巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

musume45

嬢一代   (明文館書店刊より)(転載禁止)

バアサ・エム・クレイ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2013.8.16

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

musumeitidai

              四十五

 気紛れの一言を言い返したのは、イリーンの身に取って重い負債を払うことが出来た程の心地だが、春人はその言葉が如何(どれ)ほど我が身に苦いかを、味わう遑(いとま)がなかった。唯命だけ助かり度い一心なので、
 「コレ夫人、貴女は決してそれ程の心無しでは有りません。それ程無慈悲では有りません。年も若く器量も好し、世間からは敬われ、何一つ不足と言うことの無い身分です。この上慈悲深くさえしていれば貴女はこの世の女神です。社交界の女王です。これほど幸せな身分を以って、何で恐ろしい人殺しの罪を犯します。何で私を殺します。一時の恨みは恨みでも取り返しのつかない罪を犯し、必ず後に悔成されます。」

 「イイエ、少しも後悔しません。幾年以来充分考えた復讐ですから。」
 「でも私を殺し、その死骸をこの様な所に晒して置いて、貴女は安楽に眠られますか。」
 「ハイ、眠られます。今夜こそ初めて何の夢も見ず安々と眠ります。復讐をし果せて気に掛かることが有りませんから。」
 「それは嘘です。この後人が春人と言う名を話すたびに、貴女は必ず気が咎め、自分の罪に責められて落ち着いて居る事は出来ません。私を殺したという事を、自分の素振りに現して人に見抜かれます。夢にも私の死に様に襲われて、必ず夫公爵に悟られます。昔から寝言で罪の露見した罪人が、幾人もある事を貴女は未だ知りませんか。」

 「イイエ、私の胸には常に貴方の悪事を覚えていて、天の許した復讐を遂げたのだと自分で思い詰めますから、少しも襲われる事も無く寝言も言わず、素振りにも現しません。もし現れそうな時には、貴方の悪事を思い出せばそれで心が鎮(しず)まります。」
と一々平気で言い開くのは、復讐の一念が何よりも強い為に違がいない。
 春人は余りの事に、傷の苦痛さえ忘れたのか、今は罵(ののし)る調子で、

 「貴女は女では有りません。鬼女です。鬼女よりももっと恐ろしい心です。」
 「左様です。私がもし鬼女ならば、貴方が鬼女にしたのです。私の身体から女らしい優しい心を貴方が奪ってしまったのです。奪ってしまってその後で未だ女の心が残っていると思い、助けてくれなどと仰るのは自分のしぐさを忘れましたか。」

 何と言っても助けてくれる見込みが無いので、春人は今は悔しさに耐えられない様に、身をもがいて、
 「エエ、貴女は、私がこの儘(まま)おめおめ死んで仕舞うと思いますか。身動きの出来ない程の大怪我でも、何でこの儘死にましょう。貴女が立ち去ればその後で、一寸でも一分でも、少しづつ少しづつこの山から這い出します。何時間掛かるか幾日掛かるか、ついには人の居る所まで達して、貴女の罪を訴えます。」

 「それは御勝手です。」
 春人は唯必死の力で、這い寄ろうと身を起こしたけれど、先程からの出血で、その力既に尽き、且つは力を出すに連れ再び非常の痛みを催し、其の儘又も打ち倒れて、
 「エ、どうすれば助かるだろう。夫人、お慈悲です。お慈悲です。」
 「如何(どう)も斯(こ)うも有りません。唯神に今までの罪の滅びる様に、祈りながら諦めてお死になさい。貴方が生きて人間世界へ出る道は、一切塞がって仕舞いました。」

 春人は真に死に物狂い、暫(しばら)くは我が手の届く芝草を掻き毟(むし)るだけだったが、忽(たちま)ち、
 「己れ、悪女め」
と叫びながら、イリーンの衣の裾(すそ)を捕らえようとする。
 イリーンは彼がまだ捉(とら)えることが出来ないうちに、早くもその裾を引き、

 「ドレ、お分かれに致しましょう。併し明日又貴方の死に様を見に来ます。昔貴方が私を辱しめた時、婚礼の指環だと言い、私の指に挿して下さったアノ汚らわしい指環が、今もまだ父に預けて有りますから、明日はあの指輪を持って来て貴方の指に嵌めて上げます。父へは復讐の終わった時に受け取ると言って有りますから、アノ指環を貴方に返して仕舞い際すれば、それで私と貴方の間にはもう何の関係も無くなります。」

 斯(こ)う言いながら立ち去ろうとすると、春人は如何(どう)にも我が身が生きて人間に復(か)えるべき、その道が絶え果てるのを見て、
 「貴女は之を復讐と言いますけれど、人間世界に例の無い実に無慈悲な復讐です。復讐で無く犯罪です。他日必ず露見して貴女は公爵夫人の地位を失い、牢屋の人と為って世界中から賤しまれます。」

 「その様な事は少しも構いません。」
 「窮鳥懐に入ればと、昔から言って有るではありませんか。どれほどの野蛮人でも、怪我人を助けないと言う程の残酷な振る舞いは致しません。」
 「ところが私は野蛮人よりもっと酷い鬼女ですから、野蛮人もしないこともするのです。明朝は指輪を返しに来、その後も貴方の死に切れる迄は、毎日見届けに来ますから。」

 春人は絶望の声で、
 「その中に露見します。人を殺して露見しないと言うことは昔から有りません。」
 「イイエ、人殺しよりもっと酷い、貴方の私へ対する罪が、今迄露見せずに居ますから、私の復讐も露見しません。誰も私が貴方を恨むとは知りませんから。エ、そうでしょう。私と貴方の戦いは、誰も知らない秘密の中で、勝負が付いてしまうのです。」
 「ではもう何と言っても、どうしても、助けては呉れませんか。」
 「ハイ、助けては上げません。」

 断然たる言葉を残し、其の儘(まま)イリーンは立ち去ると、春人はまだイリーンを引き留めようと声を限りに叫び立てたが、イリーンの姿は既に無い。アア、イリーンは茲(ここ)に多年の復讐を得たとは言え、死に際の絶望に叫ぶ声は、早鐘の様にまだ耳に響いている。果たしてその心の安きを得ることが出来るだろうか。況(いわん)や春人がまだ死に切っては居ないのだ。彼を此処に残し置く危うさもイリーンは知らないのだろうか。


次(四十六)へ

a:367 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花