巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume11

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.12

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (十一) 一日又一日

 「アレ先ア」
と云う網守子(あもりこ)の一語の中には、真実の驚きと深い失望の態(さま)があって、殆ど痛々しい程に見えた。梨英は自分の言方が、余り突然に過ぎたと思い、
 「イヤ、残念に耐えませんけれど」
までは云ったが、後の続け方を思い当たら無い。

 網「貴方は何が気に入らないの?何が其の様に厭に成ったの?」
 梨英「イヤ何も気に入ら無いの、厭に成ったのと言う訳では無く、初めての家に長く居ては、済ま無いと思いまして。」
 網「初めての家だって、私が引き留めるのに。」
 梨英「貴女はまだ子供です。貴女だけの言葉に従って逗留してはーーーー。」
 網「イエ、祖母さんも、昨夜好く来(いら)しったと、云いました。」

 こうまで云われては、其れでもと云う勇気は出ない。
 「では今一日、貴女の言葉に甘えましょう。」
 今一日、今一日、其の一日が梨英にも網守子にも実に愉快であった。二日と為り、三日と為り、果ては制限も忘れた様に、毎日梨英は下絵帖を持ち、海へ出るには網守子と二人で漕ぎ、山へ登るには網守子が案内に立つ、何しろ島の数が百四十もあり、変化極まり無い波の動きや雲の佇(たたず)みを写すので、一週も過ぎ二週も尽きて、未だ写生の種は尽き無い。

 夜は網守子が胡弓を弾き、老夫人に目を覚まさせるのが、定まった務めと為って居る。此の老夫人は昔音楽に堪能で、自ら胡弓を下田の夫に教え、下田から網守子に教えた由である。今は胡弓の音が耳に入る間だけ、人心地に復(かえ)り、其の外は常に昏(うつ)ら昏(うつ)らとして、目を覚醒(さま)さ無い。

 雨の降る日は梨英が教師と為り、網守子に絵画を教え、又都の様子などを説き聞かすと、読み書きは人通り出来るけれど、都の女なら七、八歳かと思われるほど幼稚な事柄もある。
とは云え、悟りの早い事は全く驚くべき計りで、何事も人並み以上に上達する天性を、与えられて居るらしい。其れに、強い熱心もある。

 けれど教えれば教えるだけ、網守子は更に知り度いとの欲が増し、又一方には、今の自分の不満足に気が付いて、自ら其の身を恥じる様な気も、出て来ているかと思われる。
 梨英がその様に心付いた頃である。網守子は殆ど涙ぐんで、

 「私の様な、何にも知ら無い者が、人並みの女に成るでしょうか。」
と問うた。是には梨英も返事に困り、唯だ、
 「貴女は人並み以上に生まれていますよ。」
と答えた。網守子は梨英の一言一句を、今は言葉のままに信ずるのである。

 「本当にそう?本当に?」
と云って、少し嬉しそうな顔に復(かえ)った。
 此の様にして、終に三週間を過ぎた。
 最早や梨英も、帰京しなければ成らない事となった。


次(十二)へ

a:148 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花