巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume127

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.7

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百二十七) 又も婦人客

 部屋の飾りにと言って置いた斧が、忽ち自分を威嚇(おど)す凶器と為り、籠の鳥と思った少女が、一躍して大力士とも見えて来た。それで、勝ち誇って居た自分の一命さえ、殆ど風前の灯火の様になった。是が驚かずに居られる筈は無い。
 「部屋の戸をお開き成さい。」
と迫る網守子の言葉に、江南は答える言葉も出ない。網守子は又一足詰め寄って、

 「貴方が開いて下さらないなら、私が開きます。」
と言い、直ちに身を転じて、戸の所に行き、大斧を振り上げたと見えたが、忽ちその頭は、戸の真ん中の辺に、鳴りを生じて当たった。殆ど部屋中が震える様に響いた。戸は中々堅い。一度、又一度、と網守子の力は益々加わる様に見えた。幾度に及んだか知れないけれど、終に戸を叩き割った。玄関の番をして居た彼の恭(うやうや)しい取次ぎの老人は、何れほど驚いたで有ろう。自分の部屋に籠もって息を殺した。

 戸は全く開いた。イヤ開いたのでは無い、大斧の頭に砕かれて、自由に人の出入りするほどの大穴が開いた。網守子は安心した様子、又も大斧を杖について江南の前に帰り、
 「こうして置けば、外から部屋の中が見えますから、誰も貴方と私の間に秘密が有るなどと、疑いはしないでしょう。是で私はお暇に致しますが、其の前に一つ貴方にお尋ねすることが有ります。貴方は路田梨英の居所をご存知でしょう。彼は今何処に居ますか。」

 江南は今まで、路田梨英を知って居るとさえ自白しない。けれど今は、驚きの余りに包み果たせることも出来ないだろう。彼の身は戦々(わなわな)と震えて居る。彼は横着に於いては、此の上も無く豪(えら)い男であるけれど、横着と真の勇気とは又別と見える。網守子には勇気があって横着が無い。彼には横着が有って勇気が無い。彼は咽喉に詰まる様な嗄(か)れた声で、

 「私は全く路田梨英の居所を知りません。」
 網「其れは又偽りでしょう。」
 江「イイエ、彼から手紙は来ましたけれど、居所は記して有りません。」
 手紙の事まで白状する上は、全く居所を知らないのであろうと網守子は見て取った。

 「愈々(いよいよ)御存知無いとならば、致し方が有りません。それでは是でお暇に致します。サア此の斧はお返し致しますよ。」
と云い、床の上に横たえたまま、戸に開いた大穴を潜り、悠々として立ち去ったのは、実に愉快な態(さま)であった。

 後に江南は幾時の間か、良くは心が定まらず、何を考え、何を為して善いか、それさえも知らない様で、椅子に腰を卸し、唯呆然と空を見詰て居たが、ややアって、予(か)ねて約束の添子が訪ねて来た。
 「オヤオヤ、此の戸の有様は何したのです。」
と言いながら潜って来た。


注; 横着・・・ずうずうしく、やるべきことをやらずに済まそうとすること。



次(百二十八)へ

a:112 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花