巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume114

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.24

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百十四) 梨英の手紙

 網守子は添子の手紙を幾度も繰り返したけれど、何の為の逃亡かは更に分からない。
 素より解雇する積もりであったので、逃亡されても困りはしない様なものの、未婚の女が、付添人無しに独り住むことは、習慣が許さない。世間の人から、何の様に噂させられるかも知れない。

 特に網守子は、蛭田江南の為に、既に間違った噂が、世の人の口に登って居はしないかと、自ら気遣い、何とか江南に抗議をしなければならないと思って居る。ナニも世間の噂などは、聞かない振りで居れば、それで住む様な者で有るけれど、網守子の心の中には、取り分け悪い噂など、立てられ度く無い理由が有る。其の理由は読む人の推量に任せて置くが、全く網守子は当惑した。

 若しも添子の代わりに、然る可(べ)き付添人が見付からない時は、口さが無い都人の口の端に、自分の身を任せて置くよりも、寧(いっ)そ静かな故郷の島へ、帰ろうかとも思った。
 けれども今は、路田梨英の行方さえも分からない。せめては多少の手掛かりが有るまでは、此処を動き度く無い。

 あれこれ迷って決心がつかないで居る折しも、実に不思議な事が有った。それは梨英からの手紙が来たのである。イヤ何も不思議は無い。実は今まで手紙さえ来なかったのが不思議である。消印は此のロンドンでは無く、余程離れた地方からである。網守子は封を切るのさえ悶(もど)かしと読み下した。

 「何の訳をも申さずに突然、都を去ったのは、相済みませんが、私は貴女に約束した通り、生まれ替わった清浄潔白な人と成らなければ成りません。其の為に道を求めても、都は実に残酷です。私の様な失敗者を、顧みる人が無いのですけれど、私は失望しません。今もまだ、何うか身を立てる頼りをと求めつつ、奮闘して居ります。」

 是で見ると、多分彼は生計(くらし)の道を求めて居る様である。何故にその様な事をするので有ろう。都に居て絵をさえ書けば、仮令え買う人は無いにしても、生計(くらし)に困る様な事は私がさせないのに。私が使えと言う金は使わず、独りで苦しんで居る。男の意地でも有ろう。けれど何も私に、意地などは張らなくても好いこと。殆ど恨めしい様に思った。

 「此の身が立つか立たないか、今は分かりませんけれど、斃(たお)れるまで、求めてみる許かりです。身が立つまでは、お知らせする居所とて、定まりませんので、再び手紙も差し上げません。若し身が立てば、私から参上してお目に掛かります。其れまでは、私を世の中に失われた一人とお思い下さい。此の手紙は、唯一言申し上げなければ成らない事が有る為に、差し上げます。」

 唯一言とは何の様な事柄だろう。



次(百十五)へ

a:119 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花