巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume111

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.21

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百十一) 受け取る当人の姓名は

 網守子の目には証拠の様に見え、谷川の目には証拠で無い様に見える。是は谷川の見方が本当である。古江田利八が、印度やビルマ(現在のミャンマー)に於いて、宝石を得たと言うことは分かっても、其の宝石を持って、国へ帰ったと言うことも分からなければ、猶更(なおさら)印度丸へ乗り込んだなどとは分から無い。そうすれば、印度丸の破船から得たと言い伝えられる、鰐革の袋の紅宝石(ルビー)が、此の利八の物であることを証明するには、余程証拠が足りない。

 更に谷川は様々に説明した。鰐革の袋の中の書付に、古江田利〇とあるけれど、下の字が消えて、利八であるか、利八で無いかは分からない。又古江田利八と言う名は、別に珍しい名でも無い。同名異人も無いとは限らない。

 たとえ又、同名異人で無いとしても、利八が何の様な事で、其の紅宝石(ルビー)を譲り渡したかも知れ無い。或いは譲り渡したのでは無く、難船の為に失ったとしても、最う権利は消えて居る。当然に其の拾い主の物である。

 何にしても、網守子に於いて、彼の袋を利八の子孫に返すと言う義務は全く無く、又利八の子孫が、何れほどの証拠を持って居たとしても、網守子の持って居る鰐革の袋の物を、返して呉れと言う権利は無い。

 網守子は殆ど呆れた様に、
 「法律も何も知らない、私の様な素人には、証拠が有り余る様に見えますけれど、貴方の様な法律家には、其れが見えないのですねえ。」
 谷川は微笑して、

 「先ずそうとして、其の後の事をお話し致しましょう。貴女の仰(おっしゃ)る印度丸の破船より五年の後に、此のロンドンに古江田利八と言う株式仲買が現れました。是は乙号書類で分かる通り、確かに印度やビルマに居た、古江田利八と同人で有りますが、其の五年の間、彼は何をして居たか、少しも分かりません。

 併し彼は、仲買人として多少の成功を得、何不足無く暮らして三人の子を儲けました。其の子が悉く女であります。覚え易い為に、仮に其の名を松竹梅と申しましょう。長女松子は結婚せずに終わりましたが、此の女が、ここにある此の書類を持ち、伝えて居ました。

 所が夫も子も有りませんので、死ぬ時の財産と共に寺に納めました。即ち是は其れ等から現れたのです。二女竹子は人の家に嫁に行き、其の子孫は、今でも有る様に思われますが、無論其の苗字は古江田では無いのです。

 三女梅子も嫁に行ったことは分かって居ますが、良人(おっと)の姓名も其の後の成り行きも分かりません。
 網「其れでは鰐革の袋を其の二女竹子の子孫の中、一番竹子へ血の近い人に還(かえ)して下さい。」

 谷「還(かえ)すのでは無く、与えるのですネ。」
 網「何方(どっち)でも同じ事です。」
 谷「未だ受け取る当人の名前は、確(し)かと断定することは出来ませんけれど、略(ほぼ)見当は付いて居りますので、申し上げて置きましょう。」




次(百十二)へ

a:130 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花