巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

musume04

嬢一代   (明文間館書店刊より)(転載禁止)

バアサ・エム・クレイ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2013.7.1

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

musumeitidai

04.  訳者より読者へ                

               

 右二題の手紙を読めばここに訳出する「嬢一代」が如何なる書で、又何の為に訳述するかは明らかである。余は白髪鬼を訳述して女性を罵(ののし)ってしまった。その罪滅ぼしの一端と思い、WT氏より送って来た書を一々読み尽くして見た。いずれも非常に面白いけれど、余の無骨な筆には合わない。止むを得ずその中の最も短いものを選び、「嬢一代」と題し、掲げる事とした。
 「嬢一代」は憂鬱たる美術家「メランコリー・アーチスト」という絵画の分野名を得、目下英国に並び無き画家、ダントン氏の令嬢何某の実伝の一部である。白髪鬼を読んで眉を顰(ひそ)められた諸姉諸君、更に本書を読んで嫣然(えんぜん)と一笑せられれば、訳者の罪、幾らかは軽減するのではないか。



※注 嫣然(えんぜん)・・・・あでやかに笑う様  にっこりと 



次(一)へ

a:450 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花