けない声を出し、
 「今時の若い者は是だから誠に困る。若し決闘でも始めては大変だが、何でもアノ柳條を見失わない様、ここから斯うして見張って居よう。」
と云いながら、遠見に立ち柳條の様子を眺めて居た。

 さて柳條は英国士官に従って彼方の木蔭に進んで行くと、片目片腕の独逸士官は徐々(静々)と出て来て、
 「貴方は歌留多室に於いて、大勢の前で私を辱めましたな。」
と云う。その言葉は立派な仏国語(フランス語)で、独逸人の中では充分語学を修めた人と察せられる。

 「オヤ貴方はそれほど言葉が分かる癖に、私が口を開いた時、通じない振りをして居たのは、故(わざ)と私に罵(ののし)られる積りであったのでしょう。」
 独逸士官「貴方を充分苛立たせて負けさせる為でした。」
と失敬にも言い切った。

 柳「負けさせる為であったら、今又斯(こ)うして私を呼びに来たのは何故です。」
 独「先刻の無礼な言葉に対し、敵(かたき)を討ち度いと思いまして。」
 柳「フム、敵(かたき)を是は可笑しい。再び歌留多室へ帰って勝負しろと云うのですか。」

 独「イヤ貴方の嚢中(のうちゅう)が既に尽きた事を知って居るから爾(そう)は云いません。決闘を挑むのです。」
 柳條は愕然と驚いて、貴方と私と決闘が出来ますものか。」
 独「その故は」
 柳「問はずとも知れて居ます。貴方は片目片腕で誰に見せても立派な身体障碍者です。五体満足に揃って居る此の柳條が、身体障碍者と決闘しては道徳及び法律の罪人です。」

 独「などとその実私を恐れるので。」
 柳「ナニ貴方を――恐れはしないが此の仏国(フランス)では、身体障碍者と決闘する者は独りもありません。」
 独「恐れないならば決闘しましょう。障害者でも障害者でなくても、名誉を重んずることは同じ事です。私は士官です。貴方も元士官だと聞きました。障害者を相手にするのが厭とならば、貴方も自分の身体を私と同じ様にすれば宜しい。」

 柳「ナニ貴方と同じ様に、それでは片目を繰抜き片手を切り落とし、同じ障害者となった上で決闘しろと云うのですな。私は独逸の士官を殺した事は幾度もあり、此の後とも益々殺し度いと思いますが、自分の身を障害者に仕様とは思いません。両手両目を生かして置いて、此の後障害者でない独逸人と闘かわなければなりません。」

 独「それは卑怯な口実です。何も片眼片手を無くするには及ばない事、布を以て片目を隠し、片腕を動かさない様に縛って置けば、夫れで宜しい。」
 柳「でも貴方は生まれ附きの目っかちでしょう。私は今急に片目を隠せば見当が附きません。」
 独「ナニ貴方でも、鉄砲を撃つには片目を閉じて狙いましょう。見当の附かない事はありません。其の様な言い立ては益々卑怯です。」

 卑怯と言われて逡巡(しりごみ)する柳條ではないが、何分にも此の身体障害者の士官を相手にする気はない。
 柳「ナニ私が決闘を恐れない事は、今迄の履歴で分かって居ます。貴方と決闘を拒むのは当たり前の事柄です。障害者だから助けて呉と云えば助けて遣りますが、決闘しろと云っては断ります。」

 独逸士官は少し言葉を荒くして、それほど障害者に対して義理があるなら、何故に此の片輪者を満座の中で辱めました。歌留多室での貴方の言葉は、障害者に対して発すべき言葉ではありません。それが今更、障害者だから決闘しないと云うのは、言い抜けにも程があります。」

 茲(ここ)に至たっては、柳條も言い争うべき言葉が無い。
 「宜しい、それでは異存を言いますまい。片目を隠し片腕を縛って、闘うのは飽くまでも不適当な決闘と思いますけれど、此の判断は唯是なる二人の英国士官に任せましょう。」
と云うと、二人の士官は口を揃えて、我々は初めから適当なる決闘と思います。今夜の中に闘って、独逸士官を満足させるのが、貴方の義務と云う者でしょう。」

 柳「宜しい、シテその武器は」
 独「私は此の通りの身体で、長釼(さーべる)を持つことが出来ないから、小刀(ナイフ)で切り合う事にしましょう。小刀でも長く戦う中には、終に何方(どちら)か死んで仕舞います。」
 柳「では一方が死に切るまで闘いますか。」
 独「勿論です。」

 アア片目を隠し片腕を縛り上げ、小刀(ナイフ)を以て死ぬまで切り合おうとする。世に斯(こ)れほど恐ろしい決闘はあるだろうか。



次(第十六回)へ

a:53 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花