巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume124

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.4

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百二十四) 逃れる路は無い

 網守子は早や後悔した。伴を連れずに江南の画室に入り込んだのは、自分の過ちであった。とは言え、真逆(まさ)かに江南が、如何に詐欺漢にもせよ、戸に錠を卸して、この身を虜(とりこ)にする様な、乱暴な所業に及ぼうとは思わなかった。

 けれど江南としては、是が止むを得ない処分であるかも知れない。此のまま網守子を部屋の外に出しては、世間へ向かって、何の様な自分の秘密を、暴露するかも知れない。実に網守子は、江南に取って恐ろしい敵である。今までは其れほどと思わなかった。何が何でも、此の部屋を出ない中に、何とか処分して、自分の秘密が網守子の口から、洩れない様にしなければ成らない。

 網守子は、今更ら何としたら好いかを知らない。逃げようにも逃げられない。只江南を睨み詰めて、
 「貴方は此の様な悪人ですか。」
と叫んだ。江南は驚かない。
 「イヤ、網守子さん、もうお互いに口汚く罵(ののし)り合うことは止め、静かに善後策を相談しましょう。貴女も、もう何(ど)うせ名誉の汚れた身では有りませんか。

 「何で私の名誉が汚れました。」
と網守子は、殆ど飛び掛ろうとするほどの悔しさを現した。
 江「私の部屋へ入り、中から此の通り錠を卸した以上は、是だけで貴女の名誉は汚れたでは有りませんか。貴女が御自分の友人に対し、御自分が潔白だの、清浄だのと仰っても、誰が信じましょう。今まででさえも、既に貴女を蛭田江南と、一種の関係が有りはしないかと、疑って居る人が有るのですよ。唐崎夫人が貴女に祝辞を述べたなども其の為です。況(ま)して此の通り、此の部屋の中で私と差し向かいと為り、内から錠まで卸して、幾時間も密談して居て、誰が疑わずに居りましょう。其れも、今直ぐ戸を開いて出て行くなら兎も角も、此の戸は夜に入っても開きませんよ。」

 網守子は、
 「戸をお開き成さい。」
と繰り返す外は無い。
 江「幾ら仰っても無益です。此の家には、私の雇い人が居る許かりで、誰も貴女を助ける人は有りません。貴女が此の部屋の中で、泣こうが笑おうが、或いは何れほど高い声で叫けぼうが、何人にも聞こえません。もう全く私の手の中に帰した者と、お諦めなさい。ヨシや外から訪問客が戸を叩いた所で、私が断って帰します。」

 全く此の言葉の通りである。最早や何と思っても、全く江南の手の中に帰した者と、断念する外は無いらしい。
 江南は全く調子を変え、非常に優しい声で、
 「網守子さん、網守子さん、もう仲を直しましょう。仲を直して改めて夫婦の約束を仕ようでは有りませんか。」
と言い、両手を広げて、宛(あたか)も抱きすくめようとする様に、網守子の方に進み寄った。




次(百二十五)へ

a:121 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花