巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

ningaikyou38

人外境(にんがいきょう)(明文館書店 発行より)(転載禁止)

アドルフ・ペロー 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2020.5.19

a:6 t:1 y:0

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         第三十八回 奴隷を助ける平洲たち

 早や十町《1km》許かりの所まで進んで来た奴隷の一隊を、一同は篤(とく)《じっくり》と見ると、前に三人馬に乗って進むのは、即ちこの奴隷を買い入れた商人で、他人に売り渡す迄の持ち主に違いない。奴隷の数は正確には数えられないけれど、いずれにしろ百人以上にはなるに違いない。

 どの奴隷も片手を錠付きの鎖で縛られ、その鎖をば長い一条の縄に結んで、縄の端は先に立つ馬上の人が引いて行くので、その有様は、大勢が悉(ことごと)く手を取られて、引かれているのと同じだ。一人逃げようとするには、我が手を縛(しば)る錠付きの鎖を切らなければならない。

 或いは疲れて足が立たなくても、仕方なくその縄に引き摺られて行くのだ。中には手錠だけでは制し切れない為め、重い首枷(かせ)を嵌(は)められて、振り向くことすら出来ない様に縛(いまし)められて居る者も有る。是等は皆屈強な体格を備える者である。

 更に又奴隷一同の頭の上には多少の荷物を結び付けて有り、これは即ち奴隷商人が自分達の携帯品を、馬に積まずに奴隷に積んだ者である。
 息も吐き難い炎天に、溶(と)ける様な砂漠の中をこの様な有様で、幾里とも無く引かれて行く、その苦しみは如何ほどであろうか。

 それも承知ならば未だしもなれど、宛(あたか)も野獣を捕らえるように腕力によって押し捕らえられ、無理無体に捕縛して連れて行かれる者なれば、妻に分かれた所夫(おっと)も有るだろうし、子を失った母も有るだろう。是を思えば世に奴隷ほど傷(いた)わしい者は無く、又奴隷商人ほど性悪な者は無い。

 平洲、茂林、寺森の一同は面(まのあた)りに、此の無惨な様を見て、怒気心頭に溢れ、何とかして商人を打ち懲らし、この奴隷を解き放つ工夫は無いものかと、口には敢えて発しなかったが、銘々同じく心を砕くのは、持って生まれた人間の情に違いない。

 しかしながら此方(こちら)は通訳及び従者を合わせて、男七人女二人にして、彼方(あちら)は先に立つ三人の外に、更に監督の名目で、縄の前後所々を取り、鞭を持って疲れる奴隷を打ち懲らしながら進む者十二人あり、合わせて十五人の一隊である。

 七人に足手纏(まと)いの女二人を連れた者が、素より之と戦える筈もない。唯だ彼方の弱みと思われるのは、十五人の内の一人、途中で病気になったのか、馬の背なに力無く俯仆(ふしたお)れて、更に転げ落ちるのを防ぐ為、縄で身体を鞍に縛(くく)り付け、荷物同様の姿と為って、顔も上げる事が出来ない有様である。

 この一人だけは働く事が出来ないことは確かであるが、だからと言って、彼等の足手纏(まと)いと云うのでも無い。緊急の時には、彼等はこの者を捨てて置いて戦うに違いない。此方(こちら)の人々が、婦人二人を保護しつつ戦うのとは同じでは無い。

 だから平洲も茂林も、若し芽蘭(ゲラン)夫人と帆浦女さえ傍に居なければ、敗れるまでも戦って見るものをと、空しく心の中で悔しがるばかりであった。この様にしている間に、一隊は徐々(しずしず)と一同の前に差し掛かったが、近くで見れば無惨の有様は又一層ひどいものであった。

 中でも酸鼻に耐えられなかったのは、年二十歳余りと見える一人の女、身胎(みもち)と覚しく、重い腹を抱えて歩くにも歩くことが出来ず、一同の前に来た頃は全く力が尽き果てて、地上に摚(どう)と倒れたが、片手を縄に縛られて有るので、倒れたまま引き摺られ、息も絶え絶えな声で、悲鳴を挙げつつ転がり行く有様であった。

 三人は最早や我慢をする事が出来ず、
 「実に捨てては置けない。」
と呟(つぶや)き、顔と顔とを見合わすと、此の時監督者の一人は此の女の傍に歩るいて来たが、或いは此の女を解き許すのかと思いの外、太い鞭を上げて、
 「エエ歩るかぬか。」
と罵(ののし)り、痛々しく叩き伏せた。

 茂林はこの有様に我を忘れ、
 「己れ」
と云い様、馬を躍らせてその傍に馳せて行くと、平洲も寺森も後(おく)れも取らず、驀地(まっしぐら)に続いて行き、その監督者を三人で沙の上に投げ倒し、更に起き直る胸の辺りに、左右から短銃を差し附けて、
 「サアこの女の手錠を解く鍵を渡せ。」
と命じた。

 先に立つ奴隷商人の統領は、この有様を見ないわけでは無かったが、何うせ此の女は遠からず沙漠の中で死ぬのに違いない事を知り、此の上連れて行っても仕方が無いと思ったのに違いなく、それほどまで怒れる様子も無く、殆ど知らない顔で見過ごそうとする。

 その中にあって、平洲は監督者が鍵を出だすのが遅いのを悶(もど)かしく思い、衣嚢(かくし)《ポケット》から鋭い小刀を取り出して、真ん中の引き縄を截(た)ち切ると、之と同時に茂林は鍵を受け取り、この女の手錠を脱した。

 この女より後に繋(つな)がる二十人ほどの奴隷は、宛(あたか)も長い蛇の尾の辺りを断ち切られた様に、総体から切離れて歩みも急に止まったので、そうと見て平洲も茂林も、事が思ったより旨く行ったのに力を得、

 「寧(いっ)そ此の縄を本の方から切って仕舞え。」
との声は両人の口から一斉に発し、その上寺森まで実にそうだと思ったか、三人斉(ひと)しく小刀を取り出だし、馬を矢の様に走らせ、手当たり次第に中央の引き縄を五、六カ所も切ったので、長蛇の隊は愈々(いよいよ)取り纏(まと)める事が困難な、数隊の小列に分かれてしまった。

 茂林は手早く彼の鍵で、主な奴隷の手錠を解いて遣ろうと取り掛かると、商人一同は此の時まで三人の早業に、何の事なのかを理解する事が出来ない程の有様であったが、縄が幾切れに切れて、奴隷が彼方(あちら)此方(こちら)に離れたのを見るや、烈火の様に怒り、その頭(かしら)から、

 「狼藉者を射殺して仕舞え、サア、一同隊を揃えろ。」
と命を発(はな)つと、聞く間に病者を除き十四人、悉(ことごと)く統領の許に集まり、列を正す様子は、この様な戦いに慣れ、規律が充分整っている者と知られる。見ているうちに統領は其の中の三人に、奴隷の取り纏(まと)めを命じると、此の三人は通訳なりと見え、野蛮語にて奴隷に向かい、何事をか言い渡し、残る十一人は足並み揃えて、平洲、茂林等と、芽蘭夫人等との間の空地へ割って入り、一方には夫人等を虜(とりこ)にする手順を計って、又一方には平洲等に向き銃の筒口を揃えた。

 平洲、茂林、寺森三人は、実に一時の血気に動かされて、余計な事に手を出だし、生きて再び逃れ難い、難場に陥った者と云わなければならない。



次(第三十九回)へ

a:6 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花