巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume106

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.16

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百六) 是から何うなる

 到頭唐崎夫人は、蛭田江南を絶交すると称して立ち去った。
 其の後に、網守子は、色々考へ廻して見ると、全く自分が目に見えない、詐欺の網に囲まれて居る様な気がする。初鳥添子が此の家へ住み込んだ事さえも、蛭田江南の差し金で、網守子の財産を目当てにしての事だとは、嘘か誠か知らないけれど、色々思い当たることが有る。満更の無根では無い様だ。

 そうとすれば、何うしたら好いだろう。初鳥夫人を解雇すれば好いとは云え、代わりの付き添人が有るまでは、解雇することも出来ない。早まって事を荒立てても、或いは何の様な破滅に成るかも知れない。此の様な場合には、誰か確かな人に相談したい。

 もし路田梨英が居て呉れれば、何も彼も打ち明ける事が出来るけれど、彼の居る所は更に分からない。彼の外には、従姉妹藤子があるけれど、此の様な大事件の相談相手としては、物足らない様に思われる。
 何に就(つ)けても、路田梨英が恋しくて堪(たま)らない。けれど居ない者は仕方が無い。

 此の様に思い悩んで、空しく一日二日と過ぎたが、其の間に、何う言う者か、初鳥添子の様子が全く変わった。彼女は何やら心配そうな顔をして、自分の部屋に籠もったまま、自分の勤めるべき事も勤めない。食事も、自分の部屋へ取り入れて済ます様である。問うと、持病が起こったと称して居る。病気の者を解雇することは、猶更出来ない。

 三日目の朝である。日頃無口の侍婢(腰元)が怪しそうに網守子に告げた。
 「初鳥夫人は不思議ですよ。病気であるのに、昨夜遅く、此の家を忍び出て、今朝明方にソッと帰って来ました。」
 網守子も怪しく思い、
 「何して其れが分かった。」

 婢「私の寝た時に、廊下で足音がしましたので、戸の隙から覗きましたら、あの夫人が静かに歩み出る後ろ姿が見えました。其れから今朝早く帰って来て、部屋の戸を開く音が聞こえました。」
 網守子は、此の場合に端下なく驚きなどしては悪いと思い、
 「其れは何かの間違いだろう。」
と打ち消して、後の語を出させなかった。

 此の日の夕方に用事が有って、自ら初鳥夫人の部屋に行ったが、入り口の戸に錠が卸りて、或いは其の中に寝て居るかも知れないけれど、居る様子が無く、軽く戸を叩いても、返事が無かった。
 是では捨てて置く訳には行かない。兎に角も谷川弁護士に話そうと思い、翌日の朝電話を掛けて都合を聞くと、谷川氏は、

 「私の方でも、丁度貴女へお話が有りますので、直ぐにお宅へ伺います。」
との返事で有った。谷川氏が午前の中に故々(わざわざ)来るとは、忙しい人に殆ど無い事である。何の様な用事だろうと、少し心配に思いながら待って居ると、やがて書類を入れた手提げ鞄を膨らませて遣って来た。





次(百七)へ

a:143 t:3 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花