巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

ikijigoku37

活地獄(いきじごく)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2018.6. 6]

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

 

   活地獄(一名大金の争ひ)    黒岩涙香 訳

   第三十七回 鳥村の手紙2 

  ここに掲げるのは鳥村槇四郎から、その愛人に宛てた第二回通信である。

 「最愛の添田夫人よ。私は既に前の手紙に記した様に、無事に此の地に着いたので、直ちに活動を始めた。しかしながら未だ何の手柄もない。否手柄が無いのみならず、実は手を焼いて居る。私は第一に私の敵、私の競争者である、あの金眼鏡の老人を追い払おうと思い、翌朝直ぐに警察署に行き、その署長に逢い、私と同じ馬車で此のペリゴーに入り込み、同じ宿に泊まって居る老人は、国事犯の嫌疑のある者なので、直ぐに巴里まで送り返して欲しいと言い、警視総監の内訓書を示したところ、署長は早速承知し、兎に角も先ず宿屋まで出張して取り調べようと答えた。

 私は喜んで宿に帰り、彼奴さえ追い払えば、外に我敵は無いので、緩々(ゆるゆる)と今井兼女を探すことが出来るにちがいないと、充分に落ち着いて、唯巡査が取り調べに来る事のみ待って居た。頓(やが)て昼となり又三人で食事を始めた。私は主として例の聾(ろう)商人をからかいながら、且つ食らい且つ笑いなどして居ると、愈々(いよいよ)巡査が入って来た。

 第一に私に向かい、次に聾(ろう)商人に向かい旅行券を見せよと言ったので、二人とも直ぐに手提げの中から取り出して見せた。固(もと)より正当な旅行券なので咎められる筈もない。巡査は好し好しと言って、更に金眼鏡の老人に向かい、

 「旅行券は」
と云うと意外にも彼の老人は驚き周章(あわて)、
 「私は旅行券持って居ません。」
と答えた。旅行券が無いとは怪しい奴である。直ぐ警察まで同道せよと、未だ食事も終わらない老人を、その儘(まま)引き立て行った。

 アア愉快愉快、しかしながら彼は、今までの行動を見れば、目から鼻へ抜けるほどの狡猾者なのに、旅行券を忘れたとは何事だ。殆ど怪しむべき次第である。しかしながら私は益々安心し、此の日は聾(ろう)商人を相手に種々の事を話したが、此の聾商人は非常に気作な者である。唯愚直一方の男で、旅の徒然を慰めるには、是ほど適当な連れは無い。

 又翌朝に至り、愈々(いよいよ)兼女の調査を始めようと、私は例の通り、総監の内訓書を持って、今度は地方庁に行き、その長官に逢い、尤もらしい顔をして、
 「此の地に今井兼女と云う者がある。此の頃露国(ロシア)から帰った由であるが、此の女は外国にある革命党の密旨を帯び、
政府の挙動を探ろうとする嫌疑があるので、私は直々に兼女に逢い尋問する為めに来たものです。貴官に於いては宜しく兼女の居所を探り、明細に私に知らせて欲しい。」
と云うと、

 豈(あに)図らんや、口から出任せの言葉は全く図に当たり、長官の心と符合した。長官は私に向かい、
 「イヤ当庁に於いても、兼女が久々に怪しい姿で帰って来たのを見、若しや外国にいる革命党に使われる者ではないかと思ったので、先日捕らえて来て、取り敢えず牢に下してある。」
と答えた。

 然らば私を牢屋まで案内して欲しいと請うと、長官は心得て退き、稍々(やや)あって案内者を寄越した。男女の囚人二十人ばかり庭に出でて散歩していた。案内者に今井兼女は何れだと問うと、彼(あ)れですと指さし示す。私は一目見て夢かとばかりに驚いた。

 私が何故に驚いたと思うか。兼女と同じ腰掛に腰を卸(おろ)し、非常に親しそうに話しをする一人の老人があるのに驚いたのだ。此の老人は誰だと思う、昨日旅行券が無いと言って、巡査に引き立てられた彼の金眼鏡の老人なのだ。

 アア彼は何時の間にか、兼女が牢に居る事を聞き出し、逢って話をする為に、態(わざ)と旅行券を持たずと答えたのだ。何と憎い老人ではないか。私は暫(しば)らくの間、見開いた目も塞がらず二人の方を見詰めたまま立って居たが、老人は私の顔を見るやいなや、直ぐに私の方に歩んで来て、勝ち誇った顔で、

「お陰様で牢屋へ入れられましたが、素より怪しい男でないから、充分牢の中を見物すれば、身の言い開きを立て牢を出ます。何かご安心下さい。」
と嘲(あざけ)り笑った。彼は既に私の訴えにより、巡査が出張したことを察したと見える。

 私は平気の顔で其の所を立ち去り、再び長官に逢って、兼女と老人を同じ牢に置くのは宜しくない、老人は最も厳重な所に推し込めるべきだと云ったが、此の地方に於いては、牢屋が手狭で、男女を区別する事も出来ないと答えた。私は更に兼女を書記局まで呼び出させ、人を退けて兼女に向かい、

 「私は柳條健児の使いである。」
と言って、柔らかな言葉で賺(すか)《だます》したのに、兼女は実に類なき用心堅固の女である。充分私を信じた振りをして、実は私を信ぜず、巧みに遺言書の一条を問うたが、左様な遺言は知らないと答え、古澤中佐はベンシ―ナで川に溺れて死んだので、遺言書など認める暇は無かった。」
と云い、手を替え品を変えて問い糺(ただ)したが、同じ返事である。

 私は充分には此の返事を信じないが、実は半信半疑である。若し真に遺言書が無い者ならば、中佐の財産は血続き近い者へ落ちる故、無論柳條の物に非(あら)ずして、私の物である。私は更に多少の工夫もあるので、どちらでも充分な結果を得、その上で直ぐ巴里に帰ることにする。

 夫人よ、充分に兼女の心の底まで探り尽くのすは、今数日の中です。
                                             ペリゴーにて 
                       島村槇四郎
   添田夫人


次(第三十八回)へ

a:53 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花