巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

ikijigoku23

活地獄(いきじごく)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2018.5.23

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

 

   活地獄(一名大金の争ひ)    黒岩涙香 訳

   第二十三回  共和党員に救われた角三

 偽士官栗山角三は怪しい男の計略に落ち、今や王権党の士官等に取り囲まれ、唯一打ちに打ち殺される寸前となった。多勢に無勢叶(かな)う方法はない。此の時幸いにも群衆の中に交じって居た非役士官の一人は、角三を真の共和党であると思ったか、それ打たせてなる者かと矢庭に王権党の人々を押し払い、角三の身体を引き攫(さら)って、一生懸命逃げ出した。

 この人、もし角三を探偵だと知れば、容赦なく大地に投げ附けるかも知れないけれど、唯角三の扮出(いでたち)《扮装》が真に迫って居たのだ。天晴な我が党員を救っている事と思い、必死の力を出したのだ。角三は引攫(さら)われ乍らも、万が一にも我が本性を現してはならずと、

 「コレ同僚、何が怖い事があるものか。離して呉れ。俺(おれ)は王権党の奴等を相手にして闘うよ。多勢に無勢だって構う者か。その中の一人を殺しさえすれば好い。」
と口ばかり立派な事を唱えると、士官は益々偽士官の勇気に感じ、走りながらも、

 「ナニ同僚、今彼等を相手にする時ではない。逃げられるだけ逃げ延びて、他日の再挙を計るのが肝腎。それまでは先ず虫を殺して彼等の跋扈(ばっこ)を許して置くさ。今逃げるのは恥にはならない。」
とまっしぐらに公園を飛び出して、漸(ようや)く王権党が追って来れない所に出た。

 士官は非常に力量の強い人と見え、ここで初めて角三を下ろし、
 「イヤ少しの事に平生の気質を現し、天子を殺せなどと云ったから、飛んでも無い禍いを起こしたのです。お互いに再挙の時までは何よりも身を大切に。」
とこの様に云い捨て立ち去った。

 角三は発っと息をし、
 「アア是で漸(やっ)と助かった。非役士官の姿をしたから、王権党の怒りを受け、反って又その姿の為に共和党から救われた。一時は随分殺されるかと心配したが、事なく済んだのは有難い。オオ爾(そう)だ、爾(そう)だ、もうポード街の酒屋には探偵小根里が待って居るだろう。

 初めに目を附けて居た怪しい男も、今の騒ぎで何所かへ見えなくなって仕舞った。又現れると面倒だ。ドレ早く行こう。」
と、今迄とは反対で、我が身が彼の男から隠れようとする心を起こし、通り掛かる馬車を呼び、之に飛び乗り直ぐにポード街へと至り、見れば約束した酒屋の中に、彼の小根里は唯独り、人待ち顔に控えて居た。

 角「オオ良く待って居て呉れた。俺はもう何うも痛い目に逢う所だった。」
と言い掛けて四辺(あたり)を見廻したが、此の時隣のテーブルに凭(もた)れ、見ず知らずの他人が居眠るのを認めたので、角三は忽(たちま)ち気附いて我が声を止めた。小根里はそれを悟り、

 「ナニ長官、(栗山を長官と呼ぶ)遠慮には及びません。毎(いつ)も眠っている癖ですから、何事でも思う存分話しなさい。何と云ったても、聞かれる事は有りません。それにネ。ソノ客は此の店で度々逢いますが、全くの聾(つんぼ)です。大砲の音でも聞こえない程です。

 聾(ろう)ですので、何の遠慮にも及ばない事です。」
 しかしながら角三は、自分の偽り多い心に比べてみて、その男も又偽聾(つんぼ)ではないかと思い、失礼にも直ぐにその人を揺り起こして、
 「貴方何うか此の読み掛けの新聞をお貸し下さい。」
と云うのに、聾は周章(あわて)て目を覚まし、
 「ナニ私はもう何も食べません。」
と答えた。

 さては真実の聾であって、新聞を貸せと云ったのを、食事を進められた事と推量したのに違いない。此の様子を見て、この店の給仕《ボーイ》は走せ附けて来て、角三に打ち向かって、
 「了(い)けませんよ旦那。この方は丸切り耳が聞こえませんから、何うかお構いなく。」

 角「イヤ構いはしないが、此の店の久しい馴染みででもあるのか。」
 小使「ナニ久しいお馴染みでは、ありませんけれど、此の頃は毎日の様に入らっしゃいます。」
と答えた。小根里も尾に附いて、
 「ナニ是は門苫取(モンマルトル)街の角にある食品店の主人です。何でも彼の辺りを通る時に、しばしば見掛けます。そうそう、苗字は確か町川とか云ったっけ。」

 給仕「そうです。町川と仰(おっしゃ)います。」
 町川とは即ち、先に老白狐を生き埋めにした時、柳條と分かれた人だが、角三は素より之を知らない。唯此の人が聾(ろう)だと云うのを幸いに、漸く安心し、是より一瓶の酒を命じ、小根里と共に酌交(くみか)わしながら、

 角「時に先刻の男は実に怪しい奴だ。巧みに背丈を延縮めして姿を変え、それに此の俺を、公園の群衆の中へ追い込んで、酷(ひど)い目に合そうとした。全体彼奴は何者だろう。」
 小根里も眉を顰(ひそ)めながら、

 「サアそれは充分に分かりません。何でも私の考えでは、総理大臣が自身で使って居る国事探偵に相違ありません。何故と云うと、私も昨日貴方の様に、彼奴(きゃつ)の後を尾けて居ると、彼奴振り戻って来て、すれ違い様に私の耳傍で、
「コレ三十一号俺の後を尾けても無益だぜ。」
と云いました。

 三十一号とは探偵長が私へ渡してある鑑札の番号です。総理大臣直接の国事探偵でなくては、知って居る筈がありません。」
 角「フムそれは益々気味の悪い奴だ。併し彼奴が、アノ年の若い女の伴をして、郵便局へ今井兼女の手紙を取りに行くのが不審だな。俺は男よりも女の方に目を附けるのが一層近道かとも思うが。」

 小「ナニ其の様な事は有りません。アノ女はお猿と云い、五年も前から手袋店の女工ですから、アノ女が自分で今井兼女に化けるなどと云う事は決してなく、手紙を望むのは全く彼ですけれど、彼は男の悲しさに、私が今井兼女ですと云って出る事は出来ず、それに依ってお猿を欺(騙)して連れて行くのです。」

 角「俺もそうだろうと思うけれども、実に分から無いのは何故彼が兼女の手紙を欲しがるか。又何うして兼女へ来るべき手紙のあることを知ったか。何も不審でならない。」
 小「それは私には分かりません。私は未だ今井兼女が、何者かそれさえも貴方から聞いた事がありませんもの。」

 角「そうだな。併しナニ、その様な事は知らせるには及ばない。この不審は追々に俺が探り極める。」
 俺が探り極めるなどと、口には軽々と言い出したが、国事探偵と知ってからは、益々彼が手に負いないのを恐れ、且(か)つは彼が如何にして兼女の事を知り、如何にしてその手紙を得ようとするのだろうか。

 角三は種々に考えた末、終に又一種の疑いが生じたと見え、ヨシヨシと頷(うなず)きながら、小根里を引き連れて帰り去った。二人が帰った後で、彼の聾者も目を覚まし、
 「フム可笑しな事を云ったぞ。国事探偵だの今井兼女だのと、俺には少しも分からないが。」
と是も又呟(つぶや)きながら立ち去った。



次(第二十四回)へ

a:14 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花