巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume12

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.13

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (十二) 理想画

 最早梨英も、この上逗留する口実が無くなった。数えて見ると、すでに二十一日を経た。其の間、殆ど少しの間も網守子と離れなかった。
 海に出ても山に入っても、常に一緒で、常に何事をか語り合った。好く話の尽きなかった事だ。尤も網守子は多く問い方で、梨英が答え方であった。梨英の答えの一々が、網守子には一種の教育であった。其の教育が当人の心を幸いにしたか、不幸にしたか、其れは分から無い。

 梨英は当年二十二歳、画家とは言えど、学校を卒業した計りで、未だ一枚も自分の画を売ったことは無い。従って前途の希望が甚(はなは)だ高く、常に、
 「大発展を試みる。」
と称して居る。或時、
 「大発展とは何の事。」
と網守子に聞かれて、
 「自分の力の有る丈を世に示すのです。」
と答えた。

 網守子は何と合点したか、唯だ、
 「羨ましいわねえ。」
と言っただけで、鬱(ふさ)ぎ込んだ。
 今日は此の島の船着きの辺に三脚架を据え、網守子を岩の上に立たせて、先日来幾度も修正した画を仕上げて居る。

 漸(ようや)く終わって、
 「もう宜しい。」
と云う声に応じ、網守子は降りて来て覗き込み、
 「オヤ、毎(いつも)の私と違うのねえ。」
 梨英「是は貴女を、昔の王様の姫君に見立てた、理想画です。」
 網「でも何で私の顔と違うの?」

 梨英「今迄のは貴女の写生、是は貴方の、大発展を遂げる年頃の顔を、想像したのです。」
 網「では私でも此の様に立派に成れるのネ。」
 梨英「若(も)し貴女が丁年に達しても、そうですね、今よりも五、六年の後に、この通りの顔に成らなかったなら、私は画家では無いのです。」

 網守子は暫(しばら)く考えて淋しそうに、
 「でも貴方が行って了(しま)えば、私が何の様に成ったか、知る人が有りませんわ。」
 梨英は返事に困ったけれど、成るべく気を引き立てる様に、
 「行って了っても手紙を寄こしますよ。」
 網「手紙を?アア下さい、必(きっ)と下さいよ。」
と云い又考えて、

 「でも貴方は、何で行って了うの?お止めなさいよ。何時までも此の島で私と一緒に、絵を書いたり舟を漕いだり、ね、其れが好いわ、不可(いけ)ないの?不可ないの?」
何と云う単純な心であろう。梨英は真面目に、

 「其れは出来ません。」
とは云ったが、自分が此の島を去った後、此の少女の身が何の様に成り行くだろうと怪しみ、多分隣島か何処かの漁師の妻にでも成るのだろうと思うと、非常に惜(お)しい気がした。
 網「だって私が独りに成りますわ。独りは厭よ。私し独り居るのは厭よ。」

 梨「ナニ、今に貴女の身に大なる変化が来ますよ。」
 網「変化とは?」
 梨「誰か貴女の好きな人が来て、独りで置か無い事に成ります。」
 網「私の好きな人は貴方ですわ。貴方が又来るの?」
 梨英は余っぽど
 「爾(そう)です。」
と答え度(た)かった。


次(十三)へ

a:146 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花