巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

ikijigoku21

活地獄(いきじごく)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2018.5.21

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

      

     活地獄(一名大金の争ひ)    黒岩涙香 訳

     第二十一回 怪しい男 

 栗山角三は、頓(やが)て非役陸軍士官の身姿(みなり)に、扮装し終わった。その服は平服であるが、流石に昔探偵の名人と云われただけあって、誰の目にも偽士官とは思われない。近所の人に見られても、面白くないので、夜の明けないうちに家を出て、其所彼所(そこかしこ)と散歩する中、漸(ようや)く七時半頃となったので、徐々(そろそろ)と中央郵便局の待合所へと入って行くと、此の頃は戦争の為め、人々は自分の住居が定まらない時だったので、郵便局留め置きの手紙を受け取りに来る事が多く、それに未だ事務を始め前のため、十余人もここに集まった。

 その中に二人だけ女も見えたが、角三は一目でその女が今井兼女では無いのを知った。稍々(やや)あって、八時になると入って来る人が益々多くなり、その中には女も少なくない。角三は受付の横手に陣を取り、一人も見逃すものかと、油断なく見張るうち、早や九時を過ぎ、九時半に垂(なんなん)としたが、今井兼女は今もって来ないのは何故だろう。

 都合があって、今日は見合わせとしたのだろうか。エンフア街に籠込(とじこめ)てある柳條が事も気に掛かるので、昼まで待って来ない時は、明日また改めて来る外はないと、この様に思案を定めてから、又も二十分ほど経った頃、手を引き合って入って来る一組の男女があった。

 女は年二十二、三くらいで、男は二十一、二の若者である。今井兼女は、必ず四十以上の女なので、此の女で無い事は必然だが、之に従がっている若者が、一直線に受付口を見る様子で、キョロキョロと我が方を見る様が怪しかったので、探偵の癖として私(ひそか)に此の二人に眼を注ぐと、男は女に手を引かれるのを、恥ずかしいと思う様に手を振り放して、独り隅の方の椅子に腰を掛け、首を垂れて自分の足許を眺め詰めるばかりだった。

 女は酒々(しゃあしゃあ)として受付所に進み出、事務員に向かって、
 「今日は未だ、私へ宛てた手紙は来て居ませんか。」
と問う。事務員は首を出して、
 「私では分からん。名前は何と云う。」
 女「今井兼女と云うのです。」

 今井兼女と聞くやいなや、角三は飛び上がり、女の顔を充分に眺めると、初め我が見て取った様に、僅(わず)かに二十歳を越えたばかりで、真の今井兼女では無い。それにその身形(みなり)を察すれば、何所かの店にか雇われて、内職にその日を送る、浮わついた御転婆者(おてんば)である。

 それにしても今井兼女が、手紙を求めるのは何故であろうか。扨(さ)ては此の女、真の今井兼女に頼まれ、兼女の代理となって来た者に相違ない。そうだとすれば、此の女の後を尾(つ)けて行けば、自ずと兼女の居所も分かる筈である。

 角三は少しの間にこの様に思案を定め、更に女の方を眺めて見て居ると、事務員は彼是(あれこれ)と郵便箱を探した末、
 「イヤ今井兼女へ宛てた手紙は未だ来て居ない。」
 女「今井の「い」の部を探さずに、念の為「兼」の「か」の部を探して下さい。」

 事「イヤそれも早や探したけれど、未だ来て居ない。」
 女は大きな声で、
 「オヤオヤ昨日も無駄足して、今日も又無駄足か。それではまた明日来ますから、大事にして取って置いてお呉(くん)なさいよ。」
と云いながら、連れの男の方に行き、何やら囁(ささや)いた末、又も手を取って立ち去ろうとする。

 角三は、合点の行かない所も無いでは無いが、兎も角もこの女を尾行して行く外はないと、続いて郵便局を出て見ると、二人は早や十間ほど先に在った。女は頻(しき)りに男に向かって話し掛けて居たが、男はこの様な女と共に歩むのも五月蝿いと云う風で、女の言葉に返事もせず、知らぬ顔で傍(わき)を向いた。

 この様に親密でもない男が、何故女に従って来たのだろう。是も疑いの種であるが、偶々(たまたま)道で出逢ったまま、断り切れずに連れ立って来た者と思えば、怪しむにも足らず。しかしながら唯怪しいのは、男の歩み方だ。

 前からその姿を見た時は、二十一、二の小男と思われたのに、今は背後から見て見ると、彼れは決して小男では無い。充分背が高い男であるのに、殊更(ことさら)に首を縮(ちぢ)め、胴を縮めて小男の様に見せ掛けて居る様だ。

 その足の踏み方も、自然の踏み方では無い。窮屈な想いをして、小男の歩みを真似して居るのだ。怪しめば怪しむだけ、益々怪しく、道を一角曲がる度に、彼の背丈は次第に延び、十余町《1kmちょっと》行った頃は、伸び切って五尺六、七寸《170センチから173センチ》の男になった。

 角三は、我心の迷いではないかと、眼を開いて眺めたが、全く迷いでは無い。初め郵便局に入って来た時の姿とは、全くの別人の様であり、油断のならない男に違いないと、之から一層気を〆て進むうち、二人は或町の手袋屋の前に至った。

 ここで女は男に分かれ、その店に入ったので、買い物の為であるかと思ったが、そうでは無かった。この店に雇われて、手袋を製する女工の一人と見え、一方の椅子に腰を下ろし、外の女工と親しそうに話しを始めた。その様子を見れば、非常なお多弁(しゃべ)りである。

 今井兼女は、非常に用心深い女と思って居たのに、この様な口軽い少女に、大事を頼むのは何故だろう。それとも今井兼女が頼んだのは、彼の男の方で、この女は唯彼(あ)の男に、従(つい)て行った迄なのだろうか。

 角三はここに至って、殆ど思案に迷った。女か男か、何方(どちら)が兼女の代人なのだろうか。兎に角も女はこの店の雇人に相違ないので、何時でも捕らえる事が出来る。是からは男の方を尾けて行くのが好さそうだと、その店の番地を充分に呑み込み、更に男の方を見ると、男は早や半町(約50m)ほど先に在った。

 一方の店先に立ち、頻(しき)りと又女工を戯(からか)う様子なのは、我れに後を尾(つ)けられて居ることを知らないのだろうか。それとも既にそれと悟り、横に向いて女に戯(からかわ)れる振りをして、その実、我が方を偸(ぬす)み見て居るのだろうか。

 何方(どちら)にしても、素性の分からない男であると、角三は呟(つぶや)きながら追って行った。



次(第二十二回)へ

a:62 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花