巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

ikijigoku27

活地獄(いきじごく)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2018.5.27

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

 

   活地獄(一名大金の争ひ)    黒岩涙香 訳

   第二十七回 引き込まれた伊蘇譜(イソップ) 

 乞食の子供が差し出だした紙切れは、正しく柳條健児より我が身に送った手紙である。柳條、今何所(いずく)に在るか。何故に自ら来たらずして、乞食の児に手紙を托したのか、瀬浪嬢はそれ等の事を考える暇もなく、轟く胸を推し鎮めて手紙の文を読み下した。

 「嬢よ、私は既に御身の父に見捨てられました。今まで既に三度まで御身の父に委細の事を言い送ったのに、御身の父は私を見捨てたのか、一片の返事もありません。」
 さては我が父、柳條より三度も手紙を受けながら、その返事をせぬのみか。私にまでその事を隠して居たのか。

 「嬢よ、私が行いは実に過(あやま)っていました。分に余る大金を得んが為、兼ねがね止められていた歌留多室に入って行って、終(つい)にこの様な難儀を仕出かした事は、返す返すも言い訳のしようがありません。御身の父が立腹して、私を見捨てるのも無理はありません。しかしながら私は、我心に問いて恥ずる事はありません。此の上は唯御身に訴えて、御身の心を問う外はありません。

 御身も早や既に父と同じく、この柳條を見捨てましたか。御身にまで見捨てられたならば、私は最早や望みもありません。何を頼みに生き存(ながら)えましょう。嬢よ、私は今から三日の間、御身の返事を待ちます。三日の中に返事がなければ、御身も又父と同じく、私を見捨てた者と思い、私は全く断念(あきら)めましょう。

 断念(あきら)めて、このまま寝床の中に死するだけです。嬢よ、御身は私を許しますか。否(いや)、私のこの度の行いは実に悪い。御身もし許さないとならば、私はこの世に望みの無い人です。この世に命なき人となりましょう。もし又御身が私のこの度の行いを許すとならば、私は再び御身に逢い、共々に御身の父に詫びるのを楽しみとし、この命を取り留めましょう。

 嬢よ、私の罪を許せ。父と同じく私を失望の谷底に落とさないでください。嬢よ、私はこの手紙が、必ず御身の手許に届くことを知っています。今から三日の間、一日千秋の想いで御身の愛深き返事を待ちます。
                  健児より瀬浪嬢へ 
  」
 是だけで手紙は終わった。何時何所から出した者か日付もなし。町所もなし。察するに町所は、是まで父に送ったと云うその手紙に記してあって、私が既に知って居る事と思って居るのに違いない。父がその事を私に告げないのは何故だろう。理由は知らないが、一度決心した事は、飽くまで変えない父の気質、必ず仔細の有るのに違いない。町所はこの子供に問えば分かるだろうと、

 「お前は誰に此の手紙を頼まれた。」
 子「頼まれたりは致しません。拾いました。」
 嬢「ナニ拾ったと」
 子「ハイ、ここから三十町(3km)も離れて居ますが、昨夜その町を通って居ると、この紙切れを石に巻き付け、高い塀の中から投げました。ナンでも私の足音を聞いて投げたのですから、私に拾えと云う事だろうと思って拾い上げて見ますると、この紙切れの外に未だもう一つ紙切れがありました。」

 嬢「ドレもう一つの紙切れとは。」
 子「是です。」
と差し出すのを受け取り読むと、
 「誰」でもこの手紙を拾った人は、宛名の所までお届け下され度い。尤も他人の手に落ちては困りますので、必ず当人へ御渡しの程お願い申し上げます。後に充分にお礼致したいと存じます。」
とあり。

 是で見れば、柳條は何所にか閉じ込められて、自由に手紙を出す事さえ出来ない身となっているのに相違なく、それに手紙の文中に、
 「このまま寝床にて。」
とあるをの見れば、怪我か病の為、打ち臥せているのに相違ない。是だけ分かったのは何よりの幸いであるが、分かった後で何うして打ち捨てて置かれよう。直ぐに我が家に馳せ帰り、父に相談した上で救い出す工夫をしようか。

 イヤイヤ父は三度まで手紙を受けて返事しないとの事だから、相談して返ってことを駄目にするかも知れない。それに又手紙に三日の間とあり、日附けがないので、何時出した者なのか分からない。今日が早や三日目なるかもしれない。そうだとすれば一刻の猶予も出来ないと、嬢は少しの間に思案を定め、又も件(くだん)の子供に向かって、
 
 「シテ此の手紙を拾った町は。」
 子「エンファと云う寂しい町です。」
 嬢「私を其所まで連れて行ってお呉れ。」
 子供は嬢の熱心に驚いた様子で、
 「直ぐにですか。」
と問い返したが、嬢は、
 
 「ハイ直ぐに」
と間も置かず答える言葉に、
 「それでは私に付いて入らっしゃい。」
と先に立って歩きだした。嬢は続いて歩きながら、子供の身の上を問うと、この子は捨て子で養育院に育てられたので、父も知らず母も知らない。

 一昨年十才で或学校教師の家に住み込み、小使いを勤めながら、その人から読み書きを教えられ、伊蘇譜(イソップ)と云う奇妙な名まで貰ったが、今は其の教師が死んだ為、人の情けで世を送って居るとの事なので、嬢は不憫の情を催おし、

 「好し好し、今日から私が不自由なく養ってて遣るから。」
と云うと、子供心に深くその恩に感じた者の様だ。この様にして行く事数百mにして、終にエンフア街に達し、伊蘇譜(イソップ)は其所此所(そこここ)眺めた末、古い高塀の傍に足を留め、

 「確かにこの塀の中から投げたのです。」
 ここと分かったが何うしよう。事に慣れて居ない少女なので、空しく辺りを見廻すばかり。塀の尽きる所に、非常に古い二階作りの家があるが、住んで居る人が居るのか如何か。入口の戸をまで鎖(とざ)し、叩き問う方法もない。

 この辺りは、一帯に静かな所で、往来の人さえ見えないので、嬢は殆ど思案に余り、翔(つばさ)あれば、この塀を一越えに飛び越すのにと、恨めしそうに佇(たたず)む折しも、今見た二階屋の入口から、戸を開いて徐(おもむろ)に現れて来た老人があった。

 藍色の稍々(やや)褪(さ)めた上着を着て、竹の杖を下げた様は、何う見ても豊かに暮らす隠居である。嬢は地獄で仏の思いがして、足早やにその傍に進み寄って、
 「もしこの内に若い男の方がお居(いで)では無いでしょうか。」
 老人は嬢の顔を充分に眺め、

 「唯若い男では分からないが。」
 嬢「アノ陸軍士官で怪我ーーですか病気ですか―――寝床に就いて居る。」
 老人はぶっきらぼうな調子で、
 「怪我か病気か何方(どっち)だ。」
 嬢「多分怪我かと思います。」

 老「フム陸軍士官なら決闘ででも怪我したのか。」
 嬢「それは何うですか。今は非役の身の上で」
 老「名前は何と云う。」
 名前まで云うのは好ましくは無いが、ここに至っては云わない訳にも行き難く、
 「ハイ柳條健児と申します。」

 老人は直ぐに返事をせず、嬢の頭の上から足の先まで眺め終わって、
 「イヤ私は直ぐ其所(そこ)に住むけれど、この家の者ではないから、この家の事は少しも知らない。実はこの庭の番人に野菜の種を買いに行って、今出て来たのじゃ。この家の入口へ行って問うが好かろう。」
と云い捨てて立ち去りながら、塀に添った露路の中へと入り去った。

 この老人は何者だろう。それは読者の推量に任せて置き、嬢は老人の言葉に従い、件(くだ)んの入口へと進み行こうとすると、伊蘇譜は之を留め、
 「お待ちなさい。私が問うて来ましょう。今の老人は何だか目の色が恐ろしい様ですから、若し貴女に間違いがあっては了(い)けません。」
と宛も我が主人を保護する様に、先に立って走って行ったので、嬢はその親切に感心し、こちらの方から見て居ると、伊蘇譜が入口の戸を叩くと同時(ひとし)く、内より応と答えて少しばかり戸を開くと見えたが、忽ちその隙間から、非常に荒ら荒らしい手を差し延べ、伊蘇譜の襟髪(えりがみ)を引き掴(つか)んで、軽々と釣り上げながら、苦もなく戸の内に引き入れて、元の様に戸を卸(おろ)した。

 伊蘇譜の姿は全く見えなくなった。嬢の驚きはどれ程だったことか。



次(第二十八回)へ

a:46 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花