巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume128

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.8

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百二十八) 地震の跡

 文明国の貴婦人が、印度の大斧を振り廻すとは、小説にも無い程の椿事ではないだろうか。けれど、添子がここへ入って来たのは、更に其れよりも以上の椿事であった。是から添子と江南との間に、何事が醸(かも)され行くかは、心を潜めて読んで戴き度い。

 今まで唯茫然と空を眺めて居た江南は、添子の顔を見ると同時に我に復(かえ)った。彼は寧(むし)ろ、我に復(かえ)らない方が幸いであったかも知れない。我に復って気が付いて見ると、もう自分の名誉も自分の力も、悉(ことごと)く奪われ尽くしたことを感じた。

 自分の画、自分の詩、自分の小説など、残らず其の出て来る源が止まって、最早や自分は何事をも為し得ない事と為った。明日からとは言わず、唯(た)った今から、何処に身を置き、何を為して世を渡ったら好いかも分からない。全く当ても頼りも無い境遇に沈んだ。

 今が今まで天才よ、成功者よと、世に持て囃された幸運は、総て消え、残ったのは唯詐欺の酬(むく)いのみである。今は其の酬いが犇々(ひしひし)と巡って来て、進みも退きも出来ない事と為った。彼は添子の顔を見ると共に、イヤ我に復えると共に、深い深い嘆息を発して、殆ど瀕死の病人の様に呻(うめ)いた。

 添子は異様に落ち着いて居る。実は例の舞台気で、落ち着いた様に装うて居るらしくも見える。彼女は四辺を見廻して、
 「先あ何と言う取り散らし方でしょう。何をしたと云うのです。」
言いながら床に横たわった彼の大斧に目を留めて、破れた戸の穴と見較べ、何やら合点の行った様に、
 「オホホホホ」
と冷ややかに笑い、

 「宛(まる)で地震の跡の様ですねえ。早く取り片付けなければ。人でも来れば何とします。」
と言い、自ら大斧を片付けようとしたが、彼女の力には揚がり兼ねるほどである。
 「オヤオヤ、強い地震だ事、此の斧を振り廻して」
と言い又江南に向かい、
 「貴方、地震を閉じ籠めるのは危険ですよ。此の後は気をお付け成さい。」
と言って又笑った。

 「此の戸だって、此のまま置かれないでは有りませんか。早く修復させなければ。」
と言い、宛(さなが)ら自分が此の家の主婦である様に、直ぐに彼の恭(うやうや)しげな老人を呼び、
 「此の戸を直ぐに建具屋へ送り、修繕して持って来るまでは、此の入り口へ幕を垂れて置きよ。」
と命じた。

 この様な間も江南は唯ウンウンと呻(うめ)くのみであったが、やがて添子は老人の立ち去るのを見済まして、江南の肩に手を置き、優しい言葉で、
 「男の癖に、何を其の様に呻(うめ)くのです。」
 江「エエ、和女(そなた)は未だ何も知らない。」
 添「イイエ、悉く知って居ますよ。網守子の許に居て、貴方の指図通りに、隙見と立ち聞きとを商売の様にして居ましたもの。網守子の知って居る丈の事は、私も知っています。総ての天才が一時に貴方を見捨てたのでしょう。」

 江南の呻(うめ)き声は一層哀れさを加えた。
 「ウーン、ウーン」



次(百二十九)へ

a:106 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花