巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume119

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.29

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百十九) 君へ意外の品物が

 谷川弁護士の口振りで、最早や大抵は推量が出来る。古江田利八の遺産が、蛭田江南に転げ込むに極まって居ると、江南自ら見て取った。
 彼は我知らず、首を谷川弁護士の顔の前に突き出して、
 「ハーア、私の曽祖父(ひいおじい)さんの遺産が、何処からか出たのですね。」
 谷「イイヤ、爾(そう)では無い。決して遺産と云うことは出来ない。」
 江南「遺産で無ければ何ですか。」

 谷「君には直接に何の血縁も無い或人が、古江田利八の子孫へ、物を贈ろうと云うのだ。詰まり、随意の贈与と云う者だ。」
 江「アア其れで私の曽祖父さんに、何か大恩を受けた人が、子孫へ恩を返そうと云うのですね。」

 谷「先ア、そうと思って居たまえ。少し事情が違うけれど、何にしても君、意外な品物が転がり込むのだ。余計な財産が不意に出来ると云う者だ。」
 谷川は成るべく軽く云って置けば、、実物を受け取った時の喜びが大きいし、若し又間違いと分かった時に、失望の度が少ないと、長年の経験から割り出して、総て軽く云うのである。

 江「エ、意外な品物とは?金の塊ででも有りますか。」
 谷川は快げに打ち笑い、
 「ハハハハ、そう都合好くは行くまいよ。金の塊などとは。」
 江「でも貴方が余計な財産と仰(おっしゃ)るからは、満更の品物でも無いだろうと思われます。金目に積もれば、凡そ何れ位の物でしょう。一万円(現在の約一千万円)にも成りますか。」

 谷川は又笑って、
 「そうさ、一万円ぐらいと思って居れば、大した間違いは無いだろうよ。驚く無かれ、只(たっ)た一万円かな。」
 江「其れは何時受け取る事ができますか。」
 今の江南に取って、一万円はたとえ、焼け石に水にもせよ、心持は地獄で仏の感が有る。

 谷「愈々君に渡すと決まれば、明後日か其の翌日」
 江「一万円は欠けないでしょうね。」
 谷「イヤ、僕は是で用事が済んだからお暇する。愈々の時には更めて沙汰するから、僕の宅へ来て呉れ給え。」
と言って、其のまま立ち上がり、口の中で愉快そうに、
 「驚く勿れ、只った一万円」
と繰り返しつつ去った。

 後に江南は顔に喜色を浮かべて、
 「物堅い谷川が、ああ迄に云うからは、決して一万円を欠ける恐れは無い。捨てる神あれば助くる神ありだ。路田梨英に遣った千円も助かるし、是では何(どう)にか一時を切り抜ける事が出来る。」
と言い、直ぐに印刷会社へ電話を掛け、
 「両三日の中に必ず多額の内金を渡すから、其れまで待って呉れ。」
と断ったが、其れが終わると、又例の恭(うやうや)しい老取次ぎが来て、

 「貴婦人です。お名前は云うには及ばないと仰ります。」
 扨(さ)ては唐崎夫人であろうかと思い、一寸眉を顰(ひそ)めたが、
 「是へお通しせよ。」
と命じた。引違えて入って来た其の貴婦人は、誰あろう網守子である。





次(百二十)へ

a:126 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花