巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

musume51

嬢一代   (明文館書店刊より)(転載禁止)

バアサ・エム・クレイ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2013.8.22

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

musumeitidai

               五十一

 アア、悪人の運未だ尽きず。天の下した復讐とばかり思って居たのに、彼れ悪人は我が飼い犬の為に助けられようとするのか、余りの事にイリーンは息も苦しいほどに動悸が高まり、我が身を支える事が出来なかった。唯一時に逆上して眼が眩(くら)み、耳響き、人々が何を言い、何をしているのかを見分けることが出来なかった。

 しばらくその首(こうべ)を垂れて宛(あたか)も悶絶した人の様に精神が遠くなったが、ややあって我に返りその首を上げて見ると、部屋中は鼎(かなえ)の沸き立つようであった。
 李羅子は絶息したと見え、客の半ばは目を丸くしてその傍にうろたえ廻り、残る半ばは犬を捕らえ、其の首から血の付たハンケチを取り外そうとしている。

 暫(しばら)くして我が夫公爵は、そのハンケチを取り上げて検分すると見えたが、やがて非常に驚いた声で、
 「イリーン、イリーン、一寸茲(ここ)へ」
と呼び立てた。さては春人が犬の首に結んだハンケチは、彼自分の品ではなくて我がハンケチだったのだろうか。我が身は彼の倒れた傍にハンケチを落としたのだろうかと、自ら招く心の恐れにイリーンは最早全く逃れられ無い場合と知った。

 だからと言って返事をしない訳に行かず、必死の思いで椅子から立つと、我が身の重いこと、千貫(3、750kg)の石を負(お)って居るようで、我が足は一歩も前に出ようとしない。どうしてそこまで進んだのか全く分らない。唯よろよろと公爵の許に立つと、陸軍大佐禮頓(レイトン)という人が、その犬を捕らえていた。我が夫はまだハンケチの血を眺めながら、

 「コレ、イリーン、最(もう)心配する事は無い。西富子爵は怪我をして、何処か森の中に倒れて居るには相違ないが、ベドが其処(そこ)を見出したから、此の通り春人がこのハンケチを犬の首に結び、我々の許に知らせに帰したのだ、成る程この犬は日頃から春人に好くなじんでいたよ。コレこのハンケチは春人の品に間違いあるまい。」

 見れば成る程男持ちのハンケチにして、その一端に西富のNの字と春人のHの字を縫い付けて有る。
 我がハンケチでは無いだけは幾分か幸せであったが、春人がまだ生きた儘(まま)で救はれれば、我が罪はどうして隠すことが出来ようか。

 彼の品であるか我が品であるかを問う場合ではない。兎に角も天より我が手の中に下した復讐は、又我が手から奪い去られたのだ。
 今まで彼の運命を我が手に握って居たが、今は我が運命を全く彼の手に握られる事と為ってしまった。

 イリーンは之を想って夫に何の返事もする事が出来ず、其処に立ちすくむと、この時大佐禮頓(れいとん)は、
 「兎に角、この犬を案内に立て、我々が其の後から隋(つい)て行けば、必ず子爵の倒れて居るところまで行くで有ろう。」
 「そうだ、非常に賢い犬だから、充分案内するに違いない。」
 イリーンは是だけ聞いて、耐えに耐えていたその身の力が尽きたのか、 

 「ウンー」
と一声叫ぶと共に、其処に気絶して後は何事も知ることが出来なかった。再び生気に返った時は、早や我が居間の寝台の上に居た。何人にか茲(ここ)まで運び入れられたものと見える。
 実にこの気絶がイリーンの身の幸いであった。もし気絶せずに居たならば、必ず発狂するまでにその心を苦しめたに違いない。生気に返りてイリーンは枕元を見回すと、二人の侍女が心配そうに我が身を守っていた。

 「オヤ、犬は、ハンケチはーーー」
 是だけが、イリーンの口を衝(つ)いて出た言葉である。
 「今迄公爵が貴女のお傍に居られましたが、西富子爵も捨てて置かれないと仰って、唯今、ここをお出なされました。もう多分犬を先に立て、山へ分け入り成さったでしょう。」

 この言葉に違わず、公爵は大佐禮頓と共に、幾人の人夫を従え、釣り台その他気付けの火酒など用意して、犬を案内に森を指し分け入ったが、犬は思いも寄らない方に向い、道の無い所へ進み行くので、公爵は少し失望の想いで、犬を引き留め、
 「是れベドや、貴様の智恵一つが大事のお客の命に係るから、道を違えずこのハンケチを結び附けた人の居る所へ案内せよ。」

 聞き分けたのか聞き分けないのか、唯尾を振って縄を引き切るほどの勢いで進み行くばかり。
 凡そ一時間ばかりにして、漸(ようや)く彼の秘密の場所に着き、死骸の様な春人を見出したので、公爵は第一に近付いて抱き上げると、その首ガクリと垂れ、何の力も無いようだったので、

 「エエ、残念な事をした、最(も)う事が切れている。」
 禮頓大佐は戦場で幾多の死骸に接した人なので、敢えて騒がず、
 「イヤ、死骸とは少し様子の違う所が有る。」
と言って春人の胸に手を当て、暫(しばら)く非常に静かに様子を伺い、
 「果たして心臓がまだ動いて居ます。如何(どう)か医者の来るまで生きて居れば好いが。」
と言った。更にその傷など検めて、
 「アア、可哀想に、銃が木か何かに絡まり、其の身が倒れようとする途端に引金が落ち、丁度自分の脇下で発したので、散弾が一粒残らず自分の肉に入ったのです。」

 こう言う中にも、怪我から今迄何時間彼が唯独り倒れて居たのかは、人々の怪しみ惑うところであったが、それよりももっと怪しいのは、彼の血に塗(まみ)れた指の一つに、女の婚礼の指環が、異様に輝いている一事であった。


次(五十二)へ

a:366 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花