巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

ikijigoku30

活地獄(いきじごく)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2018.5.30

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

 

   活地獄(一名大金の争ひ)    黒岩涙香 訳

   第三十回 角三の家を出る柳條  

 柳條の足の前に落ちて来たのは、正(まさ)しく是れ文礫(ふみつぶて)である。先に柳條が瀬浪嬢に宛てて送ったその返事に相違ない。柳條はそれと見て、拾い上げようとする栗山角三を突き飛ばし、自ら先に拾い上げ、皺(しわ)を延して一目見ると、正しく是れは瀬浪嬢の自筆である。

 角三は柳條が礫(つぶて)を以って手紙の遣り取りをしようとは、思いも寄らなかったので、怪しみながら差し寄って、
 「エ、それは何ですか。エ、その紙切れは。」
と問う。柳條は後目(しりめ)に掛けて佶(き)ッと白眼(にら)み、見れば分かりましょう。是は手紙です。私へ宛てたーーー。」

角「エ手紙ですか。佶(き)っと国事探偵か何かの計略で、貴方を外へ誘き出す為ですよ。」
 柳「ナニその様な事がある者か。」
 角「イエない事はありません。それは読まずに捨てて仕舞うのが一番です。」

 柳條は又も鋭い眼で角三を睨み詰め、
 「読むも捨てるも私の勝手です。」
と取り合う景色も見えない。角三は何様我が為に一大事と思えば、アタフタしながら柳條の顔色を伺って居ると、一たびは嬉しさに堪えない様に、次は又驚いた様に、最後には立腹の体を現わした。

 アア柳條は何を立腹しているのだろう。角三の心配は並大抵でない。稍々(やや)あって、柳條は読み終わり、火っと怒って角三に打ち向かい言葉さえ荒ら荒らしく、
 「コレ貴方は私の出した手紙を何うなされた。」

 角「エ貴方の手紙とは」
 柳「お仮忘(とぼ)けなさるな。私が上田栄三に宛て差し出した三通の手紙です。郵便ではその筋で開封の恐れがあるから、下僕杢助に持たせて遣ると、仰(おっしゃ)ったじゃありませんか。」

 角「アア彼は全く届けました。」
 柳「又その様な偽りを」
 角「イヤ偽りではありません。」
 柳「ナニ偽りです。何したかサア白状なさい。」

 角「白状にも私の知った事でありません。念の為杢助に問うて見ましょう。」
 柳「杢助に問うは無益です。杢助の手から貴方が受け取り、開封して焼き捨てたに決まって居ます。」
 角「誰がその様な事を言いましたか。」
 柳「誰でも宜しい。もう悉皆(すっかり)分かって居ます。」

 角三は小才に長けては居るけれど、膽(胆)力の無い男なので、今は顔色を土より青くし、返す言葉も出なかったが、この様に明白に見破られては、最早や隠くしても仕方が無い事と、少しの間に言い抜けの道を開き、

 「イヤ実は今まで幾度も打ち明けようかと思ったが、貴方の健康を気遣って、余り心を動かしては悪いと思い、それ故話さずに居ましたが、実の所アノ手紙は届けずに置きました。貴方が国事犯の疑いを受けて居る場合なので、仮令(たとえ)友達の許(もと)にしろ、手紙を遣るのは危ないと思いまして。」

 柳「イヤその様な言い訳を聞くには及ばない。もし友達が大金の一条を知り、傍から口出しては旨く運ばないと思ったから、私と友達との間を遮断(さえぎった)のです。サア今はもう貴方の望み通り、約定書に記名したから、何も用事は無いでしょう。私ももう貴方に用はありません。愈々(いよいよ)遺言書が手に入ったら、それを持って私の宿までお出でなさい。約束の通り半分は分けて遣るから。」

と充分に辱(はずかし)める様に言い切って、その儘(まま)に立ち去ろうとする。角三は益々驚き、
 「貴方は何所へ」
 柳「何所でも好い、この様な家に永居は出来ないから出て行くのです。」

 角「イヤそれは了(い)けません。そう立腹せずに暫し先ア。後で篤(とく)《じっくり》と話しをすれば、その様にする事はありません。」
 柳「イエもう一刻も此所には居ません。サアお退(の)きなさい。」
 角「でも先ア」
と角三は行く手に塞がり通さないので、柳條は猶(なお)も鋭い目を瞋(怒)らせ、

 「退きませんか。」
 角「退かないではないが、その立腹の解けない中は。」
 柳「退かぬとならば、それで宜しい。コレ良くお考えなさるが好い。この手紙は天から降ったのでもなく、地から湧いたのでもなく、塀の外に私を助ける者があって、その人が投げたのです。ここで私が声を上げ、その人の名を呼べば、その人は直ぐに警察へ行き、巡査を連れてこの家へ踏み込みます。巡査を呼ぶのが承知ですか。」

 角三は震え上がり、
 「ナニ巡査が来なければ退かないと云う訳ではないがーーー。」
 柳「ではサア直ぐにお退きなさい。」
と突き退けて角三の前に立ち、又一言、
 「アア未だ一つ用事がある。先刻乞食の子が私を尋ねて来たのに、それを貴方は戸の内へ引き入れて、今以て隠してあります。」

 角「イヤその様な事は。」
 柳「ソレ又嘘を云う。何も彼も知って居る。この私に隠し立ては無益です。サア乞食の子をお出しなさい。私が連れてて行きます。」
 ここに至って角三も、言い争う言葉がなく、それでは杢助がその様な事でもしたか良く聞いて見ましょう。」

 柳「誰がしても同じ事だ。サア早くその子を私にお渡しなさい。」
 角三は渋々と杢助の部屋の方へ行きながら、
 「貴方がこう早急にに立ち去っては、後で澤子がサゾ心配しましょうが。」
と呟(つぶや)くのに、
 「イヤこの後とも、一切私の事を心配して下さるに及びませんから、そう伝えて貰いましょう。」
と言い放った。

 やがて角三は彼の伊蘇譜(イソップ)を穴倉から引き出して来たので、柳條はその手を引き、荒ら荒らしく戸外へと立ち出でた。角三は宛も籠の鳥が飛び去るのを見る様に、非常に残念気にその後を見送って、
 「何うも仕方がない。澤子は是で大事な婿夫(むこ)を失ったが、その代わり百万法(フラン)の持参金は出来る。アア是から直ぐ今井兼女を捕らえに行こう。」
と独り語をした。



次(第三十一回)へ

a:47 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花