巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume120

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.30

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百二十) 貴方を責むる為に

 世に絶対絶命と云うことがある。蛭田江南の今の場合が即ち其れである。自分の名誉、自分の職業の本とする画(え)も、詩も、小説も悉く作者から断られた自分が、明日から何を頼りに、身を立てて好いか分から無い。今まで自分の勢力と為(し)て居た雑誌も、原稿が絶えた為、発行を続けることが出来無い。何の方面から考えても、命の綱が離れたのである。

 此の様な中に、谷川弁護士から聞いた一万円の贈り物と云うのは、実に地獄に仏の思いで有るけれど、其れとても、手に取る迄は当てに成ることでは無い。彼は多少法律を学んだ丈け、此の様な事柄が、如何に間違いの多いかを知って居る。彼は今自分の身が、闇の巷の迷児である様に感じた。四方を見渡して何の光明も無く、自分の身の向かうべき方角が分から無い。流石工夫に富んだ男も、今ばかりは工夫が尽きた。

 此の様な所へ網守子が尋ねて来た。何の為だか知ら無いけれど、吉事とは思われない。彼の身を今の困難に推し落としたのが、此の網守子であるらしい。のみならず、面と向かって彼を詐欺の人と罵(ののし)ったのも網守子である。彼は一種の恐れに一時顔色を失う程であった。けれど間もなく取り直して、単に懇意な人を迎える様に、

 「是は是は寒村嬢」
と云ったが、又身振りを尊厳にして、
 「先日、国民美術院で、無根の非難を私へ浴びせ成さった貴女が、此の画室を訪問なさるとは、意外です。」
と、宛(あたか)も腹立たしさが未だ胸の底に潜んで居る様に云った。

 彼は狂言の旨さに於いて決して妻添子に劣らない。
 網守子は余ほどの決心を以って来たと見え、顔も赤らみ、眼も異様に光って居る。
 「ハイ、貴方が詐欺の人で無ければ、決して責めには来ないのです。」
 江南は傲然として、
 「未だ其の様な事を仰る。私を責めにとは?」
 網「貴方は私と婚約の出来た様に、世間へ言い触らして居るでは有りませんか。其れを私は咎めに来たのです。以後再び其の様な偽りを云わない様に、キッと貴方を責める為めに。」

 実に此の言葉は、男でも、容易に吐くことは出来ないほどの鋭さである。此の様に口を切った応接が、平和に終わろうとは思われない。
 江南「其れは私の思いも寄らない言い掛かりです。」
 網「イイエ、是には唐崎夫人と云う証人が有ります。夫人は貴方に騙(だま)されて、私の許へ祝辞を述べに来られました。」
 江「其れは何かの間違いです。私は貴女に分かれて後、彼の夫人に逢いません。」

 網「ハイ、私に分かれて後で無く、其の前です。貴方は縁談を申し込みもしないうちに、夫人に対して、内々だけれどと云って、婚約の出来た様に言いました。」
 抜け道の無い此の言葉に、江南は悸(ぎょ)と閊(つか)えた。





次(百二十一)へ

a:119 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花