巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

kettounohate5

決闘の果(はて)(三友社 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2019.1.16


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

     決闘の果   ボアゴベ作  涙香小史 訳述
         

       第五回 不幸の前兆

 「嬢は君を愛して居る。」
 此の一言に大谷長寿は非常に心の底までも刺し徹(とお)された心地がした。正気の言葉とも思われないが、此の一言は生涯大谷の心に残って消えないに違いない。しかしながら目の前に親友桑柳守義が死んだのを見ては、彼れ是れと空しい事を考えるべきでは無い。一念唯悲しみの情と為り、
 「アア惜しい事をした。小林君、君は医学士で有りながら何故僕の親友を見殺しにする。」

 小「見殺しとは余り言葉が酷(ひど)過ぎる。僕は初めて傷を見た時に、もう直ぐに死ぬと思ったよ。肺の上の部分を射られて居るもの。何して助かるものか。今まで暫(しば)しの間生存(いきながら)えて、君と何事をか話して居たのが実に不思議と云っても好い位だ。」

 大「ナニ話して居る者か。全く戯言(たわごと)を云ったのだ。アノ様な心の確かな男でも、短銃(ピストル)の弾丸を受けては仕方の無い者だ。全く前後夢中により詰まらない事ばかり云って居た。」
 小「イヤ夢中には成って居ない。感心に心は確かで有った。」
 大「ナニしろ本多満麿と云う奴は憎い奴だ。僕は他日此の敵を打討って遣る。今度は僕が相手に成って必ず彼奴(きゃつ)と決闘する。」

 小「桑柳はアレほど心が確かで有ったから、復讐の事でも君に話したで有ろう。」
 大「ナニ其の様な事を話はせぬ。戯言(たわごと)ばかり云って居たよ。」
と口には堅く言い切ったけれども、現在医師とも言われる者が立派に言い切るからは、桑柳の心は或いは確かに存して居たのか。

 左すれば彼の一語には彼の怪しい力がある。一語も或いは戯言では無く、全くの事実であったのか。否々(いやいや)戯言(たわごと)に相違は無い。既に桑柳を愛すればこそ夫婦約束まで結んだ森山嬢が、我を愛する筈は無い。

 嬢は財産が無いが故に、通例の女なら財産に目が呉暮(く)れて愛しても居ない男を愛すると言い、婚姻の約束を為す事も無い事は無いが、嬢の清き心は我れが好く知って居る。嬢が如何して財産に目など暗むだろうか。宝の為に愛情を曲げたりするだろうか。アア戯言(ざれごと)なり。戯言なり。

 我を愛する筈は無い。しかしながら医学士が戯言(たわごと)では無いと言うのは何故だろう。小林は未だ病人に慣れないが為に、見損なった者に違いない。我は何度か嬢に逢ったと雖も、親友桑柳の許嫁と思えば笑談(冗談)をも言った事は無い。嬢は成る可(べ)く我と話などしない様に勉(つとめ)る振りが充分に見えて居たので、我を愛する筈は万々無しと、心を様々に苦しめたけれども、傍に在る小林はそうとも知らず、

 「君は親友を失ったから悲しむのは尤もだ。併し其の様に自失して居る時では無い。藻岸は人足と釣り台を寄越すと受け合って行ったけれど、彼奴の言った事は当てに成らない。吾々が自分でで行って然る可(べ)き人を雇って来よう。」

 此の注意を得て大谷は夢の醒めた様に、
 「オオ爾(そう)だ。サア直ぐに行って雇って来よう。」
 小「と言って二人一緒には行かれ無い。一人は死骸の番をしなければ。是でも衣嚢(かくし)《ポケット》の中には書類なども入って居るだろうし。」
と言いながら外被(うわぎ)の一方を持ち上げると、衣嚢(かくし)から抜け出たのは一冊の手帳である。

 「それ此の通り。」
と言いながら拾い上げて検(あらた)めると、厚い皮の表紙のある帳面であるが、恐ろしや短銃に打貫かれた者と見え、其の片隅に弾丸だけの丸い穴がある。

 小「何(ど)うだ。君、非常な者では無いか。紙を沢山重ねれば鉄砲の弾丸も通らないと言うけれど、此の通りだ。外被(うわぎ)を打貫き、その上に更に手帳まで貫通して、身体へ這入るとは実に驚く可(べ)き力の者だ。」
と言って、右見左見(ともこうみ)する中に、其の手帳の間から又も抜け落ちる品が有った。

 何かと見れば写真である。森山嬢の姿を写した者である。小林は怪しんで拾い上げ、
  「アア、桑柳君は近々に婚礼をする噂で有ったが。」
  「アア此の美人だな。可愛相、アア是は驚いた。見ても慄(ゾッ)とする。コレ大谷君、何うだ。此の写真は、エ、是れは丁度桑柳君が撃たれた通り胸の所を打貫かれて居る。」

 大谷は、
 「何れ寄越せ」
と言って、手に取って見るに、如何にも此の写真は森山嬢の写真で、それには桑柳の傷と同じく、乳の上に当たる所が弾丸に貫かれて圓(まる)い穴がある。
 「成るほど、是は気味が悪い。アノ弾丸で此の写真まで。」

 小「爾(そう)だ。是は事に由ると不吉の前兆かも知れない。其の様な事は無い筈だけれど、此の女が桑山の死んだ事を聞けば、事に由ると悲しみに心が乱れて、終には死ぬ様な事になるかも知れない。」

 大谷は心の中で、アア忌(いま)わしい前兆であるかな。森山嬢は不運の身に違いない。嬢を愛する男を初めとし、嬢に愛せられる者は総て不運になるか。桑柳は既に嬢の為に死んだ。我若し桑柳の言葉の様に、嬢に愛せられる事があるとすれば、此の上如何なる不運に至るかも知れない。

 再び又この様な決闘を引き起こす事が無いとも言い難い。幸いにして、桑柳の言葉は全くの戯言であるが、若し戯言で無いとすればーーーと半分考えて身震いした。アア写真の胸を射られた此の一事は、果たして如何なる事の前兆であるのだろうか。追々に解き入るを読んで知る可(べ)し。



次(第六回)へ

a:14 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花