巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume123

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.3

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百二十三) 閉め切った室の中

 網守子が此の家に来たのは、江南を責めるのと、路田梨英の居所を問うのと二個の目的であった。江南を責めることは責めたけれど、イヤ殆ど責め過ぎる程に責めたけれど、未だ梨英の居所は問うていない。何うも応答が余り激しくなったので、其れを問う場合も無さ相であるし、又問うたとて、江南が正直に答え様とも思われない。其の中に戸の錠がピンと卸されたのである。

 是には網守子もハッと思い、胸に何と無く恐ろしさの襲い来るのを制し得ない。
 「貴方は戸に錠などを卸して、何を為さるお積りです。」
と鋭い言葉で問うた。江南は今までと打って変わって、此の上に落ち着き様の無いほど落ち着き、顔に嬉しそうに笑みを浮かべ、

 「網守子さん、網守子さん。」
 「私を網守子さんなどと狎(な)れ狎れしく呼んで下さるな。」
 「結婚まで申し込んだ中ですもの、他人行儀には及びますまい。けれど、お気に召さ無いと有れば、寒村嬢と言いましょうよ。」
 網「貴方は戸に錠などを卸(おろ)せば、それだけで侮辱ですから。」

 江「今更私が侮辱しませんと言った所で、成る程とは仰(おっしゃ)るまい。けれど寒村嬢、この侮辱は、私が加えるのでは無く、貴女が自ら招いたのですよ。」
 「貴方は実に悪人です。」
と網守子は叫んだ。
 江「そうです。貴女に悪人と思われて居る事は、今までのお言葉で良く分かって居ますがーーーー。」

 網守子は、もう江南の言葉を聞いている程の我慢が無い。
 「何で私が此の侮辱を招きました。私の行いが、何時此の様な無礼を許しました。何も言わずに戸をお開きなさい。」

 江「イヤ、此の部屋で命令するのは、貴女では無い私です。此の部屋に居る者は、総て主の言うことを聴かなければ成りません。網守子さん、いや寒村嬢、誰が貴女を此の部屋へ引き入れました。貴女は保護者さえも無く、御自分から此の部屋へ入ったでは有りませんか。未婚の処女が、未婚の男子の一人住居(ずま)いに、伴も連れずに入り来るとは、それだけで自ら侮辱を求めて居るのです。

 私が何事を言わなくても、世間の人は何と思いましょう。たとえ貴女が私の結婚の申し込みを退けたと言った所で、世間から見れば、恋人同士が喧嘩して、一旦は破裂したけれど、女の方が思い直して、又恋しさに堪(た)えられない為、仲直りを求め、侘(わ)びの心で私を訪ねた者としか認めませんよ。況(ま)して、此の通り錠まで卸せば、二人が喧嘩していようとも、そうは見えません。

 今に誰か訪問客も有りましょうが、其の人が外から戸を叩き、愈々そうと思い込めば、網守子と江南の仲直りと云うことが、直ぐに世間の噂になりますよ。」




次(百二十四)へ

a:118 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花