巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume102

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.9

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百二) 滔々と瀧の水が

 唐橋夫人の言葉を遮るのは、殆ど滝の水を遮るよりも難しい。
 「私は本当に好い縁談だと思いますよ。イイエ夫と妻とは、趣味が合って居なければ成らない。貴女と江南とは、同じく芸術の熱心家です。此の様な夫婦は必ず永く続く者です。」

 さては此の夫人は、網守子と蛭田江南との間に縁談が出来たと思い、其れで祝辞を述べに来たのである。こう思うと同時に網守子の顔は又も曇って、
 「夫人、夫人」
と叫んだけれど、無益である。滝の水は滔々(とうとう)として流れ止まない。

 「とは言え、何から何まで余り同じ過ぎても、又却(かえ)って不和の本です。同じ中に異(かわ)った所も無くては成りませんが、丁度江南と貴女とは其の違った處(ところ)も有る。貴女は非常なお金持ち、江南は貧乏です。イイエ、江南はあの様に見えても、実は貧乏ですよ。

 他の人は知らないけれど、私だけは良く知って居ます。あの通り贅沢に暮らして居るので、上部は裕福に見えても、内幕の苦しいのは当たり前です。もう貴女だから私は打ち明けて云いますがね、彼はここで貴女と結婚しなければ、事に由ると破産しなければ成らないかも知れません。

 実に好い所で縁談が出来ましたねえ。もう此の縁談が世間へ知られれば、其れだけで彼の信用はズット高くなり、何の様な融通でも出来ますよ。貴女の財産は良くは知りませんけれど、百万円の正金を銀行へ預けてあって、一切の動産不動産を積もれば四百万円だと、イイエ、其れは江南が言う許(ばか)りで無く、世間の人がそう言って居ますよ。

 ナニ、四百萬円と言ったとしても、世間には千万円も億万円も有りますから、私などはは驚きはしませんけれど、何にしても江南に取っては、大した幸いですよ。彼は是から、貴女の此の信用で、財政も整理が出来、其の上に貴女の内助で、益々出世するに極まって居ます。何しても目出度い事です。」

 網守子は此の間違った祝辞を、黙って聞いて居るのは実に辛い。けれど如何とも仕方が無い。自然に止む時を待って居る一方である。
 「祝辞は祝辞として、私は貴女へお願いが有りますよ。」
 扨(さ)ては是から、孤児院へでも寄付せよと言う事を説き出すだらうと、追々都の生活に慣れた網守子は見て取ったが、そうでは無かった。

 「是れは私と江南の間の秘密ですが、男と言う者は、自分の愛する女へは何事も打ち明ける者ですから、無論貴女へ打ち明けたに違ひ無い。実はね。」
と言って少し声を低くし、

 「江南の書いて居る小説は、あの通り評判が好いでしょう。所があれは江南が書くのでは無いのですよ。」
 網守子は初めて聞き耳を立てた。さては、小説までも盗み物であると見える。


次(百三)へ

a:107 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花