巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume116

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.26

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百十六) 夕立の前

 網守子が訪ねようとする蛭田江南は、今何の様な有様であろう。
 彼は宛(あたか)も夕立前の夏の空にも比すべきほど、非常に険悪に顔を曇らせ、無言で我が部屋の中を、右に左に歩んで居る。何事を考えて居るか、今にも彼の顔は腹立たしさに破裂しそうに見える。イヤ腹立たしさ許(ばか)りでは無い。絶望も、当惑も交じり、殆ど策の出る所を知らないのである。若しこの様な時に、人が来れば、相手を選ばずに、飛び掛りはしないだろうかとも疑われる。

 テーブルの上に、今封切って読んだばかりのとも見える、幾通かの手紙が横たわっている。一通は債権者からの督促状である。一通は、雑誌の印刷所から、最早や印刷を断る外は無いと言う最後の通告である。彼は独言(ひとりごち)した。

 「アア此の絵を、捨部竹里に売り渡す外は無いかしらん。売り渡せば五千円は出来るけれど、是は次の展覧会へ出さなければ成らない。とは云え」
と未だ何(いず)れにも決し兼ねて居る。

 併し、此の二通よりも、更に甚(ひど)く彼を悩ますのは、次の二通である。其の一は唐崎夫人の手紙で、
 「私は貴女に欺かれ、寒村嬢の許へ祝辞を述べに行き、何(どれ)ほど極まりの悪い思いをしたでしょう。貴方の嘘吐きには呆れました。最早私と貴方の間には何の交わりも無い者と思って下さい。雑誌への寄稿も前回限りで止めました。」

 唐崎夫人に此の様な怒りを受けては、彼が小説家と云う名誉も是限りである。
 次の一通は柳本小笛から来て居る。其の文句は、
 「永々私の詩をご採用下さった御恩を謝します。幸いに私も安心の出来る地位を得ましたので、前号に載せて戴いた詩を終わりとし、今日以後貴方のご厄介に成りませぬので、何うか私の為にご安心下さい。最早ご所望と有りましても、小笛の詩は貴方に差し上げることが出来ません。」

 此の手紙は網守子が書かせたのである。彼は略(ほ)ぼそうだろうと推量して居る。
 是で彼は詩人と言う名誉を剥奪される外は無い。彼が恐ろしい顔して歩んで居る所へ、又も次の便の郵書が届いた。其れは唯一通である。上書きの文字で路田梨英の手紙と分かった。彼の曇った顔は聊(いささ)か雲が薄くなり、少しばかりの笑みが洩れた。

 「何、詩や小説が無くなっても、画さえ有ればまだ何うにか成る。此の男ばかりは、乃公(おれ)から離れ度くても離れる事は出来ない。ツイ先日も千円と言う大金を与えた許かりだ。又何か旨い画題が見付かって通知して来たと見える。」
と言いつつ封を切ったが、文句は短い。其の短いのを読み終わると共に、彼は悔しそうに、殆ど手紙を引き裂こうとして、

 「エエ、彼奴(きゃつ)までも、彼奴までも。」



次(百十七)へ

a:153 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花