巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

musume23

嬢一代   (明文館書店刊より)(転載禁止)

バアサ・エム・クレイ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2013.7.25

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

musumeitidai

             

             二十三

 漸(ようや)く李羅嬢に婚礼を承知させ、春人(はるんど)は嬉しくてしかたがなかったが、忘れようと思うほど益々イリーンの事を思い出し、李羅子の代わりにもしイリーンをこの様に妻として得たならば、どれほどか幸いだったことだろうなどと思い、我知らず、深い嘆息を発した。李羅子は耳早く聞きとがめて、
 「オヤ、貴方は何が気に掛かって、その様に嘆息など発します。」
 春人はハッと驚いて我に帰ったが、既に遅し、

 「イヤ何、嘆息と言う訳では有りません。」
 李羅子は少し不興げに、
 「早私にお隠しなさるのですか。」
と問う。春人は益々窮し、漸(ようや)くしかるべき言い訳を考え付き、
 「実は亡き母がこの世に居て、私がこれほどまで立派な妻を持つと知ったならば、どれ程か喜ぶ事だろうと、こう思ってツイ溜め息が出たのです。」

と言い訳したけれど、まだ何となくすっきりしないところがある様に思い、更にその機嫌をとろうとして、李羅子の優しい手を取り上げて、
 「李羅子さん、こう夫婦の約束が定まれば、何事が有ろうともこの約束が破れないように、接吻を以って固めなければ成りません。」
と言いながらせり寄ろうとすると、李羅子はその顔を赤くし、微かに唇を震わせてその身を退き、

 「イエ、それは出来ません。私は父より外の人と接吻した事は有りません。」
 アア、この返事、イリーンとは何という相違だろう。
 「イヤ、父上より外の人と接吻してはそれこそ大変ですが、それでも夫婦の約束が定まれば接吻せしなければ成りません。それが済まなければ、何だか許婚に成った様な気がしません。」
と言い、再び身をせり寄するに、李羅子は殆ど女皇がその臣下を制する様な、非常に気高い身振りで春人を制し、

 「私の言った事を忘れましたか。私は思う儘(まま)を飾らずに打明けて貴方を敬うけれど、未だ真の愛情は出ないと言いました。接吻は真の愛情の起こる時までお預かりに致します。」
 是が夫婦の間だろうか。こう言われてはその言葉に従わなければ成らないかと思えば、春人は再び溜め息の洩れるのを制する事ができず、唯わずかに、
 「では成るだけ早くその時が来るように、勉める外は有りません。」
と言って終わった。

 この年の八月に及び、愈々(いよいよ)是蘭(ゼランド)伯爵邸において、婚礼を行うことと為ったが、伯爵は一世の晴れとし、皇族をまでその席に招待する運びを附け、古来その例も無いほど、非常に盛大な用意を調えた。それで子爵西富春人と、是蘭(ゼランド)伯爵令嬢李羅子との婚礼は至る所の評判と為り、いずれの新聞も之に関する記事を以って毎日その幾段を埋め、李羅子の許には所々方々より祝意を表して、様々の贈り物を寄せて来る者引きも切らない。

 しかしここに一つ新聞紙も探り得ない一事件があった。それは愈々(いよいよ)今日が婚礼と言うその朝に至り、郵便で送って来た数多くの進物のうち、一つ黒い紙で封じた小包があった。黒い包装は死人の知らせにだけ用いる習慣であるのに、婚礼の日に之を受けるは誠に忌まわしく思われて、深く李羅子の気に触(かか)ったので、中に何物を封じてあるのか、又何人が寄こしたのかと、李羅子は殊更(ことさら)に封を切って検(あらた)めると、送り主の名は記して無し。

 品は非常に小さい短剣にして、その刃は銀で製し、その柄には真珠を嵌め、留め針として襟などに指洲事が出来るように作ったものだった。成るほど新奇な形ではあるが、名を聞くのさえも恐ろしい殺人剣、何の意で送ってきたのだろう。更に好く見れとその剣に細かな文字があって、
 「血を見る敵」
と刻み付けてあった。

 李羅子はこの文字を読んで、身のすくむ程ゾッとした。
 「血を見る敵」
 世にこれほどの恐ろしい言葉が又と有るだろうか。どちらにしろ我が身を怨み憎む人の仕業に相違ない。我が身は絶えて人に憎まれる様な事をした覚えは無いのに、何の恨み、何の遺恨、不思議で仕方が無かったが、兎に角この婚礼に付いては、目に見えない敵があるにちがいない。用心しなくてはならないと、殆ど安き心も無く、誰にも知らさず、この短剣を深く化粧箱の底に納め隠した。

 やがて定めの時間になったので、春人と李羅嬢とはその式場に定めた教会に行った。神卓の前に立ったが、花嫁花婿両人とも、他人が想像するほど嬉しそうな様子は見えない。特に春人の顔は色さえ青ざめて、ひどく気に掛かる事がある様で、長老が夫婦の誓いを読み聞かせる間際にも、不安心そうに後ろを向き、落ち着かない風に見回した。

 彼の心には、今も猶イリーンの、「この言葉をお忘れなさるな。」
の一言が深く印して、忘れようにも忘れる事が出来ない。この盛んな式に臨んでは、イリーンと行った偽りの婚礼が目先に浮かび、もしやこの様な中にもイリーンが復讐のため、群集の中に現れて来はしないか、もしや花嫁の手を引いて帰る途中に、彼が待ち伏せて居るのではないか、など我より招く心配が自ずと顔に現われるばかり。

 もし春人が良くイリーンの人柄を考え見、彼が真実に生まれながらの貴夫人にして、世の貴夫人も猶及ばないほど美しい心根であるのを思えば、彼が恥をも忘れて人ごみの中に現れ、俗界の男女が怨み合う様な、端下ない復讐を企むはずはない事は明らかなのに、それをさえ思う事が出来ないのは、唯犯したその罪が非常に深いのを感じるが為である。

 愈々(いよいよ)婚礼の式が終わるや、春人は逃げる様に新婦と共に馬車に乗り、その日直ちに蜜月の旅に上ったが、この夜になって李羅子が、初めてかの物凄き贈り物の事を打明け、
 「この度の婚礼には、必ず目に見えない敵がありますよ。」
と言うのに、春人は顔色が土の様に変ずる迄に驚いたけれど、最早こうなったら仕方が無い。何事が有っても我が力を以って充分に新婦を愛し、新婦を保護する外は無いと決心し、然るべく言い消して李羅子を慰めた。


次(二十四)へ

a:396 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花